ADM(アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド)の市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

ADM(アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド)の市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)は、1902年に米国のミネソタ州で設立された穀物商社・穀物メジャーです。設立当初は、リネン(亜麻)の圧搾加工に注力するなど、カーギル等と異なり穀物の加工事業から、現在の穀物メジャーの守備範囲である、穀物の集荷・流通・貯蔵・販売事業へと展開していきました。特に、大豆やトウモロコシ、油糧種子加工、食品成分や香料事業に強みを持ちます。

1997年にグレンコアのブラジル事業を買収する等して穀物メジャーとなりました。食品業界全体を見回しても、ネスレやコカコーラと売上規模では匹敵するジャイアントです。非公開企業がおおい、穀物商社・穀物メジャーの中で、ブンゲ(バンジ)と同様にニューヨーク証券取引所に上場しています。地域でみると売上の約7割は米国、ドイツ、スイス、事業でみると穀物の集荷・貯蔵・販売事業が5割以上です。一方で利益の面では油糧種子加工が、収益源となっています。

業績推移(年次)

2021年度
穀物相場の上昇もあり、前年度比増収増益となりました。

2020年度
売上高は、販売価格の上昇(20億ドル)により一部相殺されたものの、販売数量の減少(23億ドル)に より、3億ドル減少の644億ドルとなりました。

ADMの業績推移
ADMの業績推移

業績推移(四半期)

2022年第2四半期(4-6月)
売上高は前年同期比19.01%増の27,284百万ドルになりました。営業利益は前年同期比107.59%増の1,285百万ドルになりました。営業利益率は4.7%になりました。

2022年第1四半期(1-3月)
売上高は前年同期比25.18%増の23,650百万ドルになりました。営業利益は前年同期比44.19%増の1,067百万ドルになりました。営業利益率は4.5%になりました。穀物相場の価格上昇傾向が継続し、前年同期比大幅な増収増益を達成しました。

ADMの四半期業績推移

ADMの四半期業績推移

EPS成長(年次)

好調な業績を反映して、2019年度以降希薄化後EPSも増加しています。

ADMの希薄化後EPSの推移
ADMの希薄化後EPSの推移

EPS成長(四半期)

2022年第2四半期(4-6月)
希薄化後EPSは前年同期比73.02%増の2.18ドルになりました。

ADMの希薄化後EPS(四半期)の推移

ADMの希薄化後EPS(四半期)の推移

売上構成

農業サービス、搾油&加工、炭水化物ソリューションとニュートリションが事業の主軸となっています。

ADMの売上構成(2021年度)
ADMの売上構成(2021年度)

農業サービス
農産物の集荷・販売・輸送・保管しています。

搾油&加工
大豆やソフトシード(綿実、ひまわり種、菜種、亜麻仁)などのオイルシードの粉砕・植物油やタンパク質ミールに加工する事業をグローバルに展開しています。ピーナッツ及びピーナッツ由来原料の主要供給 者でもあります。北米では、綿花セルロースパルプを製造し、化学品、製紙、その他の産業市場向けに販売しています。

炭水化物ソリューション
トウモロコシや小麦を、甘味料、トウモロコシや小麦のデンプン、シロップ、グルコース、小麦粉、ブドウ糖など、食品・飲料産業で使用される製品や原料に変換しています。飼料用原料として、コーングルテンフィード、ミール、ジスチラーズグレインなどを生産しています。

ヒューマンニュートリション
植物性たん白、天然フレーバー、フレーバーシステム、天然着色料、乳化剤、水溶性食物繊維、ポリオール、ハイドロコロイド、プロバイオティクス、プレバイオティクス、酵素、植物エキス、その他特殊食品・飼料原料などの幅広い素材やソリューションの製造、販売、流通に従事しています。

アニマルニュートリション
配合飼料、動物用健康・栄養製品の加工・販売、ペット用おやつ・食品の受託製造・自社ブランド化に関する事業を行っています。

競合分析

下図の通り、穀物の保管・流通・プロセッシングという一連のバリューチェーンを保有し、全世界に幅広く流通網を確保しています。

ADM-value-chain
ADM-value-chain 出所ADM

穀物商社事業では、穀物商社・穀物取引業界において、カーギルに次いで、世界大手の一角を担っています。上流の穀物トレーディングは穀物メジャーへの集約が進み、M&Aを通じて中流から下流領域の強化を図っています。

中国のウーデリグループや米国のアーデント・ミルズと並び、製粉業界でも存在感を示しています。同社アニュアルレポートによれば、2019年の年間製粉能力は2800万トンです。

香料業界では、2014年に香料業界世界6位(当時)のワイルドフレーバーズを買収して、同社にとっての川下分野を強化しています。同社が取り扱う、トウモロコシ加工、大豆加工等とのシナジーを狙います。

製油・植物油・食用油業界においても、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)は、カーギルやウィルマ―インターナショナルと並ぶ大手企業となっています。

カカオ・ココア事業からオラムインターナショナルに事業を売却して撤退をした。チョコレート事業からは、カーギルに事業を売却して撤退をしています。

M&A(合併買収)

1997年 グレンコアのブラジル事業を買収
2002年 エタノール製造大手ミネソタ・コーン・プロセッサーを買収
2009年 ココア製造大江のショナキグを買収
2014年 香料大手のワイルド・フレーバーズを買収
2014年 チョコレート事業をカーギルへ売却
2015年 Tate&Lyleよりグルコース生産用のミルを買収
2018年 プロバイオティクス大手のProbiotics Internationalを買収
2019年 動物飼料大手のNeoviaグループを買収
2021年 Golden Farm Production & Commerce Company Limited
2021年 ペット用おやつ・サプリメント会社のPetDine等の買収
2021年 プロバイオティクス・酵素技術に強い米DeerlandProbiotics & Enzymesを買収
2021年 非遺伝子組み換え大豆原料会社のソジャプロテインを買収
2021年 香料と食品成分会社のフレーバーインフュージョンインターナショナルを買収

直近1年間の株価リターン

ADMとインデックスのリターン比較

2022年11月27日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

ペットフード業界の市場シェア・売上高ランキング・規模・再編の分析

ペットフード業界の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模・M&A(合併買収)について分析をしています。マーズ、ネスレ、コルゲート、ゼネラルミルズ、ユニチャームといったペットフード会社の概要も掲載しています。
市場シェア

食品飲料業界の市場シェア・売上高ランキング・市場規模の分析

食品飲料メーカーの世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模について分析。ネスレ、ペプシコ、コカ・コーラ、モンデリーズ、クラフトハインツ、ABインベブ、タイソン・フーズ、ADM、ユニリーバ、アサヒビールといった食品医療メーカーの概略や動向も掲載。
市場シェア

ココア・カカオ業界の世界市場シェアの分析

カカオ豆やココア業界の業界ランキングと市場規模について分析をしています。Barry Callebaut(バリーカレボー) 、Transmar、Petra Foods(ぺトラ・フーズ) 、Blommer(ブロマー) 等の主要カカオ・ココアメーカーの一覧も掲載しています。
市場シェア

製粉業界の世界市場シェアの分析

製粉業界の世界シェアと市場規模の情報を分析しています。五得利面粉集団、アーデント・ミルズ、ウィルマー、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド、日清製粉、中糧集団、ボガサリといった大手小麦粉・製粉メーカーの概要や動向も掲載しています。
市場シェア

穀物商社業界の世界市場シェアの分析

食糧・穀物業界における穀物メジャー・食品商社の世界市場シェアや市場規模について分析しています。カーギル、ADM、ブンゲ、ルイドレフュス、丸紅ガビロン、オラムといった穀物メジャーの概要や動向も掲載しています。
市場シェア

香料業界の世界市場シェアの分析

香料メーカーの世界ランキング、市場シェア、業界再編や市場規模について分析しています。ジボダン、IFF、フィルメニック、シムライズ、高砂香料、マンフィス、長谷川香料といった香料会社の動向も掲載しています。IFFによるフルトロムやデュポンニュートリション買収等業界再編が続いています。