農業・畜産業・漁業・林業の分野でM&A対象となる会社の分析

M&Aや業界再編が予想される農業、畜産業、漁業や林業関連の会社概要を掲載しています。特に種子、農薬、肥料、飼料分野での売却の可能性があります。

なお、本記事の作成日以降にM&Aによって下記会社が買収されている可能性もありますことを予めご了承下さい。

種子業界で今後M&Aの可能性がある会社

今後も世界の人口と共に穀物や野菜の消費量も増え続けます。栽培が可能な土地は限られていることから、種子分野では、土地当りに収穫量を増やすために、殺虫剤耐性、耐虫性の強化や環境適応能力を高めた種子開発のための技術革新が続き、今後も成長が見込まれます。

当サイトでは、2020年の種子業界の市場規模を680億ドルとしております。参照にした統計データなどは以下の通りです。調査会社のマーケッツアンドマーケッツによると2021年の同業界の市場規模は630億ドルを見込んでいます。2026年にかけて年平均6.6%での成長を見込みます。2020年の同市場規模は680億ドルです。2026年にかけて7%での成長を見込みます。調査会社のリサーチアンドマーケッツによると2019年の同市場規模は554億ドルです。参照したデータの詳細情報

投資ファンドも、積極的に投資を行っており、M&Aによる売却の可能性があります。

社名:DUMMEN
本社所在地:オランダ
設立年:2015年
株主:BCパートナーズ
DUMMEN ORANGE(デュメン オレンジ)は、オランダに本拠を置く切花、鉢花、花壇用植物、球根、多肉多汁植物、多年生植物、宿根性植物の育種を行う種苗会社です。2017年に台湾のラン繁殖会社 Sogoを買収しています。鑑賞植物セクターでの更なる成長を狙っております。BCパートナーズが2015年にH2 Equity Partners (HSエクイティ・パートナー)とデュメン家から、約500百万ユーロで買収しています。

社名:SNFL
本社所在地:スペイン
設立年:2019年
株主:Paine Schwartz Partners
SNFLはブドウの品種を開発する会社です。Paine Schwartz Partnersが買収をしました。

社名:Planasa
本社所在地:スペイン
設立年:2017年
株主:シンベン
Planasa(プラナサ)は、ラズベリーやブルーベリー、アスパラガスやアボカド、チコリといった農作物の品種改良や新種開発、種苗生産を手がけるスペインの企業です。1973年に創業し、現在は欧米やアジアなど11ヶ国で事業を展開しています。シンベンが2017年に買収をしました。 買収時点の想定企業価値は 523 億ドルです。

社名:Agro Care
本社所在地:オランダ
設立年:2020年
株主:NPMキャピタル
Agro Care(アグロケア)はトマトの種子育種から生産まで手がけるトマト生産会社です。NPMキャピタルが買収しました。

農薬業界で今後M&Aの可能性がある会社

農薬業界は、モンサントを買収したバイエルやシンジェンタといった業界のガリバーが存在する寡占的な市場構造です。人口増加にあわせて食糧増産のニーズは高く、農薬業界もそうした背景に安定期な成長を見込みます。農薬業界についてさらに詳しく

農薬業界のM&Aの目安として、買収時点の企業価値に対する売上高のマルチプルを見てみると、1~5倍を「ばらつき」が大きくなっています。バイエルとモンサントの案件の倍率が4.7倍と最大です。買収の規模では、ケムチャイナとシンジェンタ、バイエルとモンサント、そしてコルテバのスピンオフが大きくなっています。

農薬業界の企業価値売上高マルチプル

農薬業界の企業価値売上高マルチプル、丸の大きさは企業価値を示す

今後も更なる技術革新が予想される化学品を使用しないバイオ農薬など多くの会社が参入しており、投資ファンドも積極的に買収を行っています。今後M&Aの可能性がある農薬関連会社は以下の通りとなります。

社名: Sterilex
本社所在地: 米国
買収年: 2021年
株主: Paine Schwartz
Sterilexは、食品や医薬品に付着する耐性微生物の殺菌・除去を目的とした殺菌剤や殺菌製品を開発製造しています。Paine Schwartzが出資しました。

社名:Biolchim
本社所在地:イタリア
買収年:2017年
株主:Chequers Capita
Biolchimは肥料の一種であるバイオスティミュラントを製造する会社です。Chequers Capitalが買収をしました。

社名:Rovensa
本社所在地:スペイン
買収年:2020年
株主:ブリッジポイント
Rovensaはジェネリック農薬とバイオスティミュラントといったバイオニュートリションに強みがあります。2020年に買収しました。

社名:AgBiTech
本社所在地:オーストラリア
買収年:2015年
株主:Paine Schwartz Partners
AgBiTechは化学的な農薬に代替するバイオ農薬を開発する会社です。Paine Schwartz Partnersが買収をしました。

社名:ESIM
本社所在地:オーストリア
株主:アーディアン
ESIM Chemicals(イーエスアイエムケミカルズ)は、リンツ(オーストリア)に本社を置く農薬成分メーカーです。アーディアンが買収しました。

社名:VIAKEM
本社所在地:メキシコ
買収年:2016年
株主:アドベントインターナショナル
VIAKEM(ヴィアケム)は、メキシコを拠点とする、農薬、香料、医薬品、洗剤向けのファインケミカルメーカーです。が2016 年に買収しました。

社名:Verdesian
本社所在地:米国
買収年:2021年
株主:AEAインベスターズ
Verdesian Life Sciences(ベルデシアンライフサイエンス)は、バイオ由来の植物向け肥料強化補助剤を開発しています。2021年にAEAインベスターズが買収しました。

肥料・飼料業界で今後M&Aの可能性がある会社

社名:Fertiberia
本社所在地:スペイン
買収した年:2020年
現在の株主:Triton Partners
Fertiberia(フェルティベリア)は、肥料及び工業用アンモニアの製造メーカーです。Triton Partnersが2020年に買収しました。

社名:Yuehai Feeds(粤海飼料)
本社所在地:中国
出資した年:2015年
現在の株主:KKR、創業者一族Yuehai Feeds(粤海飼料)は中国の大手水産飼料メーカーです。KKRが2015年にマイノリティ持分を取得しました。   

社名: Grobest
本社所在地: 台湾
出資した年: 2018年
現在の株主: ペルミラ、創業者一族
Grobestは台湾に本拠を置く水産飼料メーカーです。エビ向けに強みを持ちます。2018年にペルミラが出資を行いました。

社名:Patent
本社所在地:セルビア
買収した年:2015年
現在の株主:Abris Capital Partners
Patent Coは1991年に設立されたセルビアに本拠を置く豚や家禽向け微生物等の成分を飼料に配合するメーカーです。2015年にAbris Capital Partnersが買収をしました。

社名:ScanBio
本社所在地:ノルウェー
買収した年:2017年
現在の株主:Paine Schwartz Partners
ScanBioは養殖などで生じる副産物を原料として動物や魚向けの飼料を開発製造する会社です。Paine Schwartz Partnersが買収をしました。

社名:MS Biotec
本社所在地:米国
買収した年:2018年
現在の株主:Paine Schwartz Partners
AH&N Coは家畜の栄養強化のために、天然原料の栄養素材などを提供する会社です。Paine Schwartz Partnersが買収をしました。

社名:Solevo
本社所在地:オランダ
買収した年:2016年
現在の株主:ヘリオスインベストメントパートナーズ、テマセク
Solevoは西アフリカを中心に肥料や農薬を農家へ販売するディストリビューターです。ルイドレフェスからヘリオスインベストメントパートナーズとテマセクが買収しました。

アグリテック分野で今後M&Aの可能性がある会社

社名:Advanced Agrilytics
本社所在地:米国
買収した年:2019年
現在の株主:Paine Schwartz Partners
Advanced Agrilyticsは生産データを分析して、農作物の育成の最適な条件を分析しています。Paine Schwartz Partnersが買収をしました。

社名:Spearhead
本社所在地:2015年
現在の株主:Paine Schwartz Partners
Spearheadは農作物のトレーサビリティのサービスを提供する会社です。Paine Schwartz Partnersが買収をしました。

遺伝子研究や遺伝子組み換え業界で今後M&Aの可能性がある会社

社名:Hendrix Genetics
本社所在地:オランダ
買収した年:2015年
買収後の株主:NPMキャピタル
Hendrix Geneticsは、鶏、ブタ、サーモン、マス、エビなどの繁殖に関する遺伝子レベルでの研究を行う会社です。NPMキャピタルが買収しました。

社名: Sun World International(サンワールド)
本社所在地: 米国
買収した年: 2021年
買収後の株主: Bridgepoint
Sun World International(サンワールド)はフルーツの遺伝子組み換えを研究・開発する会社です。2021年にBridgepoint(ブリッジポイント)が買収をしました。

その他分野で今後M&Aの可能性がある会社

社名:Graanul Invest(グラアヌルインベスト)
本社所在地:エストニア
買収した年:2021年
現在の株主:アポロマネジメント
Graanul Invest(グラアヌルインベスト)は2003年に設立された木質ペレット製造会社です。木質ペレットは、おがくず、木材チップや削りくず、林業残材などの廃材をペレット状に加工して製造されます。

社名:Taconic
本社所在地:米国
買収した年:2019年
現在の株主:HIGキャピタル
Taconic Biosciencesは無菌マウス等の実験用動物を飼育しています。HIGキャピタルが2019年2月に買収をしました。

社名:Phytech
本社所在地:イスラエル
買収した年:2020年
現在の株主:Thomas H. Lee
Phytechはイスラエルに本拠を置く植物の光合成データを分析し、作物の収穫量の最大化を図るソフトウェアを開発しています。2020年にThomas H. Leeが買収しました。

投資ファンドがM&AやIPOを通じて売却済み

社名:Verisem
本社所在地:オランダ
設立年:2015年
株主:Paine Schwartz Partners
Verisemは種子の開発を行う会社です。Paine Schwartz Partnersが買収をしました。2021年にシンジェンタへ売却しました。