ワッカーケミーの世界市場シェアと業績推移の分析

1914年にアレキサンダーワッカー博士によって設立されたドイツに本拠を置く化学メーカーです。アセトアルデヒドの合成においてワッカー法を生み出しました。多結晶シリコン以外にもシリコーンの分野に強みを持ちます。日本では旭化成と旭化成ワッカ-シリコーンで事業を展開しています。シリコンウエハを手掛けていたシルトロニックは2021年にグローバルウェーハズに売却しました。

業績推移

2020年度の売上高は減収となったものの、営業利益は黒字になりました。

ワッカーケミーの業績推移

ワッカーケミーの業績推移

売上構成

ワッカーケミーの売上構成(2020年度)

ワッカーケミーの売上構成(2020年度)

シリコーン:シリコーンオイル、シラン、シロキサン、ケイ酸塩、シーラント、ゴム、樹脂向けのシリコーンの製造販売をしております。
ポリマー:ポリ(酢酸ビニル)、可溶性塩化ビニルのコポリマー、ターポリマー、ポリマー分散液などの開発製造を行っています。
CDMO:治療用タンパク質、ワクチン、微生物製品の受託製造を行っています。
多結晶シリコン:太陽光パネルや半導体向けのシリコン原料の開発製造を行っています。

主なM&A

2021年 グローバルウェーハズに関連会社のシルトロニックを売却
2010年 富士フィルムにPlanar Solutionsの持分を売却

株主構成

ワッカー家で概ね7割を保有している、同族会社です。

ワッカーケミーの株主構成(2020年)

ワッカーケミーの株主構成(2020年)

株価推移


ワーカーケミーの世界シェア

市場シェア

多結晶シリコン業界の世界シェアの分析

多結晶シリコン(ポリシリコン)業界の世界シェアと市場規模について分析をしています。ゴールデン・コンコルド、ワッカーケミー、トンウェイ、ヘムロック、OCI、RECシリコンといった大手多結晶シリコンメーカーの概要や動向も掲載しています。
2021.10.08
市場シェア

シリコーン業界の世界市場シェアの分析

シリコーン業界の世界市場シェアと市場規模の情報について分析をしています。ダウ・シリコーン、ワッカーケミー、信越化学、モメンティブ (KKCコポーレーション) 、エルケム(ブルースター)といったシリコーン業界大手企業の概要や動向も掲載しています。
2021.10.08
市場シェア

シリコンウエハ業界の世界市場シェアの分析

シリコンウエハ業界の世界市場シェアや業界ランキングや市場規模の情報について分析をしています。信越化学、SUMCO、Siltronic(シルトロニック) 、グローバルウエハーズ 、SKシルトロン といった世界大手シリコンウエハ会社の概要や動向も掲載しています。
2021.10.08