ヤマハ発動機の市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

ヤマハ発動機の市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

ヤマハ発動機は、1955年に設立された日本を代表する輸送機メーカーです。楽器を手掛けるヤマハとは源流が同じ兄弟会社です。バイク、プレジャーボート、オフロード車、スノービークル、電動アシスト自転車、ゴルフカートなど幅広い輸送機を手掛けていることが特徴です。

業績推移(年次)

2021年度
売上高は、二輪車事業が好調で、前年度比23%増の1兆8,124億円、営業利益は1,793億円と増収増益でした。

2020年度
売上高は1兆4,713億円(前期比11.6%減少)、営業利益は817億円(同29.2%減少)とコロナ禍の影響を受け減収減益となりました。

ヤマハ発動機の業績推移
ヤマハ発動機の業績推移

業績推移(四半期)

2021年第2四半期(4-6月)
売上高は前年度比21.89%増の587,180百万円になりました。営業利益は59.45%増の62,340百万円になりました。営業利益率は10.62%になりました。

2021年第1四半期(1-3月)
売上高は前年度比7.08%増の481,747百万円になりました。営業利益は44.76%増の39,098百万円になりました。営業利益率は8.12%になりました。

2021年第4四半期(10-12月)
前年同期比増収減益となりました。二輪車の排ガス浄化用のロジウム価格の上昇が減益の主因です。参照【ロジウム採掘生産会社の世界市場シェアの分析

ヤマハ発動機の四半期業績推移

ヤマハ発動機の四半期業績推移

EPS成長

2021年度の希薄化後EPSは増加しました。

ヤマハ発動機の希薄化後EPSの推移
ヤマハ発動機の希薄化後EPSの推移

業績予想

今期の売上高は2,200,000百万円、営業利益は200,000百万円、営業利益率は9.09%、1株配当は115円を見込みます。前期比、増収増益で配当は同額となります。

2021年第2四半期(4-6月)
売上高の業績予想に対するの進捗率は48.59%です。営業利益の業績予想に対する進捗率は50.72%です。営業利益率は予想より0.40%上回っています。

セグメント別の売上構成

ヤマハ発動機のセグメント別売上構成(2021年度)

ヤマハ発動機のセグメント別売上構成(2021年度)

ランドモビリティ:二輪車、中間部品、海外生産用部品、四輪バギー、レクリエーショナル・オフハイウェイ・ビークル、スノーモビル、電動アシスト自転車、自動車用エンジン、自動車用コンポーネント を手掛けています。
マリン:船外機(ボートエンジン)、水上バイク、レジャーボートに強みを持ちます。水上バイクはマリンジェットの商標で展開しています。船外機の分野ではブランズウィック(Brunswick)のマーキュリー、スズキ、ホンダ、トーハツ、BRPのエピンルード(2020年に生産中止を発表)と競合しております。ボートではヤンマー、トヨタ、トーハツ、スズキ、水上バイクではBRPやカワサキと競合しております。
ロボティクス:サーフェスマウンター、半導体製造装置、産業用ロボット、産業用無人ヘリコプターを手掛けています。
金融サービス:販売金融及びリースを手掛けています。
その他:ゴルフカー、発電機、汎用エンジン、除雪機、電動車いすを手掛けています。ゴルフカートの販売台数は年間6万台超。台数ベースのシェアでは日本最大です。

製品別の売上構成

製品別ではバイクの割合が最も大きく、船外機(ボートエンジン)、レジャーボートと続きます。

ヤマハ発動機の製品別売上構成(2021年度)

ヤマハ発動機の製品別売上構成(2021年度)

直近のM&A(合併買収)

2021年 スマートフォンでボート情報を確認できるサービスを提供するサイレンマリンを買収
2019年 半導体製造装置メーカーの新川を買収
2019年 半導体製造装置メーカーのアピックヤマダを買収

株主構成

兄弟会社のヤマハとトヨタ自動車が大株主となっています。

ヤマハ発動機の株主構成(直前期末時点)
ヤマハ発動機の株主構成(直前期末時点)

直近1年間の株価リターン

ヤマハ発動機とインデックスの株価リターン比較

2022年09月28日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

船外機業界の世界シェアと市場規模

船外機(小型ボート向けの外付け可能なエンジン)の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。ブランズウィック、ヤマハ発動機、スズキ、トーハツといった船外機メーカー大手の概要や動向も記載しております。
市場シェア

ゴルフカート業界の世界市場シェアの分析

ゴルフカートメーカーの世界市場シェア、市場規模や業界ランキングについて分析をしています。インガソール・ランド、テキストロン、ヤマハ、昭和電工マテリアルズ(旧日立化成)といった世界大手ゴルフカートメーカーの概要や動向も掲載しています。
グロースラウンド

電動バイク・スクーター・キックボードのカオスマップ

電動バイクや電動スクーター、キックボード業界のカオスマップと資金調達累積額の分析を行っています。電動バイクやスクーターの製造分野では中国や台湾メーカーの躍進が続きます。一方でシェアリングやレンタルの分野では国毎の規制に基づいたスタートアップが資金調達を活発化させています。ライム、バード、ゴゴロ、ティア、オラエレクトリック、バウンス、Ather Energy、VanMoof、ヒーローエレクトリック、Niu、カウボーイ、スーパーソコ、Luupといったスターアップに加え、伝統的なバイクメーカー(ホンダ、ヤマハ、BMW、ハーレー)等の動向や電動バイクの市場規模の情報を記載しています。
市場シェア

自転車業界の世界市場シェアの分析

自転車業界の世界シェアランキングと市場規模について分析をしています。ジャイアント、メリダ、ドレル、シマノ、アクセルグループ等の世界の主要な自転車メーカーの動向も掲載しています。
市場シェア

ヨット・クルーザー・ボート業界の世界シェアと市場規模

ヨット・クルーザーやプレジャーボートメーカーの世界市場シェアと市場規模について分析をしています。ヤマハ、川崎重工、ブランズウィック、アジムット・ベネッティ、サンロレンツォ、フェレッティヨット、ボンバルディア・レクレーショナル・プロダクツ、サンシーカーといった大手ヨットやプレジャーボートの動向も掲載しています。
市場シェア

バイク業界の世界市場シェアの分析

バイク・オートバイ・二輪車メーカーの世界市場シェアや市場規模を分析しています。ホンダ、ヤマハ、ヒーロー、バジャージ、ハーレー・ダビッドソン、BMW、TVSモーターといった世界大手の二輪車メーカーの概要や動向も掲載しています。