フィットネス機器業界の世界シェアと市場規模の分析

フィットネス機器業界の世界シェアや市場規模の情報について分析をしています。ブランズウィック、テクノジム、プリコー、ジョンソン・ヘルス・テック等のフィットネス機器大手の動向も掲載しております。

フィットネス機器業界の世界シェア(2019年)

最新業界別売上高世界ランキング第8巻」に記載のフィットネス機器メーカー各社の売上高を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして2019年の市場シェアを簡易に試算しますと、1位はライフフィットネス、2位はジョンソン・ヘルス・テック、3位はテクノジムとなります。

1位 ライフフィットネス 8%
2位 ジョンソン・ヘルス・テック 7%
3位 テクノジム 6%
4位 アメアスポーツ 3%

市場規模

当サイトでは、調査会社等の公表データを参考にし、フィットネス機器メーカー業界の2019年の世界市場規模を120億ドルとして市場シェアを計算しております。参照にしたデータは以下の通りです。
調査会社のアライドマーケットリサーチによると、2019年の同業界の市場規模は115億ドルです。2027年にかけて、年平均3.5%での成長を見込みます。調査会社のグローバルマーケットインサイツによると、2019年の同業界の規模は120億ドルです。2026年にかけて年平均4%での成長を見込みます。

フィットネス機器の種類

フィットネス機器の種類は多岐にわたります。肺活量の強化のためのランニングマシン、エアロバイク、大胸筋を鍛えるためのチェストプレス、ペックデッキフライ、ベンチプレス、背筋強化のためのラットプルダウン、大腿筋強化のためのレッグカール、レッグプレス等があります。

フィットネス機器業界の動向

Life Fitness(ライフフィットネス)
Brunswick Corporation(ブランズウィック)社から投資ファンドのKPSキャピタルが2018年に買収したフィットネス機器メーカーです。Life Fitness、Hammer Strength、2015年に買収したCybex, Indoor Cycling Group等のブランドで機器を展開しています。なお、1845年に設立されたブランズウィックは、米国に本拠を置くボートエンジン大手専業となりました。ボーリング機器の大手企業でもありましたが、2015年に投資ファンドへボーリング事業を売却しました。

テクノジム(Technogym)
1983年に設立されたイタリアに本拠を置くフィットネス機器メーカーです。

Precor(プリコー)
1980年に設立されたフィットネス機器メーカーです。各種エクササイズマシンを展開しています。現在はテニス・スキーブランド大手のAmer Sports(アメアスポーツ)傘下にあります。なお、2019年に中国のテニスの安踏体育用品(アンタ)を中心とするコンソーシアム(アンタが6割弱出資、騰訊控股(テンセント)やカナダ「ルルレモン・アスレティカ」の創業者なども出資)がアメアスポーツを買収しました。

Johnson Health Tech(ジョンソン・ヘルス・テック)
1975年に設立されたフィットネス機器メーカーです。トレッドミル、エアロウアー等のエクササイズマシンを手掛けています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました