IFFの市場シェアと事業内容の分析

1833年に創業された米国に本拠を置く大手香料メーカーです。NYSEに上場しています。国際的な大手食品・飲料メーカーとの取引に強みを有します。中小・中堅食品・飲料との取引を強化するために2018年にイスラエルの香料大手フルタロム(Frutarom)買収を発表しました。2021年にデュポンのニュートリション・バイオサイエンス事業との経営統合を行いました。

業績推移(年次)

2020年度売上高は50億8,000万ドルで、前年度の51億4,000万ドルから1%減少しました。営業利益は、前年度の6億6,530万ドルに対し、5億6,650万ドルと減収減益となりました。特に食品成分分野での減収減益幅が大きく全体の業績に影響を及ぼしました。

IFFの業績推移(FY2016-2020)
IFFの業績推移(FY2016-2020)

業績推移(四半期)

2021年第3四半期(7ー9月)は、売上高が前年同期比142%増の30億7,000万ドルと増収増益になりました。これは主に、デュポンのニュートリション・アンド・バイオサイエンス事業との合併に関連した売上の増加によるものです。

IFFの四半期業績推移
IFFの四半期業績推移

事業構成

事業は大きく食品や飲料向けの香料(フレーバー)と香水や日用品向けの香料(フレグランス)に分かれます。

IFFの事業構成
IFFの事業構成

フレーバー事業
フレーバー、セイボリー、各種栄養補助食品・機能性食品向けのナチュラルニュートリション、天然色素、天然フレーバーエキス、特殊植物エキス、蒸留物、エッセンシャルオイル、シトラス製品、アロマケミカル、天然ガムや樹脂などの開発製造を行い、食品メーカーなどに提供しています。

フレグランス事業
天然や合成といった香りの化合物を開発製造し、日用品や化粧品などに提供しています。

M&A(合併買収)の動向

製品・地域補完やニュートリション分野への参入のために積極的に買収を行っています。

2018年 香料大手のFrutaromを買収
2021年 デュポンのNutrition & Bioscience事業と統合

株価パフォーマンス

IFFとインデックスの株価パフォーマンス比較

2022年01月22日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

食品添加物・食品成分業界の世界市場シェアの分析

食品添加物や食品成分メーカーの世界シェア、業界再編について分析をしています。ケリー、クリスチャン・ハンセン、デュポン、イングレディオン等の主要食品成分メーカーの概要も掲載しています。
2021.12.14
市場シェア

香料業界の世界市場シェアの分析

香料メーカーの世界ランキング、市場シェア、業界再編や市場規模について分析しています。ジボダン、IFF、フィルメニック、シムライズ、高砂香料、マンフィス、長谷川香料等の世界大手香料会社の動向も掲載しています。IFFによるフルトロムやデュポンニュートリション買収等業界再編が続いています。
2021.12.14