フィットネス業界の動向

当サイトでは、フィットネス関連業界を、フィットネス運営会社とフィットネス機器会社から分析しています。また投資ファンドも運営会社やフィットネステックの買収や出資を積極しており、今後の再編対象企業をリスト化しております。

フィットネスクラブの定義

フィットネスクラブの定義としては、経済産業省「特定サービス産業実態調査報告書 フィットネスクラブ編」によると、

(1)室内、プール、トレーニングジム、スタジオなどの運動施設を有し、(2)インストラクター、トレーナーなどの指導員を配置し、(3)会員にスポーツ、体力向上などの個人指導を行う事業所(ただしスイミングスクールのみの事業所を除く)

となります。

フィットネス運営会社の始め方

フィットネスクラブを始めるには、(1)フィットネススペースの賃借、(2)フィットネス機器の購入、(3)フィットネス会員の募集、(4)インストラクターの雇用が必要となります。

新規出店には、プール、ジム、スタジオの3施設を備えた標準的なクラブで6~8億円の初期投資を要するといわれています。出所:大阪府

新規参入が比較的容易で、また会員制ビジネスという業種であるため、スタートアップや多角化という側面から多くの企業が参入しています。日本の市場規模は4000億円~5000億円で横ばいですが、約40社弱の運営会社が存在します。

コナミスポーツクラブ、セントラルスポーツ、スポーツクラブルネサンス、ホリデイスポーツクラブ、メガロス、ティップネス、コ・ス・パ、スポーツクラブNAS、エニタイムフィットネス、JOY FIT24、ファストジム24、LAVA、CALDO、LOIVE、BIKRAM YOGA、ANGELヨガ、 FEELCYCLE、JUMP ONE、MITTNESS、b-monster、RIZAP、TOTAL Workout、CREBIQ、BOSTY、y4gym、Reborn myself、Apple GYM、BEARTS、BEYOND、FROZA、SHAREZ、Reebok(クロスフィット)、Dr.ストレッチ(ストレッチ)、FiNC、カーブス(シニア向け)、Orangetheory、R BODY、FLUX(コンディショニング)

フィットネス業界の新しいトレンド予測

今後はフィットネス運営の効率化(予約や会員管理アプリ)やコネクテッドフィットネス、オンラインフィットネスといた分野でフィットネステック系の企業の参入が続くと予想されます。特に、オンラインフィットネスは、かつてブートキャンプといった自宅でDVDを見ながらといった仕組みが、Zoom等を利用すれば、更にリアルタイムかつパーソナライズすることが可能になったので、今後一段の成長が見込めます。

M&Aの動向

発表年買い手売り手対象会社買収価格通貨単位マルチプル
2011プラチナムエクイティ個人Palace Sports&Entertainment3.25億ドル売上高倍率1.5
20133iHealthCity Internationalベーシックフィット4億ドル未公表未公表
2013TDRキャピタルIntermediate Capita等デビッドロイドレジャー12億ドル売上高倍率3.49
2019KPSキャピタルパートナーズブランズウィックコーポレーションサンディスク4.9億ドル未公表未公表
出所:会社情報

フィットネス関連会社の業界シェアと再編リストが掲載されているページ一覧

再編候補

フィットネス業界でM&Aや再編対象となる会社の分析

フィットネス業界で、現状投資ファンドが保有していて、今後のエグジットの動きによってM&Aや業界再編が予想される会社について一覧表(ロングリスト)を作成しています。
2021.03.01
市場シェア

フィットネスクラブ運営業界の世界市場シェアの分析

フィットネスクラブ運営業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。業界の主要プレーヤーであるLAフィットネス、ライフタイム、24アワーフィットネス、クラブコープ、エクイノックスホールディングス、プラネットフィットネス、デビッドロイドレジャー、ベーシックフィット、コナミ、セントラルスポーツ、SATS、ライザップの概要や動向についても掲載しています。
2021.02.06
市場シェア

フィットネス機器業界の世界シェアと市場規模の分析

フィットネス機器業界の世界シェアや市場規模の情報について分析をしています。ブランズウィック、テクノジム、プリコー、ジョンソン・ヘルス・テック等のフィットネス機器大手の動向も掲載しております。
2021.02.02