ネスレの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

ネスレは、1866年に薬剤師のアンリ・ネスレ氏によって設立されたスイスに本拠を置く世界最大級の総合食品・飲料メーカーです。食品ではパスタのブイトーニやコンソメのマギー等、飲料ではネスカフェやミロ、乳製品、菓子類ではKitKatやCrunch等のチョコレートのブランドにて世界展開しています。2018年以降、アクティビストファンドであるサードポイントからの要請で、事業ポートフォリオの再構築を急いでいます。2019年には、投資ファンドのEQTパートナーズ、アブダビ投資庁およびPSPインベストメントに、同社のスキンヘルスケア事業を売却しました。スキンヘルスケア事業は、Proactive(プロアクティブ)やCetaphil(セタフィル)などのにきび防止用の洗顔料、保湿剤などのスキンケア用品などを展開しています。

業績推移(年次)

2021年度
2021年度は、売上高が3.3%増の871億スイスフランと増収、営業利益はWyeth事業に関連した減損が響き減益となりました。

2020年度
ネスレ スキンヘルス、米国のアイスクリーム事業、ヘルタ社のシャルキュトリー事業の売却によって2020年度の売上高は4.6%減少したものの、既存事業の成長率(オーガニックグロース)は3.6%に達し、過去5年間で最高水準となりました。

ネスレの業績推移

ネスレの業績推移

業績推移(半期)

2022年1-6月
売上高は前年同期比9.16%増の45,580百万ユーロになりました。営業利益は-3.60%の6,619百万ユーロになりました。営業利益率は14.5%になりました。販売価格の向上による増収となったものの、インフレ圧力とサプライチェーンの逼迫により原材料費が増加した結果、減益となりました。

ネスレの半期業績推移

ネスレの半期業績推移

EPS成長

2021年度は希薄化後EPSが大幅に増加しました。

ネスレの希薄化後EPSの推移

ネスレの希薄化後EPSの推移

事業構成

ネスレの商品構成は多岐に亘りますが、主な商品構成によって、以下のように分けられます。

ネスレの売上構成(2021年度)

ネスレの売上構成(2021年度)

ネスレの各商品は、それぞれのカテゴリーで世界シェアが高いことも特徴です。

菓子・チョコレート事業

KitKatやCrunch等のチョコレートの分野で世界展開しています。ライバルのペプシコやモンデリーズと菓子・チョコレート業界の世界シェア上位を争っています。

菓子とチョコのブランド

菓子とチョコのブランド
出所:ネスレ

ミネラルウォーター・飲料事業

ミネラルウォーターの分野ではヴィッテル、コントレックス、サンペレグリノ、ペリエ、Pure Life、Poland Spring等を展開しています。フランスのダノンとの世界シェアの首位争いをしています。飲料分野では、麦芽飲料のミロシリーズを展開しています。

水ブランド

水ブランド
出所:ネスレ

冷凍食品事業

ドレイヤーズやマキシボン等のアイスクリーム商品やストーファーズ等の冷凍食品事業を展開しています。乳製品も含むアイスクリーム分野では世界シェア首位級です。冷凍食品事業の分野でもイグルーやコナグラ等の競合を抑えつつ世界シェア首位級となっています。アイスクリームの主要ブランドには、Dreyer's、Edy's、Outshine、Drumstick、Extreme、MovenPick、Haagen-Dazsがあります。2020年に北米のアイスクリーム事業をR&Rアイスとの合弁会社であるフロネリへ売却しました。

コーヒー事業

インスタントコーヒーのネスカフェ、カプセル式コーヒーメーカー(ネスプレッソ)、Dolce Gusto、コーヒー専用カプセル、Nesquick、ミロ、ブライト等のコーヒー用クリーム等を総合的に展開しています。コーヒー業界の世界シェアはJABホールディングスやチボーを寄せ付けないダントツの一位です。2017年にはプレミアムコーヒー製造やカフェ運営を手掛け、サードウエーブ(第3の波)と称されるコーヒーブルーボトルを、2018年には72億ドルでスターバックスのコーヒーを店舗以外で売る権利を買収しました。コーヒー粉末のネスカフェ、エスプレッソ機器のネスプレッソに続く成長分野での投資を積極化しています。ネスプレッソ事業は、ネスプレッソ機のみで使えるコーヒーカプセルを定期販売するという、コピー機のビジネスモデルに近い形で展開しています。

コーヒーブランド

コーヒーブランド
出所:ネスレ

ベビーフード事業

ベビーフード分野はCerelac、Gerber、NaturNes、NaturNes等のブランドで展開し、ダノンやミード・ジョンソン等のライバルとともに世界シェア上位に位置します。

ペットフード事業

ペットフードではピュリナワンやFriskies(フリスキー)といった著名ブランドを有しています。ペットフード業界の世界シェアでは米マーズとともに世界首位級です。

調味料とスープ事業

Maggi(マギー、各種調味料)とThomy's(マヨネーズ、マスタード、サラダドレッシングなど)ブランドで展開しています。調味料の分野ではユニリーバ、クラフトハインツ等と競合しています。スープの分野ではユニリーバやキャンベルスープ等と競合しています。

乳製品事業

乳製品をCarnation、Nido、Coffee mateなどのブランドで展開しています。

ニュートリション

栄養補助食品を扱っています。2021年にKKRから栄養補助食品大手ザ・バウンティフル・カンパニーの主要ブランドであるネイチャーズバウンティ、ソルガー、オステオバイフレックスを買収しました。

パスタ事業

ブイトーニ(Buitoni)のブランドで世界展開していました。スペインのエブロ・フーズやバリラ・グループ等のパスタメーカーとパスタ業界の世界シェア上位を争っていましたが、2020年にBrynwood Partnersに売却をしています。

株主構成

機関投資家上位の株主となっております。

ネスレの株主構成(直前期末時点)

ネスレの株主構成(直前期末時点) 出所:マーケットスクリーナー

M&A(合併買収)

ネスレによる買収案件を時系列でまとめています。ネスレの前身は1866年設立のAnglo-Swiss Condensed Milk Companyと1867年設立のSociéité Anonyme Farine Lactée Henri Nestlé社です。

EN