クラフトハインツの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

クラフトハインツの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

Kraft Heinz(クラフトハインツ)は、1869年に設立された旧クラフトフーズの北米事業を引き継いだ会社です。北米に特化しています。クラフトチーズ、冷凍食品や飲料等を展開しています。2015年にバフェット氏率いるパークシャー・ハサウェイや投資ファンド傘下のトマトケチャップ等で有名な食品メーカーHeinz(ハインツ)と経営統合しクラフトハインツが誕生しました。パスタソースはClassicoを軸に展開しています。事業構成としては、調味料・ソース事業、チーズ・乳製品事業、常温保存食事業、肉・魚食品、冷蔵・冷凍食品に分かれます。2021年にナッツ事業をHormel Foodsへ売却しました。

年次業績推移

2021年度
売上高は前年度比-0.55%の26,042百万ドルになりました。営業利益は66.10%増の3,503百万ドルになりました。コロナ拡大時の特需が剥落しましたが、販売価格の見直しなどで増益となりました。

2020年度
売上高は、2019年度の247億ドルに対し、2020年度には263億ドルと6.5%増加しました。COVID-19パンデミックの影響もあり、家庭での消費が継続したことが主な要因です。

クラフトハインツの業績推移

クラフトハインツの業績推移

四半期業績推移

2022年1-3月
売上高は前年同期比-0.92%の6,554百万ドルになりました。営業利益は前年同期比-54.25%の544百万ドルになりました。営業利益率は8.3%になりました。

2022年第1四半期(10-12月)
売上高は前年同期比-5.46%の6,045百万ドルになりました。営業利益は前年同期比4.11%増の1,114百万ドルになりました。営業利益率は18.4%になりました。

2021年第4四半期(7-9月)
売上高は前年同期比-3.31%の6,709百万ドルになりました。営業利益は-99.22%の12百万ドルになりました。ラクタリスとのチーズ事業売却に関連する損失計上が減益の主因です。

クラフトハインツの四半期業績推移

クラフトハインツの四半期業績推移

EPS成長

堅調な業績を受け、2021年度の希薄化後EPSは前年度比増加しました。

クラフトハインツの希薄化後EPSの推移

クラフトハインツの希薄化後EPSの推移

製品別売上構成

トマトソース・調味料事業が最大です。チーズ・乳製品事業が続きます。

クラフトハインツの売上構成(2021年度)

クラフトハインツの売上構成(2021年度)

クラフトハインツの主なブランドにはクラフト(バーベキューソース、サラダドレッシング各種)、オスカーメイヤー、ハインツ(ケチャップソースで有名)、フィラデルフィア、ベルビータ、ランチャブルズ、プランター、マックスウェルハウス、カプリサン、オレアイダ、ゼリー、クールエイド、Jack Daniel's(ソース)などがあります。

M&A(合併買収)

  • 1988年 フィリップモリスがクラフトフーズを買収
  • 1989年 クラフトフーズとゼネラルフーズが経営統合
  • 2000年 クラフトフーズとナビスコが経営統合
  • 2005年 クラフトフーズがお菓子事業をWim Wrigley Jr社に売却
  • 2006年 デルモンテがクラフトフーズからペット事業を買収
  • 2006年 英United Biscuits社の南欧ビスケット事業を買収
  • 2007年 アルトリアグループ(旧フィリップモリス)がクラフトフーズを分社化
  • 2007年 クラフトフーズがダノンのビスケットとシリアル事業を買収
  • 2008年 Post Cereals事業をRalcorp Holdings社へ売却
  • 2009年 クラフトフーズが英食品大手のキャドバリー社を買収
  • 2010年 クラフトフーズがネスレに米冷凍食品事業を売却
  • 2012年 クラフトフーズがモンデリーズ・インターナショナルへ社名変更
  • 2012年 米食品事をクラフトフーズとして分社化
  • 2014年 コーヒー事業をJaccobs Douwe Egbertsへ事業統合
  • 2014年 ベトナムKinh Do社のスナック事業を買収
  • 2015年 味の素ジェネラルフーズの持分を味の素に売却
  • 2015年 新クラフトフーズとハインツが経営統合
  • 2018年 カナダのナチュラルチーズ事業をParmalatへ売却
  • 2018年 ハインツのインド事業をZydus WellnessとCadila Healthcareへ売却
  • 2019年 ソースやドレッシング会社のPrimal Nutritionを買収
  • 2020年 ラクタリスにチーズ事業に一部を売却
  • 2021年 ナッツ事業をHormel Foodsへ売却
  • 2021年 トルコの調味料会社Assan Foodsを買収
  • 2021年 スパイス会社のJust Spiceを買収
  • 2021年 ブラジルの食品飲料会社であるHemmerを買収
  • 2021年 ブラジルの調味料会社であるBR Spices Indústriaを買収
クラフトとハインツの経営統合のケーススタディ
2015年に米食品大手のクラフト・フーズと米HJハインツが経営統合。
統合後の新会社の規模は食品業界でも大手となる。
統合後の新会社(クラフトハインツ)の株主は旧クラフトの株主が49%、ハインツ株主が51%。パークシャーハザウェイと3Gキャピタルは合計で100億ドルの現金出資も同時に行う。プレミアムはクラフトの前日終値株価に26%を乗せた水準。
1869年創業のハインツはトマトケチャップに強み。グローバル展開にも成功している。
クラフトフーズは、旧クラフトフーズがモンデリーズとクラフトフーズに分社化されて誕生。北米を中心にチーズや冷凍食品に注力している。
本件統合の理由の一つには、北米中心のクラフトとグローバル展開するハインツの地域補完性があげられる。また製品に重複が少なく補完性もあり、コスト削減メリットもある。

株主構成

バークシャー・ハサウェイと3Gキャピタルがあわせて約4割の株式を保有しています。

クラフトハインツの株主構成

クラフトハインツの株主構成

株価推移

クラフトハインツとインデックスのリターン比較

2022年09月28日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

ソース・ドレッシング・調味料業界の世界市場シェアの分析

ソース・ドレッシング・調味料業界の世界市場シェアや市場規模の情報について分析をしています。クラフトハインツ、味の素、マコーミック、キッコーマン、ユニリーバ、ネスレといった主要メーカーの概要や動向も掲載しています。
市場シェア

パスタ・スパゲティ業界の世界市場シェアの分析

パスタ・スパゲティ業界の世界市場シェアと市場規模についての情報を分析しています。併せて、エブロフーズ、バリラ、De Cecco、日清製粉、ラナ等の世界大手パスタメーカーの動向も掲載します。
市場シェア

食品飲料業界の市場シェア・売上高ランキング・市場規模の分析

食品飲料メーカーの世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模について分析。ネスレ、ペプシコ、コカ・コーラ、モンデリーズ、クラフトハインツ、ABインベブ、タイソン・フーズ、ADM、ユニリーバ、アサヒビールといった食品医療メーカーの概略や動向も掲載。
市場シェア

コーヒー業界の世界市場シェアの分析

コーヒー会社・コーヒー業界の世界市場シェアとランキングと市場規模の情報を分析しています。ネスレ、JDEピーツ、チボー、JMスマッカー、キューリグドクターペッパー等の世界の主要コーヒー会社一覧も掲載しています。
市場シェア

菓子・チョコ業界の市場シェア・売上高ランキング・規模・再編の分析

菓子、スナック・チョコ業界の市場シェアと市場規模について分析をしています。ペプシコ、モンデリーズ、マース、ハーシー、フェレロなど菓子メーカーの動向や概要も掲載しています。
市場シェア

乳製品業界の世界市場シェアの分析

乳製品(牛乳・チーズ・ヨーグルト・バター)業界の世界市場シェア、市場規模、再編について分析をしています。ダノン、ラクタリス、フォンテラ、伊利といった大手乳製品メーカーの概要や動向も掲載しています。