Nokia(ノキア)の事業構成別の市場シェアの分析

Nokia(ノキア)は、フィンランドに本拠を置く通信機器メーカーです。かつで携帯電話機器で世界1位でしたが、スマホの台頭により、携帯事業をマイクロソフトに売却しました。一方で無線通信機器事業を強化するためにフランスのアルカテル・ルーセントを買収しています。LTE向けの通信機器では世界大手でしたが、5Gの通信基地では、ファーウェイに遅れをとっています。米国の制裁強化を利用して巻き返しを図っています。

ノキアの売上高(億ユーロ)の推移(営業利益率%)と主要M&A

2009年 410(8.5%)
2010年 424(7.5%)→モトローラの無線ネットワーク事業買収
2011年 387(4.7%)
2012年 301(0.4%)
2013年 206(5.3%)
2014年 127(12.8%)→マイクロソフトへの携帯事業の売却
2015年 125(15.6%)→パナソニックの無線ネットワーク事業買収
2016年 236(9.2%)→アルカテル・ルーセントの156億ユーロでの買収
2017年 231(11.2%)
2018年 225(9.7%)
2019年 233(8.6%)

市場シェア

海底ケーブル敷設業界の世界市場シェアの分析

海底ケーブル業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。アルカテル・サブマリン・ネットワークス(ノキア・ネットワークス)、サブコム(旧タイコ・エレクトロニクス・コネクティビティ)、NEC、富士通等の世界大手ケーブル会社の動向も掲載しています。
2021.03.24
市場シェア

通信・携帯基地業界の世界市場シェアの分析

通信・携帯用基地業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。通信・携帯用基地局向け機器メーカーであるEricsson(エリクソン) 、Nokia(ノキア) 、Huawei(ファーウェイ、華為技術) の動向も記載しています。
2020.12.28