商用車とトラック業界の世界市場シェアの分析

商用車とトラック業界の世界市場シェアや市場規模について分析をしています。東風汽車、 ボルボ、第一汽車、ダイムラー、トライトン、アショック・レイランド、タタといった世界大手の商用車及びトラックメーカーの動向も掲載しています。

トラック業界の市場シェア(2020年)

商用車・トラックメーカー各社の販売台数(⇒参照したデータの詳細情報)を分子に、市場規模を分母にして、2020年のトラック業界の世界市場シェアを簡易に算出すると、1位は東風汽車(ドンファン)、2位はダイムラー、3位はタタ自動車となります。

  • 1位 東風汽車 1.59%
  • 2位 ダイムラー 1.30%
  • 3位 タタ自動車 1.26%
  • 4位 日野自動車(トヨタ自動車分を含む) 1.16%
  • 5位 中国重型汽車 1.01%
  • 6位 第一汽車 0.91%
  • 7位 いすゞ自動車 0.85%
  • 8位 トレイトン 0.63%
  • 9位 陜西汽車集団 0.62%
  • 10位 ボルボ 0.60%
  • 11位 パッカー 0.48%
  • 12位 CNHインダストリアル 0.38%
  • 13位 ナビスター 0.24%
  • 14位 アショック・レイランド 0.19%

世界市場シェア1位は、長年1位だったドイツのダイムラーを抜き中国の東風汽車(ドンファン)です。ダイムラーは、三菱ふそうトラック・バスを傘下に持ち、北米ではフレイトライナー・ブランドで展開しています。乗用車がEVに集中する一方で、商用車・トラックは燃料電池に集中する戦略を取る中で、2021年に商用車・トラック事業の分社化しました。3位はインドのタタとなります。インド国内での強い需要に裏付けされ、上位入りです。4位の日野自動車にはトヨタの商用車部門も含まれます。7位のいすゞは2019年にボルボからUDトラックスを買収しております。

市場規模

当サイトでは、2020年の商用車トラックの台数ベースの市場規模である2750万台として市場シェアを計算しています。参照したデータは以下の通りです。
調査会社のスタティスタによると、2019年の商用車の販売台数は2702万台となっています。PWCが2017年の世界の4輪車新社販売台数である9,729万9千台の27%が商用車を分析しており、計算すると商用車の年間新車販売台数は約2,919万台となります。調査会社のグランドビューリサーチによると、同業界の2020年の金額ベース市場規模は1兆6032億ドルです。2025年にかけて7.2%での成長を見込みます。⇒参照したデータの詳細情報

販売台数成長率
2020年2750万台1.8%
2019年2702万台0.2%
2018年2697万台8.0%
2017年2497万台
商用車・トラックの推定市場規模の推移©ディールラボ

トラックの用途別種類

トラックの種類は大きく分けて、平ボディ、バン型車、ダンプの3種類があります。 平ボディは色々なものが平積みできるという特徴があり、バン型は密閉型の荷入れを活用し保冷や冷凍等の用途でも使えます。ダンプは砂利や土砂を運ぶ際に用いられます。なお、積載量によって、小型トラック(2t・3tトラック)、中型トラック(4tトラック)、大型トラック(10tトラック)という区分もあります。

トラック業界のM&A

2000年代は自動車大手メーカーが、車両のフルライン化(乗用車、商用車、トラック等)を目指し、トラックの規模拡大を目指しました。2010年後半から、動力機関の技術開発の負担から、トラックやバス事業を分社化する動きが続いています。M&A時の企業価値に対する売上高の倍率は概ね1倍前後です。

2005年 ダイムラーが三菱ふそうを子会社化
2007年 日産ディーゼル(UDトラックス)をボルボが子会社化
2019年 VWがトラックバス事業をトレイトンとして分社化上場
2020年 いすゞがUDトラックスを買収
2020年 トレイトンによるナビスター買収
2021年 ダイムラーによるトラックバス部門をダイムラートラックとして分社化上場

発表年買手対象会社売手売上高倍率(倍)
2020いすゞ自動車UDトラックスボルボ0.9
2020トレイトンナビスター1.1
売上高倍率は企業価値/直近対象会社売上高で計算(⇒参照したデータの詳細情報)©ディールラボ

日本のトラックメーカー

国内のトラックメーカーは4社、すなわち、いすず自動車、日野自動車、三菱ふそうトラックバス、UDトラックスです。これらのトラックメーカーの中で、日野自動車はトヨタの傘下に入り、三菱ふそうはダイムラー傘下、またUDトラックスはボルボ傘下(2019年にいすゞが買収)、と独立したトラックメーカーはいすず自動車のみとなっています。いすゞがボルボからUDトラックスを買収し、1社気を吐いているものの、ダイムラー、ボルボ、VWを筆頭に、中国系の東風やFAWに押されています。一方、乗用車の分野では、世界トップクラスであるトヨタと筆頭に、ホンダ、ルノーの提携している日産等上位を占めています。乗用車では圧倒的な強みを見せる日本の自動車メーカーですが、技術的な差別化が難しい、商用車では海外勢に押され気味ということがわかります。

トラック業界の主要メーカー一覧

Dongfeng Motor(東風汽車、ドンファン)

中国に本拠を置く国有大手自動車メーカーの一角です。乗用車からトラック等の商用車までフルラインナップで提供しています。トラックに関してはVolvo傘下のUDトラックスと合弁会社を設立しました。

いすゞ(Isuzu)

日本を代表するトラックメーカーです。1990年代末にかけいすゞが経営危機となった際、一時米GMの傘下に入りましたが、現在はトヨタと資本提携を行なっています。三菱ふそうは、ダイムラー傘下となり、また日野は2018年にVWと提携を行いました。2020年にUDトラックスを買収し、国内商用車は3社体制となりました。

Volvo Group (ボルボ)

Volvo(ボルボ)グループは、スウェーデンに本拠を置くトラック・建機メーカーです。1928年にトラックメーカーとして設立されて以降、現在もトラックの売上がグループ全体の約60%超を占めるなど、最大の事業部門となっています。2020 年の売上規模は3384億スウェーデンクローネ(円換算で約4兆3千億円)です。さらに詳しく

First Automobile Works Group(第一汽車)

中国に本拠を置く国有大手自動車メーカーの一角です。乗用車からトラック等の商用車までフルラインナップで提供しています。トラックに関してはトヨタ自動車と合弁会社を設立しました。

Beijing Automotive Group(北京汽车工业控股)

中国政府系の総合自動車メーカーです。トラックに関してはいすゞやDaimlerと合弁会社を設立しています。

China National Heavy Duty Truck Corp(中国重型汽車集団)

中国政府系のトラックメーカーです。バスも製造しています。子会社のSinotrukは香港で上場しています。

Daimler AG(ダイムラー)

ドイツに本拠を置く大手自動車メーカーです。乗用車、トラック、バス、自動車リースが事業の柱となっています。乗用車ではメルセデスベンツで高級車セグメントにフォーカスした世界展開をしています。1998年にクライスラーと合併したが、2007年にクライスラーを売却しました。トラック分野では、三菱ふそうトラック・バスを傘下に保有しています。バス分野はメルセデスベンツとゼトラ(Setra )ブランドで展開しています。売上の約66%が欧州となっています。インドではバーラト・ベンツ (BharatBenz) ブランドを展開しています。2021年にメルセデスベンツとダイムラートラックの分社化が発表されました。自動車リースはAthlonで展開しています。さらに詳しく

Traton(トレイトン)

Traton(トレイトン)は、フォルクスワーゲン(VW)傘下のトラック及びバスメーカーです。Volkswagen Truck&Bus(フォルクスワーゲントラック&バス)がトレイトンへ社名変更し、マントラック&バス、Scania(スカニア)がトレイトン傘下となりました。2018年に分社化上場しました。2020年に16.8%の株式を保有している米トラック大手のナビスター・インターナショナルの買収を発表しました。

MAN(マン)
1758 年に創業したルール地方の鉄工所にルーツがある、ドイツに本拠を置くエンジン・機械メーカーです。トラック・バス等の商用車、船舶・産業用エンジン等を手掛けています。MAN Diesel & Turbo(マンディーゼル&ターボ)は、MANグループの動力エンジニアリング部門です。1981 年には、船舶エンジンの老舗であるデンマークBurmeister & Wain(B&W)のディーゼルエンジン部門を買収し、船舶エンジンの分野では主要ライセンサーとして圧倒的な地位を占めています。メンテナンス等のサービスもグローバルで展開しています。トラックとバスは、MAN Truck & Bus(マン・トラック&バス)を通じて展開していましたが、マントラック&バスはトレイトン傘下となりました。

Scania(スカニア)
スウェーデンに本拠を置くトラック・バスメーカーです。元々はスウェーデンのサーブと親しかったのですが、フォルクスワーゲン(VW)傘下となりました。バスは、地盤の欧州のみならず、ラテンアメリカおよびアジアでも強みを有しております。

Navistar International(ナビスターインターナショナル)について
1831年に設立された米国に本拠を置くトラック大手です。2016年にVWと資本提携しています。バスの分野ではスクールバスに強みを持ちます。2020年にVWが買収をしました。

Hino Motors(日野自動車)

トヨタ自動車傘下のトラックメーカーです。2018年にVWとの提携を発表しました。

トヨタ

日本を代表する自動車メーカーです。ピックアップやハイエース等の小型商用車に強みを持ちます。ダイハツと日野ブランドでも展開しています。

Tata Group(タタ)

タタは、1868年にペルシャ系ゾロアスター(拝火、インドではパルシーとも言われる)教徒であるジャムシェトジー・タタ氏がムンバイで設立した木綿貿易会社が発祥です。インド西部のムンバイに本拠を置きます。インド三大財閥の一角です。規模ではインド最大級で、塩からソフトまでと言われ、鉄鋼、自動車、ホテル、紅茶、ITサービス、時計、宝飾品、電力、通信、化学、食品、小売などに至る多岐分野で事業を展開する財閥です。海外100ヶ国で事業を展開し、約70万人の従業員と1000億ドル超の売上を計上しています。日本に企業では、三菱商事、新日鐵住金、日立製作所、スズキ、NTTグループ等と提携をしています。リライアンス、アーディティヤ・ビルラー・グループを擁するビルラグループを含めインド3大財閥と評されます。初代ジャムセトジー・タタ、二代目ドラブジ・タタ、三代目ノウロジ・サクラトヴァラ、四代目JRD・タタに続き、現在は五代目となるラタン・タタ氏がグループの総帥です。さらに詳しく

Ashok Leyland(アショック・レイランド)

インドに本拠を置く商用車メーカーです。日産と提携しています。英国に本拠を置くHinduja Group(ヒンドゥージャ・グループ)傘下にあります。

CNHインダストリアル/Iveco(イヴェコ)

CNHインダストリアルは、2013年のCNHグローバルとフィアット・インダストリアルとの経営統合の結果誕生しました。現在はニューヨーク証券取引所とミラノ証券取引所に株式を上場しています。従業員数は約6万人を超え、65ヶ所超の工場、50超のリサーチ拠点を有し、全世界180ヶ国で事業を展開しています。2020年の売上高は260億ドルです。フィアット創業家が大株主となっています。
さらに詳しく

PACCAR(パッカー)

米国のワシントンに本拠を置くトラック大手です。大型トラックを得意とします。

陝西汽車(Shaanxi Automobile Group)

陝西省に本拠を置く商用車・トラックメーカーです。

参照したデータの詳細情報について


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さい。
会員登録はこちらです。