昭和電工の事業構成と事業商品別の市場シェアの分析

昭和電工は、1939年に設立された日本を代表する化学・素材メーカーです。戦前は森コンツェルンの中核企業でした。また設立の経緯から味の素グループとも関係が深い会社です。2020年に日立化成を買収し、日立化成は昭和電工マテリアルズとなりました。石油化学、産業ガス、高純度ガス、アルミニウム圧延、ハードディスク、黒鉛電極、パワー半導体用SiCエピウェハ、LED、モーター用のレアアース磁石合金、リチウムイオン電池材料、セラミックス製品、工業薬品など幅広い分野を手掛けています。黒鉛電極の分野では、2012年に中国のSinosteel(中国中鋼集団)より傘下の四川炭素(Sichuan Carbo)、2016年にドイツのSGLカーボンより黒鉛電極事業を買収しました。2020年の黒鉛電極の年間生産量は21万トンです。アルミ缶事業も手掛けています。

昭和電工と日立化成の売上構成
昭和電工の2019年度の売上構成

昭和電工の2019年度の売上構成
©ディールラボ

日立化成の2019年度の売上構成

日立化成の2019年度の売上構成
©ディールラボ

事業別の商品構成

昭和電工

石油化学事業エチレン、プロピレン、酢酸ビニルモノマー、酢酸エチル、アリルアルコール
無機事業黒鉛電極、研削研磨材、ファインセラミックス、合成樹脂エマルジョン、不飽和ポリエステル樹脂、工業用フェノール樹脂、液化炭酸ガス、ドライアイス、酸素、窒素、水素、アンモニア、アクリロニトリル、アミノ酸、苛性ソーダ、塩素、合成ゴム、エレクトロニクス向け特殊ガス・機能薬品
エレクトロニクスハードディスク、化合物半導体(LED)、レアアース磁石合金
アルミニウムコンデンサー用高純度箔、レーザービームプリンター用シリンダー、飲料用缶
その他リチウムイオン電池材料

日立化成(現昭和電工マテリアルズ)

先端部品樹脂成形品、摩擦材、粉末冶金、蓄電デバイス、車両用電池、産業用電池・システム、キャパシタ、配線板、診断薬
機能材料半導体用エポキシ封止材、半導体用ダイボンディング材料、半導体回路平坦化用研磨材料、絶縁用ワニス、負極材、粘着フィルム、ディスプレイ用回路接続フィルム、タッチパネル材料、銅張積層板、感光性フィルム

更に昭和電工に詳しくなるためのお薦めの書籍
昭和電工成立史の研究

昭和電工の事業・商品別の市場シェアが分析されているページ一覧
市場シェア

負極材業界の世界市場シェアの分析

負極材業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしております。負極材大手メーカーである璞泰来(プータイライ)、BTR、杉杉集団、昭和電工マテリアルズ、三菱ケミカルの動向も記載しております。
2021.09.27
市場シェア

ゴルフカート業界の世界市場シェアの分析

ゴルフカートメーカーの世界市場シェア、市場規模や業界ランキングについて分析をしています。インガソール・ランド、テキストロン、ヤマハ、昭和電工マテリアルズ(旧日立化成)といった世界大手ゴルフカートメーカーの概要や動向も掲載しています。
2021.09.18
市場シェア

金属缶(アルミ缶・スティール缶)業界の世界市場シェアの分析

金属缶・金属容器業界の世界シェアと市場規模の分析をしています。ボールコーポレーション、クラウン、東洋製罐、アルダー、シルガン等の大手金属缶・金属容器メーカーの動向も掲載しています。
2021.06.12
市場シェア

黒鉛電極業界の世界市場シェアの分析

黒鉛電極メーカーの世界市場シェアと市場規模について分析を行なっています。グラフテック、方大炭素、SGL、昭和電工、東海カーボン等の主要な黒鉛電極メーカーの概要も掲載しています。
2021.09.18