レノボの市場シェア・業績推移・事業構成・株価の分析

レノボの市場シェア・業績推移・事業構成・株価の分析

レノボ(Lenovo)は、1984年に柳伝志(リュウ・チュアンジ)氏が設立した中国を代表するパソコンメーカーです。旧IBMのPC事業(thinkpad)を買収し、一躍有名になりました。日本でもNECや富士通のパソコン事業を買収しています。

業績推移(年次)

2020年度は前年同期比増収増益となりました。リモートワーク向けのパソコン需要がけん引しました。サーバー事業もクラウド向けが堅調です。

レノボの業績推移
レノボの業績推移

業績推移(四半期)

2021年の第2四半期(7ー9月)も前年同期比増収増益となり、需要拡大の追い風が吹いています。

レノボの四半期業績推移
レノボの四半期業績推移

EPS成長率

2020年度は希薄化後EPSが大幅に改善しました。

希薄化後EPSの推移
希薄化後EPSの推移

売上構成

パソコン事業が主力となっています。

レノボの売上構成(2020年度)
レノボの売上構成(2020年度)

PC・スマートデバイス
法人向けは旧IBMもThinkブランドで、個人向けはIdeaブランドで展開しています。日本ではNECや富士通のパソコン事業を買収しています。

モバイル
モトローラのスマホ事業がベースとなっています。中南米に強みを持ちます。

データセンター
クラウド事業などへサーバーなどを販売しています。

直近のM&A(合併買収)

パソコンやサーバー事業を中心に買収を積極的に行っています。

2005年 IBMからThinkブランドで有名なパソコン事業を買収
2012年 NECとパソコン事業と統合
2012年 ドイツのメディオンを買収
2014年 IBMから汎用サーバー事業を買収
2014年 グーグルからモトローラ・モビリティを買収
2018年 富士通とPCの合弁会社を設立

株主構成

筆頭株主は、レノボ創業者である柳伝志氏や政府系の研究機関である中国科学院(Chinese Academy of Sciences)傘下の上場投資会社であるレジェンドホールディングスとなっています。会長を務める楊元慶氏も大株主となっています。

レノボの株主構成(直前期末時点)
レノボの株主構成(直前期末時点)

直近1年間の株価リターン

レノボとインデックスの株価リターン比較

2022年01月22日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

スマートフォン業界の世界市場シェアの分析

スマートフォン業界の世界市場シェアと市場規模の情報について分析をしています。サムスン、アップル、Huawei (華為技術、ファーウェイ) 、Xiaomi(シャオミ、小米) 等の世界大手スマホ会社の動向も掲載しています。
2022.01.07
市場シェア

パソコン業界の世界市場シェアの分析

PC・パソコン業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。レノボ、HP、デル、エイスース、アップルといった主要なPC・パソコンメーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.01.08
市場シェア

サーバー業界の市場シェア

サーバー業界の市場シェアと市場規模について分析をしています。サーバー大手であるデル、HPエンタープライズ、インスパー(浪潮集団)、レノボ、スーパーマイクロ、日立製作所、IBM、オラクルなどの概要も掲載しています。
2022.01.18