ケムチャイナの事業構成と市場シェアの分析

中国化工集団(ケムチャイナ、ChemChina、China National Chemical Corporation )はRen Jianxin(任建新)氏によって設立されたChina National Blue Star Corp(藍星) と China Haohua Chemical Industrial Corp(昊華)が2004年に経営統合して誕生した中国政府系の化学メーカーです。中国政府が100%株式を保有しています。農薬、ゴム、シリコーンや機能性化学等の分野で事業展開しています。2021年に国営化学会社のシノケムと経営統合をし中国中化(シノケム)ホールディングス傘下になりました。

農薬分野では2011年にイスラエルに本拠を置くジェネリック農薬大手のAdama(アダマ)を、2016年にはスイスに本拠を置く農薬メーカー大手のシンジェンタを買収して、世界最大級となっています。タイヤ事業では2015年にイタリアに本拠を置くタイヤ大手のピレリを買収して、上位に位置します。シリコーン業界でも、2006年にフランスのローディアからシリコーン事業を買収、2011年にはノルウェーのコングロマリット大手のOrkla Group(オルクラグループ)からElkemを買収し世界大手となっています。2006年には動物用栄養製品メーカーの Adisseo を4億ユーロで買収しています。2016年には射出成形機大手の独KraussMaffei(クラウス=マッファイ)を買収しています。2021年に中国中化集団( シノケムグループ)との経営統合を発表しました。

ケムチャイナとシノケムの経営統合のストラクチャー
中国の国有資産を管理する中華人民共和国国務院国有資産監督管理委員会(SASAC、国資委)の下で別々の会社であったら両社が、中間持株会社(シノケム(中国中化)ホールディングス)を作り、その傘下に入ります。

ケムチャイナ経営統合ストラクチャー

ケムチャイナ経営統合ストラクチャー 出所:シノケム

過去のM&A

2004年 China National Blue Star Corp(藍星) と China Haohua Chemical Industrial Corp(昊華)が経営統合
2005年 豪州の石化会社Qenosを買収
2006年 動物用栄養製品メーカーの Adisseo を買収
2006年 フランスのローディアからシリコーン事業を買収
2011年 イスラエルの農薬大手Adama(アダマ)を買収
2011年 ノルウェーのコングロマリット大手のOrkla Group(オルクラグループ)からElkemを買収
2015年 イタリアのタイヤ大手ピレリを買収
2016年 射出成形機大手の独KraussMaffei(クラウス=マッファイ)を買収
2016年 スイスの農薬・種子大手のシンジェンタを買収
2021年 中国中化集団( シノケムグループ)との経営統合

ケムチャイナの市場シェア

市場シェア

シリコーン業界の世界市場シェアの分析

シリコーン業界の世界市場シェアと市場規模の情報について分析をしています。ダウ・シリコーン、ワッカーケミー、信越化学、モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ、ブルースター等のシリコーン業界大手企業の動向も掲載しています。
2021.09.19
市場シェア

塩化ビニル(塩ビ)業界の世界市場シェアの分析

塩化ビニル(塩ビ)業界の世界シェアと市場規模の情報について分析をしています。信越化学、台湾プラスチック、オキシビニール、イノビン等の塩ビ大手メーカーの動向も掲載しています。
2021.09.19
市場シェア

メチオニン業界の世界市場シェアの分析

メチオニン業界の世界シェア、業界ランキング、市場規模の情報。ドイツのエボニク、フランスのアディッセオ、米国のノーバス(三井物産子会社)、日本の住友化学が世界4大メーカーです。
2021.06.02
市場シェア

タイヤ業界の世界市場シェアの分析

タイヤメーカーの世界市場シェア、タイヤ業界の市場規模、再編についての分析をしています。ブリジストン、ミシュラン、グッドイヤー、コンチネンタル、ピレリ、ダンロップ等の世界大手タイヤメーカーの概要や動向も掲載しています。
2021.05.23
市場シェア

種苗・種子業界の世界市場シェアの分析

種苗・種子会社の世界市場シェアと市場規模と再編について分析をしております。シンジェンタ 、モンサント、Limagrain(リマグラン) など世界の主要な種苗会社の動向も掲載しております。バイエルによるモンサント買収等、種子の業界は大再編時代を迎えております。
2021.05.30
市場シェア

農薬業界の世界市場シェアの分析

農薬業界の市場規模と世界市場シェアや世界大手農薬メーカーの動向について分析をしています。伝統的に農薬ビッグ6といわれるモンサント、バイエル、ダウ、デュポン、BASF、シンジェンタが大手でしたが、2015年以降のバイエルによるモンサント買収、ダウとデュポンの経営統合(コルテバ・アグリサイエンス)、ケムチャイナのシンジェンタ買収等によって業界順位が大きく変動しています。
2021.06.02