ダウの製品別の市場シェア分析

1897年にHerbert Henry Dow氏によって設立された米国に本拠を置く世界最大級の総合化学メーカーです。祖業は漂白剤と臭化カリウムです。その後、ユニオンカーバイド(Union Carbide)やローム・アンド・ハースの買収を通じて事業を成長しました。2015年に米同業のデュポンと経営統合しましたが、2019年に素材事業を担う新生ダウ、特殊産業材のデュポン、農薬のコルテバアグリサイエンスへと分社化されました。シリコーンはダウシリコーンが展開しています。コーティング剤、プラスチック、アクリル樹脂原料・メチルメタクリレートにも強みを持ちます。

業績推移(年次)

2020年度の売上高は385億ドルとなり、2019年度の430億ドルから10%減少しました。これは、COVID-19パンデミックが経済や需給のファンダメンタルズに与えた影響を反映したもので、すべての地域と事業セグメントで減少しました。現地通貨ベースで7%、数量ベースで3%の減少となりました。営業利益はコスト削減効果もあり黒字化しました。

ダウの業績推移(FY2016-2020)

ダウの業績推移(FY2016-2020)

業績推移(四半期)

2021年第2四半期(7-9月)は、機能性プラスチックや産業用中間体の価格が上昇し、前年同期比増収増益となりました。

ダウの四半期業績推移

ダウの四半期業績推移

製品別の売上構成

ダウの製品別売上構成(2020年度)

ダウの製品別売上構成(2020年度)

ハイドロカーボン&エネルギーの主要製品と競合会社
エチレン、プロピレン、ベンゼン、ブタジエン、オクテン、芳香族の副産物など。
この分野での競合会社はシェブロン・フィリップスケミカル、エクソンモービル、INEOS、LyondellBasell、SABIC、シェル、シノペック

機能性プラスチックの主要製品と競合会社
アクリル、バイオベースの可塑剤 共重合体、エラストマー、エチレン 共重合体樹脂、エチレン 酢酸ビニル、メタクリル酸 共重合体樹脂、ポリエチレン、高密度ポリエチレン、低密度ポリエチレン、直鎖状低密度ポリエチレン、ポリオレフィンプラストマー、樹脂添加剤、改質剤 半導電性およびジャケッティング コンパウンドソリューション、ワイヤー&ケーブル ケーブル絶縁など。
この分野での主な競合会社は、ボレアリス、エクソンモービル、INEOS、ランクセス、リヨンデルバゼル、ノバ、SABIC

インダストリアルソリューションの主要製品と競合会社
ブチルグリコールエーテル、キレート剤、エタノールアミン、エチレンオキシド、エチレンアミン類、グリコールエーテル、熱伝達流体、高級グリコール、イソプロパノールアミン、低VOC溶剤、メトキシポリエチレングリコール、メチル、イソブチル、ポリアルキレングリコール、ポリエチレングリコール、界面活性剤、乳化剤、掘削および完成流体、熱伝導流体、レオロジー変性剤、スケール防止剤、特殊アミン系溶剤、水清澄剤、泡立ち防止剤、分離剤など。
この分野での主な競合会社は、BASF、イーストマン、ヘキシオン、ハンツマン、INEOS、LyondellBasell、SABIC、Sasol、シェル

ポリウレタン・建築用化学品
アニリン、苛性ソーダ、エチレンジクロライド、メチレンジフェニルジイソシアネート、ポリエーテルポリオール、プロピレングリコール、プロピレンオキサイド、ポリウレタンシステム、トルエン、ジイソシアネート、塩化ビニル、モノマー、アクリル系熱硬化性樹脂、ラテックスパウダー、アクリルエマルジョンポリマー、 セルロースエーテルなど。
この分野での主な競合会社は、アルケマ、アシュランド、BASF、Covestro、イーストマン、ハンツマン、Wanhua

コーティング&パフォーマンスモノマー
液状塗布型サウンド制振技術、アクリレート、レオロジー改質剤、 アクリルバインダー、プレコンポジットポリマー、フォームセルプロモーター、アクリルバインダー、高品質衝撃改質剤、アクリルエポキシハイブリッド、メタクリル酸エステル、加工助剤、アクリル樹脂、酢酸ビニルモノマー、熱可塑性材料および熱硬化性材料用コンパウンドなど。
この分野での主な競合会社は、アルケマ、BASF、セラニーズ、エボニック、LyondellBasell、ワッカー・ケミー

コンシューマー・ソリューション
接着剤およびシーラント、消泡剤および 界面活性剤、コーティングとコントロール、カップリング剤、クロスリンカー、架橋剤、シリコーンエラストマー、シリコーン製品など。
この分野での主な競合会社は、Elkem、Momentive、Shin-Etsu、Wacker Chemie

主なM&A(合併買収)

2015年 ダウケミカルとデュポンが経営統合
2019年 ダウデュポンが分社化しダウとデュポンが誕生

ダウとデュポンの経営統合のハイライト
2015年12月にダウケミカルとデュポンの経営統合を発表。
統合会社の新社名はダウ・デュポン。
買収総額は約649億ドル。買収価格はダウケミカルの終値に6%のプレミアムをのせた水準。
経営統合後の新株主がダウケミカルの株主とデュポンの株主で約50%ずつの予定。
買収により約30億ドルのコストシナジーを見込む。
買収後に、農薬・種子事業、マテリアルサイエンス事業、機能性化学事業へと再編し分社化する予定。
マテリアルサイエンス事業では、自動車向け軽量素材や耐熱部品の分野を強化する予定。
機能性化学事業では、家電向け電子素材等の強化を目指す。

株価パフォーマンス

ダウとインデックスの株価パフォーマンス比較

2022年01月28日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

ダウの製品別の市場シェア

市場シェア

アクリル樹脂原料メチルメタクリレート業界の世界市場シェアの分析

アクリル樹脂原料(メチルメタクリレート(MMA))業界の世界市場シェアと市場規模の分析をしています。三菱ケミカル、ローム、ダウ、住友化学、LG化学といったアクリル樹脂原料大手メーカーの概要や動向も掲載しています。またMMAを原料とするポリメチルメタクリレート(PMMA、MMAポリマー)についても、大手メーカーの概要を掲載しています。
2021.09.18
市場シェア

シリコーン業界の世界市場シェアの分析

シリコーン業界の世界市場シェアと市場規模の情報について分析をしています。ダウ・シリコーン、ワッカーケミー、信越化学、モメンティブ (KKCコポーレーション) 、エルケム(ブルースター)といったシリコーン業界大手企業の概要や動向も掲載しています。
2021.10.08
市場シェア

接着剤業界の世界市場シェアの分析

接着剤業界の世界市場シェアと市場規模ついて分析をしています。ヘンケル、シーカ、日東電工、H.B.フーラー、3M、アルケマ、ダウといった世界大手接着剤メーカーの概要や動向も掲載しています。
2021.11.02
市場シェア

化学業界の世界市場シェアの分析

化学業界の世界市場シェア、業界ランキングや市場規模について分析をしています。中国中化(シノケム)、BASF 、ダウ、デュポン 、Sinopec(シノペック)、SABIC(サウジ基礎産業公社)、ライオンデルバセル、三菱ケミカルといった世界の主要化学メーカーの概要や動向も掲載しています。
2021.12.11
市場シェア

種苗・種子業界の世界市場シェアの分析

種苗・種子会社の世界市場シェアと市場規模と再編について分析をしております。シンジェンタ 、モンサント、Limagrain(リマグラン) など世界の主要な種苗会社の動向も掲載しております。バイエルによるモンサント買収等、種子の業界は大再編時代を迎えております。
2021.05.30
市場シェア

農薬業界の世界市場シェアの分析

農薬業界の市場規模と世界市場シェアや世界大手農薬メーカーの動向について分析をしています。伝統的に農薬ビッグ6といわれるモンサント、バイエル、ダウ、デュポン、BASF、シンジェンタが大手でしたが、2015年以降のバイエルによるモンサント買収、ダウとデュポンの経営統合(コルテバ・アグリサイエンス)、ケムチャイナのシンジェンタ買収等によって業界順位が大きく変動しています。
2021.06.02