ベビーフード業界の市場シェア・売上高ランキング・規模・再編の分析

ベビーフード・幼児向け栄養製品業界の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模・M&A(合併買収)について分析。ネスレ、ダノン、レキット・ベンキーザー、アボット、伊利集団といったベビーフードメーカーの概略を掲載。

市場シェア

ベビーフードメーカー各社の2021年度の売上高(⇒参照したデータの詳細情報)を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして、ベビーフード業界の2021年の市場シェアを簡易に試算しますと、1位はスイスのネスレとなります。

ベビーフードメーカーの世界シェアと業界ランキング(2021年)

順位会社名市場シェア
1位ネスレ18.6%
2位ダノン10.5%
3位アボット・ラボラトリーズ5.6%
4位レキット・ベンキーザー4.7%
5位伊利3.3%
6位ヒーローグループ1.6%
7位贝因美0.53%
8位クラフトハインツ0.52%
9位アサヒグループ食品0.4%
ベビーフードメーカーの市場シェアと業界ランキング(2021年)

ベビーフード業界の世界シェア(2021年)
ベビーフード業界の世界シェア(2021年)

ベビーフード業界の世界市場シェア1位はスイスのネスレ社、2位はフランスのダノン、3位は医薬品大手アボットが展開するアボットニュートリション、4位はイギリスの消費財大手レキット・ベンキーザー傘下のミード・ジョンソンとなります。

市場規模

当データベースでは、2021年のベビーフード業界の市場規模を774億ドルとしております。参照にした各種調査データは次の通りです。

調査会社モルドール・インテリジェンスによると、2021年の同業界の市場規模は774億ドルです。2027年にかけて7.01%での成長を見込みます。
調査会社モルドール・インテリジェンスによると、2020年の同業界の市場規模は778.5億ドルです。2026年にかけて年平均3.67%での成長を見込みます。
調査会社スタシスタによると、2019年の同市場規模は673億ドルです。2027年には963億ドルへの市場が拡大することを見込みます。⇒参照したデータの詳細情報

市場規模成長率
2021年774億ドル7.01%
2020年778.5億ドル3.67%
2019年673億ドルn/a
ベビーフード業界の推定市場規模

売上高ランキング

2021年度10-12月*四半期売上高をベースとしたベビーフードメーカーのランキングでは、1位ネスレ、2位ダノン、3位アボット・ラボラトリーズとなっています。4位のレキット・ベンキーザーまで2020年のランキングと大きな変動はないものの、ダノンの躍進がうかがえます。⇒参照したデータの詳細情報

ベビーフード会社の売上高ランキング(四半期ベース)
ベビーフード会社の売上高ランキング(四半期ベース)
*2021年7ー9月の売上高、その他は2021年10-12月の売上高

M&A(合併買収・再編)

2007年 アサヒビールによる和光堂の買収
2012年 ネスレによるファイザーのベビーフード事業の買収
2015年 フォンテラ(Fonterra)が贝因美に出資
2017年 レキット・ベンキーザーがミード・ジョンソンを買収
2021年 フォンテラ(Fonterra)が贝因美の持分を売却

世界の主要ベビーフード会社

Nestle(ネスレ)

ネスレは、1866年に薬剤師のアンリ・ネスレ氏によって設立されたスイスに本拠を置く世界最大級の総合食品・飲料メーカーです。食品ではパスタのブイトーニやコンソメのマギー等、飲料ではネスカフェやミロ、乳製品、菓子類ではKitKatやCrunch等のチョコレートのブランドにて世界展開しています。2018年以降、アクティビストファンドであるサードポイントからの要請で、事業ポートフォリオの再構築を急いでいます。2019年には、投資ファンドのEQTパートナーズ、アブダビ投資庁およびPSPインベストメントに、同社のスキンヘルスケア事業を売却しました。スキンヘルスケア事業は、Proactive(プロアクティブ)やCetaphil(セタフィル)などのにきび防止用の洗顔料、保湿剤などのスキンケア用品などを展開しています。2021年にはKKRから栄養補助食品大手ザ・バウンティフル・カンパニーの主要ブランドであるネイチャーズバウンティ、ソルガー、オステオバイフレックスを買収しました。さらに詳しく

Danone(ダノン)

ダノンはフランスを代表する大手乳製品メーカーです。1919年にスペインのヨーグルトの会社として誕生し、1972年にフランスの食品会社であるBSNと経営統合することでダノンが誕生しました。ダノンブランドのヨーグルトは特に有名です。エビアンやボルビックといったミネラルウォーター事業も手掛けています。
さらに詳しく

Mead Johnson(ミード・ジョンソン)

米国に本拠を置くベビーフード会社です。J&Jの共同創業者の一人が創業した会社です。一時期製薬大手のブリストル・マイヤーズスクイブ傘下となりましたが、現在は独立しニューヨーク証券取引所に上場しています。2017年に英国の消費財大手レキット・ベンキーザーが買収しました。

レキット・ベンキーザーについて

1999年に英レキット&コールマン社とオランダのベンキーザー社が経営統合して誕生した英国に本拠を置く日用品・トイレタリー用品大手です。レキット&コールマン社とベンキーザー社はともに1800年後半に創業された老舗メーカーです。石鹸のミューズ、食器洗い機専用洗剤のフィニッシュ等のブランドを有します。コンドームではDurexブランドで世界展開しています。2017年にベビーフード大手のミード・ジョンソンの買収をしました。さらに詳しく

Abbott(アボットラボラトリーズ)

アボットラボラトリーズ(Abbotto Laboratories)は、1888年に創業した米国に本拠を置く医療機器・診断薬・栄養補助食品メーカーです。心血管治療関連に強みがあります。ベビーフードや後発医薬品も展開しています。2016年に米医療機器メーカーでペースメーカーやカテーテル器具に強いセント・ジュード・メディカルを買収しました。ベビーフード事業にはGo & Grow、EleCare、PediaSureといったブランドがあります。さらに詳しく

Hero group(ヒーローグループ)

1886年に創業されたスイスに本拠をおく消費財メーカー大手です。乳児用調製粉乳、ベビーフード、ジャム、栄養スナック食品等を手掛けています。

Inner Mongolia Yili (伊利集団)

Yili(内蒙古伊利実業集団、 伊利、Inner Mongolia Yili Industrial Group Co. Ltd)は、内蒙古(内モンゴル)に本拠をおきます。アイスクリーム、アイスキャンデー、粉ミルク、粉ミルクティー、ヨーグルト、チーズ等、乳製品を幅広く製造しています。中国内の市場シェアは各製品ともにトップクラスです。主要株主は内蒙古の公共団体である呼和浩特市ですが、CEOの潘剛氏率いる民間企業です。さらに詳しく

BEINGMATE(贝因美)

中国に本拠を置くベビーフードメーカーです。CICC Private EquityやPingan Caizhi、ニュージーランドのフォンテラも出資し、経営に参画しています。

アサヒグループホールディングス

アサヒグループホールディングスは、1949年に設立された日本の大手ビール会社です。大阪麦酒会社が起源です。スーパードライで国内を席巻した成功モデルで海外事業を強化しています。SABミラーから、伊ペローニ(Birra Peroni )、蘭グロールシュ(Grolsch)、東欧5カ国のビール会社、豪州のCUBを立て続けに買収しました。国内でも買収に積極的で、カルピスやエノテカなどを買収しています。さらに詳しく

参照したデータの詳細情報について


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さい。
会員登録はこちらです。