プラチナムエクイティとは

プラチナムエクイティは、米国に本拠を置くプライベート・エクイティ・ファームです。1995年にトム・ゴアズ(Tom Gores)氏によって設立され、2020年6月現在、約230億ドルの運用資産を有しています。設立以来250件以上の買収を実施し、M&A&O(Merger, Acquisition and Operation)と呼ぶ、M&A及び買収先の経営に注力する大手投資ファンドです。米国、ロンドン、シンガポールに拠点を有して、米州、欧州、アジア等の地域の案件をカバーする体制をとっています。
2020年6月現在、43社の投資先企業を有しています。

プラチナムエクイティの連絡先

360 N. Crescent Dr.
Beverly Hills 、CA 90210
+1 310.712.1850

プラチナムエクイティの投資先が掲載されているセクターの一覧

再編候補

M&Aや再編対象となる素材メーカーの分析

今後M&Aや業界再編が予想される素材関連会社について一覧表を作成しています。特にセラミック、研磨材、アルミ加工、繊維加工会社などが売却の対象となる可能性があります。
2021.07.14
再編候補

M&Aの対象となる産業用機器・部品メーカーの分析

今後M&Aや再編が見込まれる空調、精密機械、銅線、ポンプ、エレベーター、農機、建設用機器、食品飲料機器、コンプレッサー、工作機械、電力機器、産業用ファスナーなどのメーカーについて会社概要を掲載しています。
2021.07.28
再編候補

M&Aの対象となるメディア・通信会社の分析

業界再編が予想されるブロードバンド回線サービス、ペイTV、テレビ放送、音楽やコンテンツのストリーミング、ビデオ会議、出版、通信タワーといった分野の市場動向やM&Aの対象となる会社について分析をしています。
2021.08.03
再編候補

M&Aや再編対象となる広告・マーケティング会社の分析

今後M&Aや業界再編が予想される広告・マーケティング・調査会社について候補先企業の概要を分析しています。SEOマーケティング、製品レビュー、購買体験最適化提供、メール配信など多数の分野で今後M&Aが予想されます。なお、本記事の作成日以降にM&Aによって下記会社が買収されている可能性もありますことを予めご了承下さい。
2021.06.29
再編候補

フィットネス業界でM&Aや再編対象となる会社の分析

フィットネス業界で、現状投資ファンドが保有していて、今後のエグジットの動きによってM&Aや業界再編が予想される会社の概要を作成しています。
2021.06.30
再編候補

M&Aや再編対象となるアウトソーシングやコンサルティング会社の分析

アウトソーシングサービス、ビジネスサービスやコンサルティング分野で今後M&Aや業界再編が予想される会社について概要を作成しています。BPO、請求書管理、事務代行等を手掛ける会社が今後売却される可能性があります。
2021.08.05
再編候補

M&Aや再編対象となる成形品や成形機器メーカーの分析

M&Aや再編の対象となる成形品や成形機器メーカーについて一覧表を作成しています。
2021.07.14
市場シェア

縫糸(縫い糸)業界の世界市場シェアの分析

縫糸(縫い糸)業界の世界市場シェアや市場規模の情報について分析をしています。イギリスのコーツ、米国のアメリカン エファード、ドイツのアマンの世界三強に、インドのバルドマンが挑む構図です。
2021.01.30
再編候補

M&Aの対象となる卸や流通会社の分析

投資ファンドが保有する化学品、日用品、食品、機械、医療機器、医薬品といった卸・ディストリビューターでM&Aの動きが予想されます。M&Aの対象となる卸や流通関連会社の概要を作成しています。
2021.08.02
市場シェア

金属缶(アルミ缶・スティール缶)業界の世界市場シェアの分析

金属缶・金属容器業界の世界シェアと市場規模の分析をしています。ボールコーポレーション、クラウン、東洋製罐、アルダー、シルガン等の大手金属缶・金属容器メーカーの動向も掲載しています。
2021.06.12