農機(農業機器)業界の世界市場シェアの分析

農機業界の世界シェア、市場規模や業界再編を分析しています。ディア、CNH、アグロ、クボタ、クラース、マヒンドラ等の主要農機メーカー概要も掲載しています。

農機メーカーの世界市場シェア


「農業機械メーカーの世界売上高ランキング(2020年版)」の2019年農機メーカーの売上高ランキングから農機業界の市場シェアを計算しました。
市場シェアの計算にあたり参照にした農業機械の世界市場規模は市場規模の推測の欄をご参照下さい。1位は米国のディア、2位は日本のクボタ、3位はイタリアのCNHインダストリアル、4位はアグコとなっています。2018年と変更ない不動のトップ4である四天王健在です。

農業機械メーカーの2019年売上高世界市場シェア

1位 ディア 22.5%
2位 クボタ 13.9%
3位 CNHインダストリアル 10.4%
4位 アグコ 8.6%
5位 クラース 4.1%
6位 ヤンマー 3.9%
7位 マヒンドラ・マヒンドラ 2.1%
8位 井関農機 1.3%
9位 SDF 1.3%
10位 トラクターズ・アンド・ファーム・エクイップメント 1.2%
11位 ファーストトラクター 0.8%
12位 アルゴ 0.4%

1位はディアです。2位のクボタは機械事業というセグメントでのみ情報開示をしているため、クボタには建機の売上高が含まれているのですが、それでも1.5倍以上の規模です。クボタは、稲作には圧倒的な強さを見せるものの、畑作向け農機で如何に欧米勢と競い合うかがポイントです。3位のCNHインダストリアルはフィアット傘下です。
1-4位は5位以下の売上に2倍以上の差をつけています。農機は、地域ごとの特性にあった機種(日本だったら稲作、ヨーロッパだったら畑作)を開発する必要があり、またメンテナンス等への対応力が問われるビジネスモデルです。グローバルな拠点を効率よく構築している点が四天王の強さと言えるでしょう。
5位のクラークスや6位のヤンマーは規模では劣るものの、欧州では圧倒的なブランド力があります。7位はインド最大手のマヒンドラが、10位にはインド2位のトラクターズ・アンド・ファーム・エクイップメント、11位には中国のファーストトラクターが入ってきており、新興国メーカーも追い上げて来ています。

(参照)
なお、2018年農機メーカーの市場シェアは以下の通りです。農業機械メーカーの2018年売上高世界市場シェア(業界ランキング研究所の農業機械メーカーの世界売上高ランキング(2019年版)より作成しています。)

1位 ディア 17%
2位 クボタ 10%
3位 CNHインダストリアル 8%
4位 アグコ 7%
5位 クラース 3%
6位 ヤンマー 3%
7位 トロカンパニー 2%
8位 マヒンドラ 2%
9位 SDF 1%
10位 井関農機 1%

業界再編

ディア、アグコ、クボタ、CNHなどの農機メーカーが積極的に海外事業や周辺領域の拡大のための買収を行っています。

  • 2007年 DeereによるLescoの買収
  • 2007年 Deereによる中国のNingbo Benye Tractor & Automobile Manufactureの買収
  • 2008年 DeereによるイスラエルのPlastro Irrigation Systemsの買収
  • 2010年  AGCOによる英Sparexの買収
  • 2011年 クボタによるノルウェーのクバンランドの買収
  • 2011年 AGCOによるGSI Groupの買収(約928百万ドル)
  • 2012年 AGCOによるブラジルのSantal Equipamentosの買収
  • 2014年 CNH Industrialによる米Miller-St. Nazianzの買収
  • 2016年 クボタによるグレートプレーンズマニュファクチュアリングの買収

農機の種類

農業機器の種類には色々ありますが、トラクタ、田植え機、管理機、防除機とコンバインの5種類が主要農機です。トラクタは作業機をつけることで、様々な農作業を行うことができる万能農機です。
稲等の植え付けに役に立つのは田植え機です。ミニ耕うん機とも言われ、土を耕したり、溝を作ったりする時に使用するのが管理機です。除草作業、草刈等に活用されるのが防除機です。稲等の刈り取り・脱穀を行うのがコンバインです。

市場規模の推計

当サイトでは、下記を参照にして、1025億ドルを2019年の農機業界の市場規模としております。調査会社のアライドマーケットリサーチよれば、2019年の農機市場の規模は1050億ドルです。同社によれば、2018年の市場規模は1025億ドルです。一方、グランビューリサーチによれば、2019年の同業界の市場規模は1390億ドルです。2025年までに年平均8.9%での成長を見込みます。

農業機器業界の参考書籍

スマート農業―自動走行、ロボット技術、ICT・AIの利活用からデータ連携まで
農業機械の構造と利用 (農学基礎セミナー)
農業機械入門 (基礎シリーズ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました