ADM(アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド)の市場シェアと事業構成について

アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)は、1902年に米国のミネソタ州で設立された穀物商社・穀物メジャーです。設立当初は、リネン(亜麻)の圧搾加工に注力するなど、カーギル等と異なり穀物の加工事業から、現在の穀物メジャーの守備範囲である、穀物の集荷・流通・貯蔵・販売事業へと展開したいきました。特に油糧種子加工、食品成分や香料事業に強みをもっています。
1997年にグレンコアのブラジル事業を買収する等して穀物メジャーとなりました。食品業界全体を見回しても、ネスレやコカコーラと売上規模では匹敵するジャイアントでです。非公開企業がおおい、穀物商社・穀物メジャーの中で、ブンゲ(バンジ)と同様にニューヨーク証券取引所に上場しています。地域でみると売上の約7割は米国、ドイツ、スイス、事業でみると穀物の集荷・貯蔵・販売事業が5割以上です。一方で利益の面では油糧種子加工が、収益源となっています。
下図の通り、穀物の保管・流通・プロセッシングという一連のバリューチェーンを保有し、全世界に幅広く流通網を確保しています。

ADMのバリューチェーン

ADMのビジネスモデル
出所:同社ホームページ

穀物商社事業では、穀物商社・穀物取引業界において、カーギルに次いで、世界大手の一角を担っています。上流の穀物トレーディングは穀物メジャーへの集約が進み、M&Aを通じて中流から下流領域の強化を図っています。

中国のウーデリグループや米国のアーデント・ミルズと並び、製粉業界でも存在感を示しています。同社アニュアルレポートによれば、2019年の年間製粉能力は2800万トンです。

香料業界では、2014年に香料業界世界6位(当時)のワイルドフレーバーズを買収して、同社にとっての川下分野を強化。同社が取り扱う、トウモロコシ加工、大豆加工等とのシナジーを狙っています。

製油・植物油・食用油業界においても、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)は、カーギルやウィルマ―インターナショナルと並ぶ大手企業となっている。

カカオ・ココア事業からオラムインターナショナルに事業を売却して撤退をした。チョコレート事業からは、カーギルに事業を売却して撤退をしています。

1997年 グレンコアのブラジル事業を買収
2002年 エタノール製造大手ミネソタ・コーン・プロセッサーを買収
2009年 ココア製造大江のショナキグを買収
2014年 香料大手のワイルド・フレーバーズを買収
2014年 チョコレート事業をカーギルへ売却
2015年 Tate&Lyleよりグルコース生産用のミルを買収
食糧危機にどう備えるか―求められる日本農業の大転換
食糧の帝国――食物が決定づけた文明の勃興と崩壊 (ヒストリカル・スタディーズ)
多国籍アグリビジネスと農業・食料支配 (明石ライブラリー162) 
市場シェア

食品飲料業界の世界市場シェアの分析

食品飲料業界の世界市場シェアと市場規模について分析を行っています。カーギル、ネスレ、ペプシコ、ADM、ルイドレファス、コカコーラ、モンデリーズ、クラフトハインツ等主要食品メーカー概略も掲載しています。
2020.12.24
市場シェア

ココア・カカオ業界

カカオ豆やココア業界の業界ランキングと市場規模について分析をしています。Barry Callebaut(バリーカレボー) 、Transmar、Petra Foods(ぺトラ・フーズ) 、Blommer(ブロマー) 等の主要カカオ・ココアメーカーの一覧も掲載しています。
2020.12.24
市場シェア

製粉業界の世界市場シェアの分析

製粉業界の世界シェアの市場規模の情報を分析しています。五得利面粉集団、アーデント・ミルズ、ウィルマ―、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド、中糧集団、ボガサリ等の大手小麦粉・製粉メーカーの動向も掲載しています。
2020.12.24
市場シェア

穀物商社業界

食糧・穀物業界(穀物メジャー・食品商社)世界市場シェアや市場規模について分析しています。カーギル、ADM、ブンゲ、ルイドレフュス、丸紅ガビロン、オーラム等の食糧主要会社概要も掲載しています。
2020.12.24
市場シェア

香料業界の世界市場シェアの分析

香料メーカーの世界ランキング、市場シェア、業界再編や市場規模について分析しています。ジボダン、IFF、フィルメニック、シムライズ、高砂香料、マンフィス、フルタロム、長谷川香料等の世界大手香料会社の動向も掲載しています。IFFによるフルトロム買収等業界再編が続いています。
2021.01.18
タイトルとURLをコピーしました