建設機械業界の世界市場シェアの分析

建設機械業界の世界市場シェア(世界シェア)と市場規模について分析しています。キャタピラー、 コマツ、テレックス、日立建機、ボルボ、CNH等世界大手建機・重機メーカー動向も掲載しています。

建設機械(建機)の世界市場シェア

「建設機械メーカーの世界売上高ランキングのトップ12の分析」に記載されている2018年度の建設機械(建機)メーカーの売上高分子に、同業界の世界市場規模を分母にして、建設機械業界の市場シェアを簡易に算定すると、2018年の世界1位はキャタピラーの25%、2位はコマツの11%、3位はディアの5%となります。

2018年建設機械の市場シェアランキング

  • 1位 キャタピラー 25%
  • 2位 コマツ   11%
  • 3位 ディア   5%
  • 4位 日立建機 4%
  • 5位 ボルボ 4%
  • 6位 リープヘル 4%
  • 7位 三一重工 4%
  • 8位 斗山インフラコア 3%
  • 9位 テレックス 2%
  • 10位 徐工集団 2%
  • 11位 中連重科 2%
  • 12位 CNHインダストリアル 1%

建機のみの売上高ランキングで、世界市場シェアを計算してみると、改めてキャタピラー(CAT)とコマツの強さが浮き彫りにされます。両社ともに、世界中の建設機械の位置情報、稼働時間、燃料消費、不具合情報などの電子データを、リアルタイムに、キャタピラーはProduct Link、コマツはコムトラックで収集できること、プラットフォームを立ち上げたことが強みです。3位には、ボルボと日立建機を抜いて、農機大手のディアが浮上しました。2017年に道路建設に強いヴィルトゲンを買収したことで、売上が拡大しています。スウェーデンの建機・トラックのジャイアントであるボルボ、日立建機、リープヘルはおなじみの建機三銃士です。トップ2強を追い上げています。三一重工は、Sanyブランドで、中国最大手の座を手に入れました。今後中国の国内市場の成長率が減速していくなかで、如何に成長シナリオを描いていくかが、注視されます。8位となった斗山インフラコアは韓国の斗山グループの建機メーカーです。

市場規模

当サイトでは、調査会社等の公表データを参考にし、建設機械業界の2019年の世界市場規模を2180億ドルとして市場シェアを計算しております。参考したデータは以下の通りです。調査会社フリードニアによれば、同業界の2019年の世界市場規模は、2180億ドル(約23兆円)と予測されています。地域別の内訳は、中国と米国市場が最大で概ねそれぞれ30%程度の規模、次に欧州、インド、日本となります。種類別では油圧ショベルの割合が最も大きくなります。調査会社のグランビューリサーチによれば、同業界の2019年の市場規模は1247億ドルです。⇒参照したデータの詳細情報

建機業界の主要M&A

  • 2007年 ビュサイラスによる独DBT Groupの買収
  • 2008年 Zoomlion(中連重科)によるイタリアのCIFA(シーバ)社の買収
  • 2011年 キャタピラーによる鉱山機械大手ビュサイラスの買収
  • 2012年 サニーによる独コンクリートポンプ車メーカーのプツマイスターの買収
  • 2013年 フィアット・インダストリアルとCNHグローバルが経営統合しCNHインダストリアル誕生
  • 2015年 テレックスとフィンランドのコネクレーンが経営統合
  • 2016年 コマツによる鉱山用機械大手の米ジョイ・グローバルの買収
  • 2016年 日立建機による豪ブラッドケンの買収
  • 2017年 ディアによるドイツ道路建設機械メーカーのヴィルトゲン・グループの買収

建機の種類

建設機械とは、建設現場において土砂の掘削、運搬などを行う機械であり、油圧ショベル、ブルドーザ、ダンプカーなどの種類があります。

業界関連図書

建設機械業界を5分でマスターするための一問一答問題集
コマツ:前門のキャタピラ:後門の三一重工の構図への対応戦略
建設車両の仕組みと構造
アフターマーケット戦略

コメント