信越化学工業の業績推移、売上構成と市場シェアの分析

信越化学工業の業績推移、売上構成と市場シェアの分析

信越化学工業(信越化学)は1926年に創業された日本を代表する化学メーカーです。旭化成、積水化学、積水ハウスと同じ源流である日本窒素肥料(現チッソ)の関連会社として誕生しました。同社のアニュアルレポートによれば、塩化ビニル樹脂、シリコンウエハ、先端品フォトマスクブランクス、フェロモン製剤では世界1位です。セルロース、シリコーンでも世界大手となっています。半導体ウエハはSUMCOと二強体制となっています。

業績推移(年次)

市場シェアの高い製品群を有していることもあり、営業利益率が20%以上となっています。

信越化学工業の業績推移
信越化学工業の業績推移

業績推移(四半期)

2022年度第3四半期(10~12月)は、市況上昇で塩ビ樹脂の採算が高まり、シリコンウエハなど電子材料の販売も伸びたことから、前年同期比増収増益となりました。

信越化学工業の四半期業績推移
信越化学工業の四半期業績推移

売上構成

塩ビの売上割合が最も大きく、その次が半導体シリコンとなっています。

信越化学の2020年度売上構成
信越化学の2020年度売上構成

塩ビ事業
塩化ビニル樹脂、か性ソーダ、メタノール、クロロメタンの製造開発を行っています。

半導体シリコン事業
半導体シリコンの製造開発を行っています。

電子機能材料事業
希土類磁石、半導体用封止材、LED用パッケージ材料、フォトレジスト、マスクブランクス、合成石英製品、液状フッ素エラストマー、ペリクルの製造開発を行っています。

シリコーン事業
シリコーンの製造開発を行っています。

機能性化学品事業
セルロース誘導体、金属珪素、ポバール、合成性フェロモンの製造開発を行っています。

加工商事技術サービス
樹脂加工製品、技術・プラント輸出、商品の輸出入、エンジニアリングなどを行っています。

お薦め書籍

常在戦場 金川千尋100の実践録
シリコンとシリコーンの科学

直近1年間の株価リターン

信越化学工業とインデックスの株価リターン比較

2022年06月25日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

同社によると、塩化ビニル樹脂、シリコンウエハ―、合成石英(液晶用フォトマスク基板)、フォトマスクプランクス、合成性フェロモン、フォトレジスト、メチルセルロース、シリコーン樹脂で世界トップシェアです。

市場シェア

シリコーン業界の世界市場シェアの分析

シリコーン業界の世界市場シェアと市場規模の情報について分析をしています。ダウ・シリコーン、ワッカーケミー、信越化学、モメンティブ (KKCコポーレーション) 、エルケム(ブルースター)といったシリコーン業界大手企業の概要や動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

塩化ビニル(塩ビ)業界の世界市場シェアの分析

塩化ビニル(塩ビ)業界の世界シェアと市場規模について分析をしています。信越化学、台湾プラスチック、オキシビニール、イノビンといった塩ビ大手メーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

シリコンウエハ業界の世界市場シェアの分析

シリコンウエハ業界の世界市場シェアや業界ランキングや市場規模の情報について分析をしています。信越化学、SUMCO、Siltronic(シルトロニック) 、グローバルウエハーズ 、SKシルトロン といった世界大手シリコンウエハ会社の概要や動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

半導体業界の市場シェア・売上高ランキング・市場規模・再編の分析

半導体業界の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模・M&A(合併買収)について分析。インテル、クアルコム、マイクロン、サムスン電子、インフィニオン 、ブロードコム、NXP 、STマイクロエレクトロニクス、ソニー、ルネサスといった半導体メーカーの概要や動向も掲載。
2022.04.24