Triton Partners(トライトン・パートナーズ)の投資先の一覧

Triton Partners(トライトン・パートナーズ)は、1997年に設立された投資会社です。オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、ドイツ、イタリア、オランダや北欧諸国を中心に中堅企業の買収を手掛けています。セクターとしてはビジネスサービス、消費財、医療セクターに注力しています。現在までのコミットを得たファンド規模は140億ユーロ。現状約40社の会社(売上規模で174億ユーロ、従業員規模で9.6万人超)を保有しています。非上場株への投資だけでなく、債券(ローン)や上場株式にも投資を行っています。

連絡先

32 Duke Street, 3rd Floor
St James’s
London
SW1Y 6DF

T: +44 207 297 6150

Triton Partners(トライトン・パートナーズ)の投資先が掲載されているページの一覧

再編候補

卸や流通セクターで再編対象となる可能性のある会社の分析

卸や流通セクターで、今後の再編の要となる投資ファンドが保有している会社についてロングリストを作成しています。投資ファンドが保有する化学品、日用品、食品、機械、医療機器、医薬品といった卸・ディストリビューターは、今後エグジットの動きが予想されます。
2021.01.17
再編候補

レジャーや旅行関連セクターで再編対象となる可能性のある会社の分析

レジャーや旅行関連セクターで、今後の再編の要となる投資ファンドが保有している会社についてロングリストを作成しています。投資ファンドが保有する旅行代理店、ホテル管理、ホテル運営、バケーションレンタル、キャンプ場運営会社は、今後エグジットの動きが予想されます。
2021.01.14
再編候補

家具・インテリアセクターで再編対象となる可能性のある会社の分析

家具・インテリアセクターで、今後の再編の要となる投資ファンドが保有している会社についてロングリストを作成しています。投資ファンドが保有する家具、寝具、オフィス家具、照明、インテリア会社は、今後エグジットの動きが予想されます。
2021.01.15
再編候補

石油サービスセクターで再編対象となる可能性のある会社の分析

石油サービスセクターで、今後の再編の要となる投資ファンドが保有している会社についてロングリストを作成しています。探査サポート、産出量改善、サポート船、廃棄物処理 といった分野で、投資ファンドによるエグジットの動きが予想されます。
2021.01.14
再編候補

印刷業界で再編対象となる可能性のある会社の分析

印刷業界で、今後の再編の要となる投資ファンドが保有している会社についてロングリストを作成しています。印刷機器製造、ラベル印刷、デジタル印刷、印刷受託といった分野で、投資ファンドによるエグジットの動きが予想されます。
2021.01.14
再編候補

容器包装業界で再編対象となる可能性のある会社の分析

パッケージ包装業界で、今後の再編の要となる投資ファンドが保有している会社についてロングリストを作成しています。食品容器、飲料缶、化粧品パッケージ、プラスチックコンテナといった分野で、投資ファンドによるエグジットの動きが予想されます。 なお、本記事の作成日以降にM&Aによって下記会社が買収されている可能性もありますことを予めご了承下さい。
2021.01.14
再編候補

化学業界で再編対象となる可能性のある会社の分析

化学業界の今後の再編の要となる投資ファンドが保有している会社についてロングリストを作成しています。ポリ塩化ビニル樹脂、添加剤、機能性材料、インク、潤滑剤、農薬といった分野で、投資ファンドによるエグジットの動きが予想されます。
2021.01.17
再編候補

建材業界で再編対象となる可能性のある会社の分析

建材業界の今後の再編の要となる投資ファンドが保有している会社についてロングリストを作成しています。断熱材、防音材、セメント、路盤材、ガラスブロックといった分野で、投資ファンドによるエグジットの動きが予想されます。
2021.01.14
再編候補

輸送機器業界で再編対象となる可能性のある会社の分析

輸送機器業界の今後の再編の要となる投資ファンドが保有している会社についてロングリストを作成しています。自動車、自動車部品、鉄道部品、航空機部品、ヘリコプター運行といった分野で、投資ファンドによるエグジットの動きが予想されます。
2021.01.16
再編候補

水処理機器業界で再編対象となる可能性のある会社の分析

水処理機器業界の今後の再編の要となる投資ファンドが保有している会社についてロングリストを作成しています。水処理薬、バイオガス処理、灌漑サービス、フィルターといった分野で、投資ファンドによるエグジットの動きが予想されます。
2021.01.14
Please follow us!