セメント・コンクリート業界の世界市場シェアの分析

セメント・コンクリート業界の世界シェアと市場規模について分析をしています。ラファージュホルシム、中国建材、セメックス、ハイデルブルグ、アンキコンチ、太平洋セメント等の世界大手セメント・コンクリート会社の動向も掲載しています。

セメント・コンクリート業界の世界市場シェア(2020年)

セメント・コンクリート各社の売上高(⇒参照したデータの詳細情報)を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして2020年の市場シェアを簡易に試算しますと、1位は中国建材の11.6%、2位はラファージュホルシムの7.7%、3位はアンキコンチの7.2%となります。

  • 1位 中国建材 11.6%
  • 2位 ラファージュホルシム 7.7%
  • 3位 アンキコンチ 7.2%
  • 4位 ハイデルブルグセメント 6.4%
  • 5位 セメックス 4.0%
  • 6位 太平洋セメント 2.5%
  • 7位 ウルトラテックセメント 1.8%
  • 8位 サイアムセメント 1.7%
  • 9位 冀東セメント 1.6%
  • 10位 CRセメント 1.5%
  • 11位 ホワシンセメント 1.4%
  • 12位 台湾セメント 1.3%
  • 13位 ブッジユニセム 1.2%
  • 14位 山水水泥 1.0%
  • 15位 宇部興産 0.8%
  • 16位 ボトランチンシメントス 0.7%
  • 17位 三菱マテリアル 0.6%
  • 18位 インターセメント 0.5%

2019年の売上高首位は中国建材となっています。生産量と併せて名実ともに世界最大となりました。2位はかつての世界首位であるフランスのラファージュホルシムです。2014年のラファージュとホルシムの経営統合発表後、独占禁止法をクリアするために、重複するエリアのセメント事業の売却を行なっています。3位は中国のアンフィ・コンチです。4位はドイツのハイデルベルクです。トップは欧州勢と中国勢が拮抗しています。

『セメントメーカーの生産量世界ランキングトップ10』に基づき、世界のセメント生産量を約50億トンと仮定して、セメント業界の生産量ベースでの世界市場シェアを計算すると、2018年度の世界首位は、中国建材の10.6%となります。ただし、同社は政府系のセメント会社でもあり、情報開示が限定的なため、同社の生産量は生産キャパシティの可能性があることに留意が必要です。世界2位は、アンフィ・コンチの7%となっています。上位1位と2位が中国勢ということから、中国の国内市場の大きさが改めて実感できます。世界3位は、フランス・スイス系のラファージュホルシムの6%となります。世界4位は、2015年にイタリアのセメント大手であるイタルチェメンティを子会社化したドイツのハイデルベルグセメントがつけています。同社の世界市場シェアは約4%となっています。世界5位は、インドのウルトラテックセメントが追い上げており、ここでも新興国のセメント需要の大きさが実感できます。同社の市場シェアは約2%と計算できます。
出所:『セメントメーカーの生産量世界ランキングトップ10』

市場規模

市場シェアを計算するにあたり、各種統計データを参照し、2020年のセメント・コンクリート業界の市場規模を3286億ドルとしております。

調査会社のリサーチアンドマーケットによると、2020年の同業界の市場規模は3286億ドルを見込みます。2019年の3701億ドルより11.3%減少しましが、2021年から2023年は12%の成長を見込みます。フォーチュンビジネスインサイツによれば、2018年のコンクリートとセメント業界の金額ベースの市場規模は3125億ドルです。トン数ベースでは、調査会社のアイマークによれば、2019年のセメント業界の市場規模は52億トンとなっています。調査会社のリサーチアンドマーケッツによれば、2018年のセメント業界の市場規模は50億トンです。政府系の研究機関であるアメリカ地質調査所によれば、2019年の世界セメント生産量は41億トンです。中国が約5割を占め、2位はインド、3位が米国です。⇒参照したデータの詳細情報

市場規模
(億ドル)
予想成長率
2020328612%
20193701
20183125
セメントとコンクリート業界の市場規模の推移©ディールラボ

業界の再編

セメント・コンクリート業界世界大手同志が経営統合してさらに規模を拡大する流れが続いています。

1994年 住友セメントと大阪セメントが経営統合をして住友大阪セメントが誕生
1994年 小野田セメントと秩父セメントが経営統合をして秩父小野田セメントが誕生
1998年 秩父小野田セメントと日本セメントが経営統合をして太平洋セメントが誕生
2001年 ラファージュによる英ブルーサークルの買収
2006年 セメックスによる豪州Rinker Groupの買収
2007年 ハイデルブルグによる英国Hansonの買収
2007年 ラファージュによるエジプトOracomのセメント子会社買収
2009年 ウルトラテック・セメントによるインドSamruddhi買収
2014年 ラファージュとホルシムの経営統合
2015年 ハイデルブルグによるイタリアのイタルチェメンティ買収
2016年 ウルトラテック・セメントによるJaiprakash Associateのセメント事業買収
2017年 中国建材集団と中国中材集団が経営統合

セメントとコンクリート主原料と作り方

セメントの工程は、原料工程、焼成・仕上工程に大きく分かれる設備投資産業です。セメントの種類には、汎用的なポルトランドセメントに加え、混合セメントや高炉セメント等の派生セメントも多くありますが、セメント自体の製品の差別化は難しいと言われ、原価にしめる原材料の調達力の強化や製造コスト(燃料費)の効率化が経営上重要となります。なお、セメントの主原料は、石灰石、珪石、粘土等です。

セメントの用途の多くは、コンクリートです、生コンクリート(ready-mix concrete)はセメント、水、骨材の組み合わせで作られます。骨材は、英語でaggregates(アグリゲイツ)と言われ、砕石、砂利、砂などが代表的な骨材です。ほとんどの骨材は、採石場から硬い岩石を発破し、それを抽出して粉砕することで製造されます。

世界の主要セメント・生コン会社の一覧

LafargeHolcim(ラファージュホルシム)

仏セメントメーカーのラファージュとスイスのホルシムが2014年に経営統合をして誕生した世界最大級のセメントメーカーです。旧ラファージュは日本では麻生セメントと提携しています。

Cemex(セメックス)

メキシコを本拠にするセメントメジャーの一角です。積極的な買収で世界展開を行っています。

HeidelbergCement(ハイデルブルグセメント)

独世界的な大手セメントメーカーです。2015年にイタリアのイタルチェメンティ買収を発表しました。

Italcementi(イタルチェメンティ)とは
伊大手セメント会社です。セメントメジャーの一角です。2015年にドイツのハイデルブルグとの経営統合を発表しました。

太平洋セメント

1998年に秩父小野田セメントと日本セメントが合併して誕生した日本最大手のセメント会社です。

宇部三菱セメント

宇部興産と三菱マテリアルのセメント事業が2020年に経営統合して誕生しました。日本国内では太平洋セメントに次いで2番目の規模のセメント会社となります。

三菱マテリアルについて

三菱マテリアルは、1871年の九十九商会の炭鉱事業を源流とする三菱グループの中核を担う非鉄金属メーカーです。1990年に三菱金属と三菱鉱業セメントが経営統合し誕生しました。銅開発、セメント、超硬工具、伸銅事業が現在の主力となっております。業歴が長く多くの事業に関わってきており、事業の分社化をし誕生した会社には、シリコンウェハ大手のSUMCO、製缶大手のユニバーサル製缶等があります。超硬分野では、2014年に日立工具を買収し、事業の拡大を図っております。さらに詳しく...

China National Building Material(中国建材)

セメントや建材事業を行う中国政府系セメント最大手級です。生産量ではセメントメジャーを凌駕しています。2017年に石灰石等の生産を行う政府系のSINOMA(中国中材水泥有限責任公司)との経営統合を発表しました。

Anhui Conch Cement(安徽海螺水泥、アンキコンチセメント)

安徽省に本拠を置く中国大手セメントメーカーです。中国建材と覇を競っています。香港証券取引所に上場しました。

Jidong Cement(唐山冀東セメント)

中国河北省の大手セメント会社です。 政府系のJidong Development Group(冀東発展集団有限責任公司)傘下です。中国の北東部では最大規模のセメント会社です。

China Shanshui Cement (中国山水水泥集団)

山東省に本拠を置くセメントメーカーです。2015年後半にグループ会社の社債のデフォルトを発表しましたが、再建に成功し、現在は中国北東部を中心に事業を拡大しています。

Huaxin Cement (华新水泥股份有限公司、中国)

武漢に本拠を置く中国大手セメントメーカーです。上海証券取引所に上場しています。

CR Cement(華潤セメント)

中国のインフラ・飲料等を手掛ける大手コングロマリットChina Resources傘下のセメント会社です。香港証券取引所に上場しています。

Taiwan Cement Corp(台湾水泥股份有限公司)

1946年に設立された台湾最大手のセメント会社です。主に中国でセメントを生産しています。台湾証券取引所に上場しました。

Ultratech Cement(ウルトラテックセメント)

インド大手財閥のAditya Birla Group(アディティア・ビルラ・グループ)のGrasim Industries(グラシム・インダストリーズ)傘下のインド最大のセメント会社です。

Siam Cement(サイアムセメント)

タイの建材等を手掛けるコングロマリットです。セメント事業はタイ最大手です。タイ王室が出資をしています。

Votorantim Cimentos(ボトランチンシメントス)

1933年に設立されたブラジル最大のセメントグループです。ブラジルの大手財閥のVotorantimグループに属しています。

InterCement(インターセメント)

1974年に設立されたブラジルに本拠を置くセメント会社です。2021年にポルトガル最大手のセメント会社であるCIMPOR(シンポール)を買収しました。

Buzzi Unicem(ブッジユニセム)

1999年にBuzziCementiとUnicemが経営統合して誕生したイタリアに本拠を置くセメント大手です。欧州及び米国の東海岸にセメント工場を保有しています。

Eurocement(ユーロセメント)

ロシア最大のセメント・コンクリートメーカーです。スイスに統括本社を置きます。

中国駐在(Sinoma、チャイナ・ナショナル・マテリアル)

中国の建機建材メーカー大手です。セメント分野も拡大しています。

参照したデータの詳細情報について


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さい。
会員登録はこちらです。