三菱マテリアルの市場シェアと事業構成の分析

三菱マテリアルは、1871年の九十九商会の炭鉱事業を源流とする三菱グループの中核を担う非鉄金属メーカーです。1990年に三菱金属と三菱鉱業セメントが経営統合し誕生しました。銅開発、セメント、超硬工具、伸銅事業が現在の主力となっております。業歴が長く多くの事業に関わってきており、事業の分社化をし誕生した会社には、シリコンウェハ大手のSUMCO、製缶大手のユニバーサル製缶等があります。超硬分野では、2014年に日立工具を買収し、事業の拡大を図っております。2021年にアルミ事業をアポロへ売却しました。

業績推移(年次)

2020年度は、金属事業は銅価格の上昇もあり増収でしたが、金属事業以外が減収となり、全体では減収となりました。

三菱マテリアルの業績推移

三菱マテリアルの業績推移

業績推移(四半期)

2020年12月期以降は営業利益率の改善が見られます。

三菱マテリアルの四半期業績推移

三菱マテリアルの四半期業績推移

売上構成

金属事業、高性能製品、セメント、加工事業が事業セグメントになります。サブセグメントの事業構成は以下の通りになります。銅鉱山の開発を手掛ける金属事業の売上高が最も大きいくなります。

三菱マテリアルの売上構成(2020年度)

三菱マテリアルの売上構成(2020年度)

セグメント製品詳細
金属鉱山開発・製錬(銅、金、銀)、硫酸
高機能製品銅加工品(押出や圧延)
電子材料xEV材料、半導体関連、多結晶シリコン、電子デバイス
セメントセメント、骨材、生コンクリート
加工超硬工具
環境地熱開発
三菱マテリアルのセグメント別商品

主なM&A

2014年 日立工具を買収
2020年 宇部興産とセメント事業を統合
2021年 SUMCO株式の売却
2021年 アルミ事業をアポロへ売却

株価パフォーマンス

類似会社やインデックスと三菱マテリアルの株価パフォーマンスを比較すると以下の通りとなります。

三菱マテリアルと類似会社の株価パフォーマンス比較

2022年07月03日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

三菱マテリアルの市場シェア

市場シェア

シリコンウエハ業界の世界市場シェアの分析

シリコンウエハ業界の世界市場シェアや業界ランキングや市場規模の情報について分析をしています。信越化学、SUMCO、Siltronic(シルトロニック) 、グローバルウエハーズ 、SKシルトロン といった世界大手シリコンウエハ会社の概要や動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

超硬工具業界の世界市場シェアの分析

超硬工具業界の世界シェアと市場規模について分析をしています。サンドヴィック、IMCインターナショナル、ケナメタル、三菱マテリアルといった超硬工具メーカーの動向も掲載しています。
2022.05.02
市場シェア

金属缶・アルミ缶・スティール缶業界の世界市場シェアの分析

金属缶・金属容器業界の世界シェアと市場規模の分析をしています。ボールコーポレーション、クラウン、東洋製罐、アルダー、シルガン等の大手金属缶・金属容器メーカーの動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

セメント・コンクリート業界の世界市場シェアの分析

セメント・コンクリート業界の世界シェアと市場規模について分析をしています。ラファージュホルシム、中国建材、セメックス、ハイデルブルグ、アンキコンチ、太平洋セメント等の世界大手セメント・コンクリート会社の動向も掲載しています。
2022.04.19