商用車・トラック業界

商用車・トラック業界の世界市場シェア、動向、市場規模について分析をしています。東風汽車、 ボルボ、第一汽車、ダイムラー、マン、アショック・レイランド、タタ等世界大手の商用車・トラックメーカーの動向も掲載しています。

市場シェア

「商用車メーカーの台数ベースの世界市場シェア」によれば、2017年ー2018年の商用車の台数ベースの世界市場シェア1位は、ドイツのダイムラーです。同社は三菱ふそうトラック・バスを傘下に持ち、北米ではフレイトライナー・ブランドで展開しています。

2位は、日本のいすゞ自動車です。3位はドイツのフォルクスワーゲン(マンとスカニアを合計すると実質的には世界1位です)、4位はトヨタ、5位は乗用車でも大手の中国の中国の東風トラックス、6位はインドのタタとなっています。

中国系の商用車メーカーは、情報の開示が限定的であり、商用車ではなく、トラックの販売台数でのランキングとなっている点には注意が必要です。

また2019年にいすゞがボルボからUDトラックスを買収しております。

市場規模

民間調査会社のGrand View Researchによれば世界の商用車市場の2017年の推定市場規模は、1兆3200億ドルと推計されています。

また、民間調査会社のBrandessence Market Researchによれば世界の商用車市場の2017年の推定市場規模は約1兆3365億ドルと推計されています。

トラックの用途別種類

トラックの種類は大きく分けて、平ボディ、バン型車、ダンプの3種類があります。 平ボディは色々なものが平積みできるという特徴があり、バン型は密閉型の荷入れを活用し保冷や冷凍等の用途でも使えます。ダンプは砂利や土砂を運ぶ際に用いられます。なお、積載量によって、小型トラック(2t・3tトラック)、中型トラック(4tトラック)、大型トラック(10tトラック)という区分もあります。

日本のトラックメーカー

国内のトラックメーカーは4社、すなわち、いすず自動車、日野自動車、三菱ふそうトラックバス、UDトラックスです。これらのトラックメーカーの中で、日野自動車はトヨタの傘下に入り、三菱ふそうはダイムラー傘下、またUDトラックスはボルボ傘下(2019年にいすゞが買収)、と独立したトラックメーカーはいすず自動車のみとなっています。

いすゞがボルボからUDトラックスを買収し、1社気を吐いているものの、ダイムラー、ボルボ、VWを筆頭に、中国系の東風、FAWに押されています。

一方、乗用車の分野では、世界トップクラスであるトヨタと筆頭に、ホンダ、ルノーの提携している日産等上位を占めています。乗用車では圧倒的な強みを見せる日本の自動車メーカーですが、技術的な差別化が難しい、商用車では海外勢に押され気味ということがわかります。

トラック業界の主要メーカー一覧

Dongfeng Motor(東風汽車)

中国に本拠を置く国有大手自動車メーカーの一角です。乗用車からトラック等の商用車までフルラインナップで提供しています。トラックに関してはVolvo傘下のUDトラックスと合弁会社を設立しました。

いすゞ(Isuzu)

日本を代表するトラックメーカーです。1990年代末にかけいすゞが経営危機となった際、一時米GMの傘下に入りましたが、現在はトヨタと資本提携を行なっています。三菱ふそうは、ダイムラー傘下となり、また日野は2018年にVWと提携を行いました。2019年にUDトラックスを買収し、国内商用車は3社体制となりました。

Volvo Group (ボルボ)

スウェーデンに本拠を置く大手コングロマリットです。トラックメーカーとしても大手です。旧日産ディーゼルのUDトラックを買収しましたが、2019年にいすゞに売却しました。

First Automobile Works Group(第一汽車)

中国に本拠を置く国有大手自動車メーカーの一角です。乗用車からトラック等の商用車までフルラインナップで提供しています。トラックに関してはトヨタ自動車と合弁会社を設立しました。

Beijing Automotive Group(北京汽车工业控股)

中国政府系の総合自動車メーカーです。トラックに関してはいすゞやDaimlerと合弁会社を設立しています。

China National Heavy Duty Truck Corp(中国重型汽车集团)

中国政府系のトラック専業メーカーです。

Daimler AG(ダイムラー)

ドイツに本拠を置く大手自動車メーカーです。トラック分野でも大手です。三菱ふそうトラック・バスを傘下に保有しています。

Traton(トレイトン)

独Volkswagen(フォルクスワーゲン)傘下のトラック事業を統括するホールディング会社です。2019年に子会社上場しています。傘下にマン、スカニアを擁しています。2020年に16.8%の株式を保有している米トラック大手のナビスター・インターナショナルの買収を発表しました。

MAN(マン)

1758 年に創業したルール地方の鉄工所にルーツがある、ドイツに本拠を置くエンジン・機械メーカーです。トラック・バス等の商用車、船舶・産業用エンジン等を手掛けています。現在は独Volkswagen(フォルクスワーゲン)傘下です。MAN Diesel & Turbo(マンディーゼル&ターボ)は、MANグループの動力エンジニアリング部門です。1981 年には、船舶エンジンの老舗であるデンマークBurmeister & Wain(B&W)のディーゼルエンジン部門を買収し、船舶エンジンの分野では主要ライセンサーとして圧倒的な地位を占めています。メンテナンス等のサービスもグローバルで展開しています。

Scania(スカニア)

スウェーデンに本拠を置く大手トラックメーカーです。現在は独Volkswagen(フォルクスワーゲン)傘下です。

Hino Motors(日野自動車)

トヨタ自動車傘下のトラックメーカー。2018年にVWとの提携を発表。

Tata Group(タタ)

タタは、1868年にジャムシェトジー・タタ氏がムンバイで設立した木綿貿易会社が発祥です。インド三大財閥の一角です。規模ではインド最大級で、自動車、IT、鉄鋼、化学、電力等の分野を手掛けるコングロマリットです。

事業構成は大きくIT、鉄鋼、自動車・トラック、化学、飲料に分かれています。

IT:

タタ・コンサルタンシー・サービシズが中核企業です。ITサービス分野、特にBPO・アウトソーシング業界の世界シェアではトップクラスに位置します。

鉄鋼:

タタ製鉄が主軸です。2007年に印Tata SteelによるCorus(コーラス、GBR/NLD)買収により誕生しました。2018年にティッセンクルップと経営統合しましたが、当局の承認がおりず、高止まりしている固定費用の削減が課題となっています。

自動車:

タタ自動車が主軸です。英国のジャガーとランドローバーを買収し、高級ブランドセグメントでの事業拡大を狙っています。商用車はインド国内に圧倒的に強く、海外は韓国の大宇のトラック部門を買収後、タタ大宇商用車(Tata Daewoo Commercial Vehicle)として展開しています。

化学:

タタ化学が主軸です。ソーダ灰業界では世界大手クラスです。

飲料:

タタ・グローバル・ビバレッジが主軸です。紅茶及びコーヒーに強みを持ちます。紅茶はTata Tea、テトリー(Tetley)ブランドを展開しています。2019年の紅茶事業の売上高は520億インドルピーで、1ルピー=0.013ドルの為替レートで米ドル換算売上高は7億ドルです。

その他、タタ電力が電力事業、タタ・コミュニケーションズがデータセンター・通信事業、タージホテルズでホテル事業、ボルタスがエアコン販売を展開しています。

Ashok Leyland(アショック・レイランド)

インドに本拠を置く商用車メーカーです。日産と提携しています。英国に本拠を置くHinduja Group(ヒンドゥージャ・グループ)傘下にあります。

CNHインダストリアル/Iveco(イヴェコ)

CNHインダストリアルは、2013年のCNHグローバルとフィアット・インダストリアルとの経営統合の結果誕生しました。現在はニューヨーク証券取引所とミラノ証券取引所に株式を上場しています。従業員数は約6万人を超え、65ヶ所超の工場、50超のリサーチ拠点を有し、全世界180ヶ国で事業を展開しています。2017年の売上高は262億ドル、営業利益率は約5.8%です。フィアット創業家が大株主となっています。
事業領域としては、CASEブランドで展開する建設機械、New Holland(ニューホランド)及びCASEブランドで展開する農業機械、商用車・トラックのIveco(イベコ)、旧ルノーの流れを汲むHeuliez Bus(ユーリエ・バス)、IVECO BUS (イベコバス、以前は Irisbus(アイリスバス)ブランド)、1864年から続く老舗消防車メーカーであるMagirus(マギルス)、エンジン・車軸・変速機等を製造するFPT Industrial(フィアット・パワートレイン・インダストリアル)となっています。
なお、CNHグローバルは、1999年にNew Holland(ニュー・ホランド)とCase Corporation(ケース・コーポレーション)が経営統合し誕生しています。

Navistar International(ナビスターインターナショナル)

米国に本拠を置くトラック大手です。2016年にVWと資本提携しています。

PACCAR(パッカー)

米国のワシントンに本拠を置くトラック大手です。

陝西汽車(Shaanxi Automobile Group)

陝西省に本拠を置く商用車・トラックメーカーです。

トヨタ

日本を代表する自動車メーカーです。ピックアップやハイエース等の小型商用車に強みを持ちます。ダイハツと日野ブランドでも展開しています。

業界関連書籍

  • 自動車・トラック業界を5分でマスターするための一問一答問題集 [Kindle版]
  • いすゞ自動車のすべて (GEIBUN MOOKS 841 トラックメーカーアーカイブ vol.) [ムック]
  • 図解入門業界研究最新自動車業界の動向としくみがよ~くわかる本[第2版] (How-nual図解入門業界研究) [単行本]
  • 史上最強カラー図解 プロが教える自動車のメカニズム [単行本(ソフトカバー)]
  • 最新トラックワールド (NEKO MOOK) [ムック]
  • トラックグラフィックス2014 (GEIBUN MOOKS) [雑誌]
  • ディーゼル車排ガスの浄化技術 (CMCテクニカルライブラリー) [単行本]

コメント

タイトルとURLをコピーしました