三菱ケミカルの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

三菱ケミカルの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

三菱ケミカルホールディングスは、日本の最大手の化学メーカーです。三菱レイヨンや大陽日酸を買収し、機能性化学分野の強化を図っています。アクリル樹脂の分野では、ダウケミカルやエボニックといった、大手化学メーカーを抑え、世界最大級の規模となっています。また、炭素繊維分野では、傘下の三菱レイヨンがパイロフィルの商標で炭素繊維を世界展開し、自動車会社とも開発を加速させています。電池材料では、正極材からは撤退し、電解液と負極材を強化しています。水処理膜事業では、MBR膜に強く、ステラポアーブランドで展開をしています。

2020年の事業戦略において、今後の戦略領域として、積層セラミックコンデンサ向けの高機能フィルム、生分解性ポリマー、食品包装フィルム(エチレン・ビニルアルコール共重合樹脂)、養殖向け酸素ガス、食品成分、インプラント材料、エンプラ、炭素繊維複合材料、産業ガス、アクリル樹脂、医療用医薬品、Muse細胞等の再生医療があげられています。

業績推移(年次)

2021年度
売上高は前年度比22.08%増の3,976,948百万円になりました。営業利益は538.06%増の303,194百万円になりました。営業利益率は7.62%になりました。ポリマーズ&コンパウンズサブセグメントにおける自動車向け等の販売数量が増加したことなど、需要の回復が鮮明となり、原材料費の増加をこなしました。その結果前年度比増収増益になりました。

2020年度
売上高は、前年度に比べ3,230億円減(マイナス9.0%)の3兆2,575億円となりました。営業利益は非経常項目においてヘルスケア分野に関連する減損損失等を計上したことにより前年度に比べ968億円減(マイナス67.1%)の475億円となりました。

三菱ケミカルの業績推移

三菱ケミカルの業績推移

業績推移(四半期)

2021年度第4四半期(1-3月)
売上高は前年同期比19.35%増の1,076,654百万円になりました。営業利益は81.57%増の84,957百万円になりました。営業利益率は7.89%になりました。

2021年度第3四半期(10-12月)
増収増益となりました。樹脂などの自動車用部材や電子部品向けフィルムが好調でした。

三菱ケミカルの四半期業績推移

三菱ケミカルの四半期業績推移

業績予想

今期の売上高は4,436,000百万円、営業利益は277,000百万円、営業利益率は6.24%、1株配当は30円を見込みます。減収減益に加え配当は前年維持となります。

EPS・1株配当・配当性向の推移

希薄化後EPSは124.68円になりました。1株当たりの配当は前年度比25.00%増の30.00円になりました。配当性向は24.06%になりました。

三菱ケミカルのEPS・1株配当・配当性向の推移

三菱ケミカルのEPS・1株配当・配当性向の推移

売上構成

機能商品、ケミカルズ、産業ガス、ヘルスケアが主力セグメントです。

セグメント別売上構成(2021年度)

セグメント別売上構成(2021年度)

機能商品
ポリマーズ&コンパウンズ
:パフォーマンスポリマーズ、サステイナブルポリマーズ、アセチルポリマーズ、コーティング材、添加剤・ファイン

フィルムズ&モールディングマテリアルズ:パッケージング、工業フィルム、ポリエステルフィルム、炭素繊維、アドバンスドマテリアルズ、アルミナ繊維

アドバンストソリューションズ:アクア・インフラ、ライフソリューション、半導体、エレクトロニクス、電池材料

ケミカルズ
MMA、石化(石化基盤、ポリオレフィン、基礎化学品)、炭素

ヘルスケア
医薬品、ライフサイエンス

その他
エンジニアリング、運送及び倉庫業

三菱ケミカルの主要なM&A

2014年 大陽日酸(日本酸素ホールディングス)を子会社化
2016年 北米のエンジニアリングプラスチック加工会社であるPiper Plasticsを買収
2017年 イタリアの炭素繊維複合材料メーカーであるCPCを買収
2018年 Praxair社の欧州事業を49億ユーロで買収
2018年 半導体製造装置洗浄会社であるドイツのCleanpart Groupを買収
2019年 独リンデの北米HyCO事業の一部を買収
2020年 Siケミカル・金属化合物メーカーGelestを買収
2021年 結晶質アルミナ繊維事業をApollo Global Managementへ売却

株価リターン

三菱ケミカルとインデックスの株価リターン比較

2022年05月26日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

負極材業界の世界市場シェアの分析

負極材業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしております。負極材大手メーカーである璞泰来(プータイライ)、BTR、杉杉集団、昭和電工マテリアルズ、三菱ケミカルの動向も記載しております。
2022.04.19
市場シェア

電解液業界の世界市場シェアの分析

電解液業界の世界市場シェアと市場規模の分析をしています。電解液大手の広州ティンチマテリアルテクノロジー、キャプチェム・テクノロジー、MUアイオニックソリューションズ(宇部興産と三菱ケミカルの合弁会社)、ドンワーエンタープライズ、三井化学の動向を記載しています。
2022.04.19
市場シェア

アクリル樹脂原料メチルメタクリレート業界の世界市場シェアの分析

アクリル樹脂原料(メチルメタクリレート(MMA))業界の世界市場シェアと市場規模の分析をしています。三菱ケミカル、ローム、ダウ、住友化学、LG化学といったアクリル樹脂原料大手メーカーの概要や動向も掲載しています。またMMAを原料とするポリメチルメタクリレート(PMMA、MMAポリマー)についても、大手メーカーの概要を掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

化学業界の市場シェア・売上高ランキング・市場規模・再編の分析

化学業界の市場シェア・売上高ランキング・市場規模・再編について分析をしています。中国中化(シノケム)、BASF 、ダウ、デュポン 、Sinopec(シノペック)、SABIC(サウジ基礎産業公社)、ライオンデルバセル、三菱ケミカルといった世界の主要化学メーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.05.19
市場シェア

炭素繊維業界の世界市場シェアの分析

炭素繊維メーカーの世界市場シェア、業界ランキング、市場規模やM&Aによる再編について分析をしています。東レ、帝人、三菱ケミカルの御三家に対してドイツのSGLカーボン、台湾プラスチック、米ヘクセル、中国の中複神鷹や中恒炭素繊維などが攻勢をかけています。
2022.04.19
市場シェア

産業・工業用ガスの市場シェア・売上高ランキング・市場規模・業界再編の分析

産業・工業用ガス業界の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模・M&A(合併買収)について分析をしています。エア・リキードが米国のエアガスを買収、リンデとプラクスエアの合併により、グローバルプレーヤー上位2社が覇権を競う時代になりました。
2022.05.20