接着剤業界の世界市場シェアの分析

接着剤業界の世界市場シェアと市場規模の情報について分析をしています。ヘンケル、3M、ハンツマン、ダウコーニング、シーカ、コニシ、セメダイン等世界大手接着剤メーカー動向も掲載しています。

世界市場シェア

最新業界別売上高世界ランキング第3巻」に記載の接着剤メーカー各社の売上高を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして2019年の市場シェアを簡易に試算しますと、1位はヘンケル、2位はシーカ、3位はH.B.フーラーです。

1位 ヘンケル 21%
2位 シーカ 17%
3位 H.B.フーラー 6%
4位 3M 5%
5位 ダウ・シリコンズ 4%
6位 ハンツマン・コーポレーション 2%

接着剤メーカーの市場シェア1位は、ドイツのヘンケルです。Bonderiteといった世界的なブランドを有しています。2位はスイスのシーカです。特に建築用の接着剤に強みを持っています。3位はドイツの工業用接着剤に強いH.B.フーラーです。4位は粘着テープ大手の米国3Mとなっています。

市場規模

調査会社のフォーチュンビジネスインサイツによれば、2019年の接着剤と粘着テープ業界の市場規模は473億ドルとなります。2020年から2027年までの年平均成長率は4.5%を見込みます。一方、調査会社の360リサーチレポートによれば、2019年の産業向け接着剤の規模は538億ドルです。当サイトでは、市場シェア算定にあたり接着剤業界の市場規模を500億ドルとしております。

世界の主要な接着剤メーカーの一覧

Henkel(ヘンケル)

ドイツに本拠を置くトイレタリーや化学品大手です。世界初の合成洗剤のPersilを開発しました。トイレタリー分野では、洗剤、ヘアケア、ボディケア分野でP&Gやユニリーバと競合する世界大手でもあります。接着剤や粘着剤分野でも世界大手級です。Bonderite、Technomelt、Loctiteといったブランドで展開をしています。

3M

米国に本拠を置く世界的な化学素材メーカーです。ポストイットで有名です。セロハンテープを発明し、Scotchブランドで展開。接着剤分野にも強みを持ちます。

Huntsman Corporation(ハンツマン・コーポレーション)

米国に本拠を置く化学素材大手です。ポリウレタン、顔料、添加剤、接着剤などの開発に強みを持ちます。ニューヨーク証券取引所に上場しています。

Dow Silicones(ダウ・シリコンズ)

米国に本拠を置くシリコーン技術に強みを持つ化学メーカーです。米国の化学大手ダウケミカルとガラス材メーカーのコーニング社による合弁企業でしたが、2016年にダウが合弁会社の持ち分をコーニングより買収し、現在はダウケミカルの完全子会社となりました。

Avery Dennison(エイブリィ・デニソン)

米国に本拠を置く粘着材料やラベル製品製造大手です。特にビールやワイン瓶等に使用する感圧粘着ラベルでは圧倒的な存在感を示します。

粘着ラベル
粘着ラベル 出所:エイブリィ・デニソン

H.B.Fuller(H.B.フーラー)

米国に本拠を置く接着剤大手です。工業用接着剤の分野では世界最大手級です。日本では積水化学と合弁事業を展開しています。

Sika(シーカ)

スイスに本拠を置く建設・産業向け接着大手です。特に建設向けのセメント添加剤、各種コーティング等には強みを持ち、建設向け化学品では世界トップクラスです。

日本の大手接着剤メーカー

日本ではボンドのコニシとセメダインが2強となっています。ただし、接着剤の市場シェアではコニシで1%程度、セメダインで1%未満となってしまい、世界大手との差は依然開いています。

業界関連図書

  • 図解入門よくわかる最新接着の基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)
    トコトンやさしい接着の本 (B&Tブックス―今日からモノ知りシリーズ)
    接着の科学 (おもしろサイエンス)
  • 初心者のための接着技術読本
  • わかる! 使える! 接着入門

コメント

タイトルとURLをコピーしました