BOEテクノロジー(京東方科技)の市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

BOEテクノロジー(京東方科技)の市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

BOE(京東方科技集団)は、1951年に北京電子管廠として設立された、中国重慶に本拠を置く政府系の大手液晶・有機ELパネルメーカーです。サムスン電子との取引が多いです。モニターやノートパソコン、タブレット向けの液晶パネルに強みを持っています。第10.5世代の大型パネル工場(合肥)や武漢で工場を設立しました。有機ELにも注力しており、重慶に約8千億円の有機ELパネル工場の新設をしています。

業績推移(年次)

2021年度
売上高は前年度比61.79%増の219,310百万元になりました。営業利益は前年度比473.34%増の34,525百万元になりました。コロナ禍でパネルを使うパソコンやタブレット端末の需要が増えたことに加え、米中対立から、中国スマホ大手が中高級機種向けにBOE製の採用を増やしたことが増収増益の主因です。

BOEテクノロジーの業績推移
BOEテクノロジーの業績推移

業績推移(四半期)

2022年第2四半期(4-6月)
売上高は前年同期比-29.50%の41,134百万元になりました。営業利益は前年同期比-95.22%の561百万元になりました。営業利益率は1.36%になりました。

2022年第1四半期(1-3月)
売上高は前年同期比0.40%増の50,476百万元になりました。営業利益は前年同期比-42.88%の4,251百万元になりました。営業利益率は8.42%になりました。

2021年第4四半期(10-12月)
売上高は前年同期比65.46%増の56,031百万元になりました。営業利益は前年同期比39.49%増の5,060百万元になりました。

BOEテクノロジーの四半期業績推移

BOEテクノロジーの四半期業績推移

EPS成長(年次)

業績の回復を反映して、2021年度の希薄化後EPSは増加しています。

BOEテクノロジーの希薄化後EPSの推移
BOEテクノロジーの希薄化後EPSの推移

売上構成

ディスプレイ、スマートIoT、スマート医療が主要セグメントになっています。

セグメント別売上構成(2021年度)
セグメント別売上構成(2021年度)

M&A(合併買収)

  • 2021年 南京中電熊猫信息産業集団有限公司(CECパンダ)の液晶パネル工場を買収

株主構成

中国政府が筆頭株主なっています。

株主構成(直前期末時点)
株主構成(直前期末時点)

直近1年間の株価リターン

BOEテクノロジーとインデックスのリターン比較

2022年09月29日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

液晶パネルと有機ELディスプレイ業界の世界市場シェアの分析

液晶パネル(LCD)と有機ELディスプレイ(OLED)業界の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模について分析をしています。液晶パネル分野では、中国のBOEテクノロジー(京東方科技)など中国勢による巨額の設備投資によって、サムスン・LGの韓国勢やホンハイ・AUOの台湾勢が劣勢です。日本勢は中小液晶パネル分野のジャパンディスプレイが再建途上です。有機ELディスプレイでも、先行する韓国勢に中国勢が追い上げを図ります。日本勢の巻き返しが期待されます。