CNHインダストリアルの市場シェア・業績推移・事業構成・株価分析

CNHインダストリアルの市場シェア・業績推移・事業構成・株価分析

CNHインダストリアルは、2013年のCNHグローバルとフィアット・インダストリアルとの経営統合の結果誕生しました。フィアット創業家であるアニェッリ家が大株主となっています。
建機、農機、商用車(トラック)事業を全世界180ヶ国で展開しています。現在はニューヨーク証券取引所とミラノ証券取引所に株式を上場しています。2022年1月に商用車・トラック事業を担うIveco(イベコ)が分社化上場をしました。

事業領域としては、CASEブランドで展開する建設機械、New Holland(ニューホランド)及びCASEブランドで展開する農業機械、商用車・トラックのIveco(イベコ)、旧ルノーの流れを汲むHeuliez Bus(ユーリエ・バス)、IVECO BUS (イベコバス、以前は Irisbus(アイリスバス)ブランド)、1864年から続く老舗消防車メーカーであるMagirus(マギルス)、エンジン・車軸・変速機等を製造するFPT Industrial(フィアット・パワートレイン・インダストリアル)となっています。なお、CNHグローバルは、1999年にNew Holland(ニュー・ホランド)とCase Corporation(ケース・コーポレーション)が経営統合し誕生しています。
エリア別の売上比率では、欧州・中東・アフリカ(EMEA)が、一番多く約50%超、北米の20%超、アジア、南米と続きます。中央アジアにおける製造拠点は、中国、ウズベキスタン、インディア、パキスタン、ロシア、トルコにあります。

業績推移(年次)

2021年度
農機需要が回復し、分社化予定のイベコを除く売上高で前年度比32%増の195億ドル、営業利益率も向上し増収増益となりました。イベコを含んだ連結売上高は前年度比28%増の334億ドルでした。

2020年度
新型コロナウィルスの影響もあり、売上高で減収、工場閉鎖を実施したため営業収支も損失を計上しました。

CNHインダストリアルの業績推移
CNHインダストリアルの業績推移

業績推移(四半期)

2022年第1四半期(1-3月)
売上高は前年同期比13.49%増の4,637百万ユーロになりました。営業利益は1.30%増の466百万ユーロになりました。営業利益率は10.05%になりました。

2021年第4四半期(10-12月、イベコ業績を含む)
第3四半期比増収減益となりました。農機需要は底堅いものの、部材や人件費が上昇し利益率が低下しました。

CNHインダストリアルの四半期業績推移

CNHインダストリアルの四半期業績推移

EPS成長

2021年度は業績も好調で、希薄化後のEPSも増加しました。

CNHインダストリアルの希薄化後EPSの推移
CNHインダストリアルの希薄化後EPSの推移

売上構成

農機、商用車・トラック、エンジン、建機が主力です、商用車・トラック事業はイベコとして2022年1月に分社化されました。

CNHインダストリアルの売上構成(2021年度)
CNHインダストリアルの売上構成(2021年度)

農機セグメントでは、トラクターとコンバインが売上の大半をします。地域別では、欧州と北米が4割弱とほぼ拮抗しています。主な競合先としては、John Deere(ジョン・ディア)、AGCO(アグコ)、Claas(クラース)、 the Argo Group(アルゴ・グループ)、Deutz Fahr Group(ドイツファール・グループ)やクボタがあげられます。

建機セグメントでは、北米が約過半を占め、最も大きな販売先となっています。大型建機と中小型建機をバランスよく取り扱っています。主な競合先としては、Caterpillar(キャタピラー)、Komatsu(コマツ)、JCB(JCバンフォード・エクスカベターズ)、日立建機、Volvo(ボルボ)等が挙げられます。

商用車・トラックセグメントでは、トラックが約8割、地域別では欧州が約8割の販売先となっています。建機事業はイベコとして2022年1月に分社化上場しました。

トラックの主要競合先としてはDaimler (ダイムラー、同社はMercedes-Benz、三菱ふそう、Freightliner(フレイトライナー)、 Western Star(ウェスターン・スター)、Setra(ステラ)、Bharat-Benz(ブハラット・ベンツ)ブランドで展開)、Volkswagen (MANとScaniaブランドで展開)、Paccar (パッカー、同社はDAF、Kenworth(ケンワース)、Ken Mex、Peterbiltブランドを展開)、Volvo Group (同社はボルボ、ルノー、MACK、UDトラックスブランドで展開)、Navistar(ナビスター)、消防車ではRosenbauer International(ローゼンバウワー・インターナショナル)、 Rheinmetall(ラインメタル)、米国のOshkosh(オシュコシュ)等があげられています。

トランスミッション・エンジンセグメントの売上では、エンジンが約9割と最大です。外部への販売割合は50%程度です。エンジンは年間約60万機、変速機は7万機、車軸は19万本販売しています。同社によれば主要競合先としては、Cummins(カミンズ)、 Daimler(ダイムラー)、Deutz(ドイツ)、Perkins(パーキンス)、John Deere(ジョン・ディア)、Volvo(ボルボ)とヤンマーがあげられています。

直近のM&A(合併買収)

2011年 フィアットからフィアット・インダストリアルが分社化
2013年 CNHグローバルとフィアット・インダストリアルが経営統合しCNHインダストリアルが誕生
2014年 Miller-St. Nazianzを買収
2022年 商用車・トラック部門であるIvecoグループの分社化
2021年 精密農業に強いRaven Industriesを買収
2021年 Sampieranaの買収

株主構成

主要株主は、フィアットの創業家のアニェッリ家が所有するエクソール(Exor NV)であり、議決権ベースで約4割程度の株式を保有しています。エクソールは、CNHインダストリアルに加え、FCA(フィアット・クライスラー)、再保険のパートナーRe、フェラーリ、ユベントス、エコノミストの大株主でもあります。

CNHインダストリアルの株主構成(直前期末時点)
CNHインダストリアルの株主構成(直前期末時点)

株価リターン分析

CNHインダストリアルとインデックスの株価リターン比較

2022年07月03日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

お薦め書籍
フィアット―イタリアの自動車産業を支え続ける巨人

市場シェア

市場シェア

商用車とトラック業界の世界市場シェアの分析

商用車とトラック業界の世界市場シェアや市場規模について分析をしています。東風汽車、 ボルボ、いすゞ、日野、第一汽車、ダイムラー、トライトン、アショック・レイランド、タタといった世界大手の商用車及びトラックメーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

バス業界(バス製造会社)の世界市場シェアの分析

バス業界の世界シェア、業界ランキング、市場規模について分析をしています。世界大手のバスメーカーである、中国の3強(ユートン、キンロン、SAIC福田)、欧州3強(トライトン、ボルボ、CNHインダストリアル)やインドのアショック・レイランドの概要や動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

農機・農業機器メーカーの市場シェア・売上高ランキング・市場規模・業界再編の分析

農機業界の世界シェア・売上高ランキング・市場規模・業界再編について分析をしています。ディア、CNH、アグロ、クボタ、クラース、マヒンドラといった主要農機メーカー概要や動向も掲載しています。
2022.05.18
市場シェア

建設機械・建機業界の市場シェア・売上高ランキング・市場規模の分析

建設機械・建機メーカーの市場シェア(世界シェア)・市場規模・四半期ごとの売上高ランキングについて分析しています。キャタピラー、 コマツ、三一重工、テレックス、日立建機、ボルボ、徐工集団など世界大手建機・重機メーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.05.15