シェル(旧ロイヤルダッチシェル)の市場シェアと業績推移の分析

1907年に誕生した石油メジャーです。2005年にオランダのロイヤル・ダッチとイギリスのシェルが合併して現在の形となりました。かつのセブンシスターズである民間石油メジャーのエクソン・モービル、BPと競合しています。温暖化ガスの流れを受け、ガス分野の強化やPower as a Service (PaaS)分野の強化を図っています。2021年はオランダの裁判所から二酸化炭素(CO2)の純排出量の削減を命じる判決を出され、物言う株主からリニューアブルエネルギー事業の切り出しを求められています。社名をシェルへと再変更しました。

業績推移(年次)

2020年度は原油価格が低迷し大幅な減収減益となりました。

シェルの業績推移(FY2016~FY2020)
シェルの業績推移(FY2016~FY2020)

業績推移(四半期)

2021年第3四半期(7ー9月)は、経済活動の正常化や堅調な原油価格にも支えられ前年同期比増収減益となりました。

シェルの四半期業績推移
シェルの四半期業績推移

事業構成

石油精製事業の割合が最も大きくなります。

シェルの売上構成(2020年度)
シェルの売上構成(2020年度)

石油製品事業
原油やその他の原料を精製してガソリン、ディーゼル、暖房用オイル、航空燃料、船舶用燃料、低炭素燃料、潤滑油、ビチューメン、硫黄などの石油製品を製造しています。オイルサンド事業も手掛けています。

ガス事業
天然ガスの探鉱・採掘、LNGの製造販売、リニューアブルエナジー事業を運営しています。

化学事業
基礎・中間化学品の製造販売を行っています。

上流開発事業
原油の探査、開発や生産を行っています。

株価パフォーマンス

シェルとインデックスの株価パフォーマンスの比較

2022年01月22日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

株主提案

サードポイントからの四半期レターの分析

アクティビスト最大手クラスのサードポイント Third Pointが2021年10月27日に四半期レターを発行しました。レター内容について分析しています。
2021.12.11
市場シェア

LNG・液化天然ガス生産会社の世界市場シェアの分析

温暖化ガスの削減が求められる中、より二酸化炭素の排出が少ないLNG(液化天然ガス)へのニーズが高まっています。LNGを生産する企業の世界市場シェアや市場規模を分析しています。エクソンモービル、カタールガス、シェニエール・エナジー、ペトロナス、BP、シェブロン、トタルエナジーズ、三菱商事といったLNG生産会社の概略も掲載しています。
2021.12.11
市場シェア

化学業界の世界市場シェアの分析

化学業界の世界市場シェア、業界ランキングや市場規模について分析をしています。中国中化(シノケム)、BASF 、ダウ、デュポン 、Sinopec(シノペック)、SABIC(サウジ基礎産業公社)、ライオンデルバセル、三菱ケミカルといった世界の主要化学メーカーの概要や動向も掲載しています。
2021.12.11
市場シェア

オイルメジャー・石油開発業界の世界市場シェアの分析

原油、石油やガスを開発生産する企業(オイルメジャー)の世界市場シェア、埋蔵量や業界再編について分析をしています。サウジアラムコ 、ガスプロム 、ペトロブラス、イラン国営石油、 シノペックといった世界大手石油ガス開発会社の概要や動向も掲載しています。
2021.12.11