BASFの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

BASFの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

BASFは、1865年に設立された世界最大級の独化学メーカーです。バイエル、ヘキスト(現サノフィ・アヴェンティス)と並ぶドイツ三大化学メーカーの一角となっています。BASFとはバーデン・アニリン・ウント・ソーダ(Badische Anilin- und Soda-Fabrik)の略です。BASFの読み方はバスフでなく、ビーエーエスエフです。アンモニアの量産を可能にしたハーバー・ボッシュ法を発明したことでも有名です。化学業界の売上高ランキングでは、世界1位の座が定番の総合化学の雄と言えます。現在は、石油化学品、高性能製品、機能性材料、農薬事業を展開しています。

業績推移(年次)

2021年度
売上高は、幅広い業界で需要が回復し、前年度比33%増の786億ユーロとなりました。化学品の値上げが貢献し、営業利益も回復、増収増益になりました。

2020年度
売上高は、2019年と同水準の59,149百万ユーロとなりました。EBITDAマージンが2017年以降減少しています。

BASFの業績推移
BASFの業績推移

業績推移(四半期)

2022年第1四半期(1-3月)
売上高は前年同期比18.98%増の23,083百万ユーロになりました。営業利益は20.51%増の2,785百万ユーロになりました。営業利益率は12.07%になりました。

BASFの四半期業績推移

BASFの四半期業績推移

EPS成長(年次)

好調な業績を反映し、2021年度の希薄化後EPSは大幅に増加しました。

BASFの希薄化後EPSの推移
BASFの希薄化後EPSの推移

EPS成長(四半期)

2022年第1四半期(1-3月)
希薄化後EPSは前年同期比-28.34%の1.34ドルになりました。

BASFの希薄化後EPS(四半期)の推移

BASFの希薄化後EPS(四半期)の推移

セグメント及び製品別の売上構成

セグメント別売上構成

BASFの売上構成(2021年度)
BASFの売上構成(2021年度)

製品別売上構成

BASFのサブセグメント別売上構成(2021年度)
BASFのサブセグメント別売上構成(2021年度)

化学事業
基礎化学品を中心に洗剤、プラスチック、繊維等の原材料を提供しています。化学業界における世界市場シェアは最上位に位置しています。2000年に英蘭ロイヤルダッチシェアのポリオレフィンポリマー事業と事業統合して、バセル社(ライオンデルバセルの前身)が誕生しています。塩化ビニル業界の世界シェアではイノビンが上位に位置します。

ニュートリション事業
安定剤、着色剤、ビタミンといった食品成分、アロマ成分といった香料原料、食品添加物、飼料添加物を取り扱っています。

ケアケミカル事業
界面活性剤、乳化剤、ポリマー、油性剤、キレート剤、化粧品有効成分および紫外線吸収剤といったパーソナルケア、ホームケア、業務用洗浄などの原料を提供しています。

分散剤(ディスパージョン)や樹脂事業
水系システムの接着剤、シーラント、建築用塗料、紙用コーティング材、建設資材、および不織材料に使われる分散剤やポリウレタン樹脂、紫外線(UV)硬化樹脂、電子線(EB)硬化樹脂、アミノ樹脂、アクリル樹脂、アルデヒド樹脂、塩ビ共重合体及び非石化由来原料を使用したポリオールといった樹脂を開発提供しています。

パフォーマンスケミカル事業
プラスチック添加剤や燃料・潤滑剤のソリューションを提供しています。

機能性材料事業
ポリウレタン、エンジニアリングプラスチック、生分解性コポリエステル等を提供しています。

モノマー事業
MDI、TDI、カプロラクタム、アジピン酸、ポリアミド 6 および 66、アンモニア、硝酸、硫化物製品、塩化物製品、無機塩、尿素、メラミン、接着剤・樹脂などを提供しています。

サーフェステクノロジー事業
移動体排ガス用触媒、自動車用触媒、バッテリー材料、自動車用塗料の製品を提供しています。塗料や高吸水性樹脂の世界市場シェアでは、上位に位置しています。2016年にコイルや壁紙向けの工業用塗料事業をアクゾノーベルに売却し、自動車用や装飾用塗料に注力する方針です。

農業ソリューション事業
殺菌剤、除草剤、殺虫剤や種子の開発製造を行い、農薬や種子分野で上位に位置しています。

石油ガスの権益開発事業について
石油やガスの権益開発では、子会社のWintershall(ウィンターシャル)を通じて行っていました。ドイツ国内では最大級の石油・ガス開発会社で、ロシアのガズプロムと協業をし、ノルドストリーム2にも出資しています。2017年にドイツのDEAとの経営統合を発表しました。

M&A(合併買収)

製品や地域補完性などの観点から積極的にM&Aを推進しています。

2000年 医薬品部門をアボット・ラボラトリーズに売却
2000年 Wyethの農薬事業を買収
2004年 アヴェンティスの農薬事業を買収
2005年 メルクの電子部品事業を買収
2009年 Cibaを買収
2016年 アクゾノーベルに工業用塗料部門を売却
2016年 表面処理メーカーのシェメタル社を買収
2017年 石油・ガスの上流開発を担うWintershall(ウィンターシャル)をドイツDEAと統合
2018年 バイエルから除草剤のリバティリンクや野菜種子のNunhemを買収
2019年 スポーツ施設材料を手掛ける建設化学品事業MBCCをローンスターに売却
2019年 顔料事業をDICへ売却
2019年 ポリアミド事業をソルベイから買収
2021年 カオリン鉱物事業をKaMinへ売却

直近1年間の株価リターン

BASFとインデックスの株価リターン比較

2022年07月03日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

水処理薬品・機器業界の世界市場シェアの分析

水処理薬品・機器業界の世界シェアや市場規模について分析をしています。エコラボ、ザイレム、ケミラ、栗田工業、エボクアといった世界の大手水処理薬品・機器会社の動向も掲載しています。
2022.06.12
市場シェア

塩化ビニル(塩ビ)業界の世界市場シェアの分析

塩化ビニル(塩ビ)業界の世界シェアと市場規模について分析をしています。信越化学、台湾プラスチック、オキシビニール、イノビンといった塩ビ大手メーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

化学業界の市場シェア・売上高ランキング・市場規模・再編の分析

化学業界の市場シェア・売上高ランキング・市場規模・再編について分析をしています。中国中化(シノケム)、BASF 、ダウ、デュポン 、Sinopec(シノペック)、SABIC(サウジ基礎産業公社)、ライオンデルバセル、三菱ケミカルといった世界の主要化学メーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.05.19
市場シェア

高吸水性樹脂業界の世界市場シェア

高吸水性ポリマー(SAP)業界の市場シェア、市場規模について分析をしています。シンフォミクス、BASF、Evonik、住友精化がビッグ4です。
2022.04.19
市場シェア

種苗・種子業界の市場シェア・売上高ランキング・規模・再編の分析

種苗・種子会社の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模・M&A(合併買収)について分析。シンジェンタ 、モンサント、ヴィルモラン、コルテバ・アグリサイエンスなど種苗会社の概要も掲載。バイエルによるモンサント買収など、種子の業界は大再編時代へ。
2022.04.24
市場シェア

農薬業界の市場シェア・売上高ランキング・規模・再編の分析

農薬業界の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模・M&A(合併買収)について分析をしています。2015年以降、バイエルによるモンサント買収、ダウとデュポンの経営統合とコルテバ・アグリサイエンスの誕生、ケムチャイナのシンジェンタ買収などによって業界順位が大きく変動しています。
2022.05.19
市場シェア

塗料・コーティング業界の世界市場シェアの分析

塗料・コーティング業界の世界市場シェアランキングと市場規模について分析しています。アクゾノーベル 、PPGインダストリーズ 、シャーウィン・ウイリアムズ 、アクサルタ、関西ペイント、日本ペイントといった世界大手の塗料メーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.05.12