産業用ロボット業界の世界市場シェアの分析

産業用ロボット業界の世界市場シェア、市場規模と再編について分析しています。ファナック、安川、ABB、クーカ、川崎重工業、三菱電機、ストーブリ、コマウ等、産業用ロボット大手の得意分野や概略も掲載しています。

世界シェア

2018年度の「産業用ロボットメーカーの世界売上高ランキングトップ9の分析」に記載されている、産業用ロボット大手メーカーの売上高を分子に、市場規模を分母として産業用ロボット各社の世界市場シェアを計算すると、1位はABBの22.4%、2位はファナックの20.6%、3位は安川電機の13.3%となります。

産業用ロボット市場シェア

  • 1位    ABB    22.4%
  • 2位    ファナック    20.6%
  • 3位    安川電機    13.3%
  • 4位    クーカ    12.1%
  • 5位    川崎重工業    6.4%
  • 6位    ストーブリ    3.9%
  • 7位    コマウ    3.9%
  • 8位    エプソン    0.6%
  • 9位    Siasun    0.3%

2018年度の産業用ロボット業界の世界市場シェアは、1位がスイスの重電メーカー大手であるABB、2位がコンピューター制御分野に強い日本のファナック、3位が同じく日本の安川電機、4位が、現在は中国の美的集団グループ傘下企業となってるドイツのクーカとなっています。安川電機は、モーションコントロール技術を活かして、ロボットに必要なサーボモータやインバータを内製しています。
5位は、シリコンウェアの搬送ロボットに強い日本の川崎重工業が伸ばしており、6位の繊維機器メーカー発祥であるスイスのストーリブを抜いています。7位には、イタリアのフィアットクライスラー(FCA)傘下のコマウ、8位は日本のエプソン、9位が中国最大手の瀋陽新松(Siasun)となります。

市場規模

当サイトでは、調査会社等の公表データを参考にし、産業用ロボット業界の2019年の世界市場規模を330億ドルとして市場シェアを計算しています。参考したデータは以下の通りです。
調査会社のマーケッツアンドマーケッツの予測では、同業界の2019年の世界市場規模は487億ドルとなっています。一方で調査会社のフォーチュンビジネスインサイツによれば2018年の市場規模は188億ドルです。なお、年間生産台数は世界供給台数が約25万台程度、稼働台数ベースでは150万台程度と言われています。世界市場規模の推移をみると、2008年は約11万台、2016年には約25万台を超える水準になっており、平均成長率は約4%です。今後も、中国の自動車や電機メーカーによる産業用ロボットへの積極的な投資が見込まれ、市場は拡大するものと思われます。

産業用ロボットの種類

産業用ロボットには大きく分けて垂直多関節ロボット、水平多関節ロボット、直交ロボット、パラレルリンクロボットの4種類あり、それぞれ得意とする領域が異なります。自動車や電機メーカーの工場で使用される多のは関節産業用ロボットです。産業用ロボットは、工場内で塗装、組立、研磨、切断、搬送、溶接、測定、検査等の作業を担い、生産のサポートを行っています。

部品の種類

産業用ロボットを製造するにあたり、中核部品は、精密減速機、トルク・速度・位置制御に必要なサーボモーター、コントローラーシステム、機械本体の4つであると言われています。これらの中核部品の組み合わせには長年のノウハウが必要で、また工場の設備であることから、迅速なメンテナンス体制等が求められます。

精密減速機の分野では、大型の産業用ロボットに使用されるRV減速機に強い日本のナブテスコと、小型の産業用ロボットに使用される波動歯車装置に強いハーモニック・ドライブ・システムズ、住友重機械工業が世界トップ3で、4位であるスロバキアのスピネア(Spinea)を大きく引き離しています。近年、減速機の分野では、RV減速機で中国の南通振康机械有限公司(NANTONG ZHENKANG MACHINERY)、波動歯車装置で蘇州緑的諧波(Leaderdrive、リーダードライブ)が存在感を示しています。

用途ごとに得意とする産業用ロボットメーカーが異なる点には注意が必要でしょう。例えば、溶接系(アーク溶接やスポット溶接)では、産業用ロボット4大メーカーのファナック、安川、ABB、クーカが強いものの、液晶ガラスの搬送ロボットでは、川重、Brooks Automation、日本電産サンキョー、安川の4社がほぼ市場を席巻しています。また、産業用ロボットの基幹部品(パソコンでいうCPU)で、内製化が難しいと言われている精密減速機は、日本のナブテスコが世界シェア首位です。

業界の再編

現状、産業用ロボットの業界再編はほとんど起きていませんが、今後中国系のメーカーが工場自動化(ファクトリーオートメーション化)をめざし、海外企業の買収を狙う可能性は十分にあります。

2016年 美的集団がドイツの産業用ロボット四天王の一角であるクーカを買収

業界の参考書