菓子・チョコ業界の市場シェア・売上高ランキング・規模・再編の分析

菓子・スナック・チョコ業界の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模・M&A(合併買収)について分析。ペプシコ、モンデリーズ、マース、ハーシー、フェレロなど菓子メーカーの動向や概要も掲載。

市場シェア

菓子メーカー各社の2021年度の売上高(⇒参照したデータの詳細情報)を分子に、後述する市場規模を分母にして、2021年の菓子業界の世界市場シェアを簡易に算出すると、1位はペプシコ、2位はマース、3位はモンデリーズとなります。

2021年の菓子メーカー市場シェアと業界ランキング

順位会社名市場シェア
1位ペプシコ14.7%
2位マース13.4%
3位モンデリーズ8.6%
4位フェレロ4.8%
5位スリースクワーレルズ3.3%
6位ハーシー3.0%
7位ネスレ2.7%
8位リンツ1.7%
9位キャンベルスープ1.3%
10位ゼネラルミルズ1.2%
11位山崎製パン1.1%
12位ロッテ0.8%
13位江崎グリコ0.7%
14位コナグラフーズ0.6%
15位明治HD0.5%
2021年の菓子メーカー市場シェアと業界ランキング

菓子メーカーの世界シェア(2021年)
菓子メーカーの世界シェア(2021年)

1〜3位は米国企業となっています。1位はペプシコで飲料に加えスナック菓子系に強いメーカーです。3位のモンデリーズはオレオやリッツなど著名ブランドを擁しています。マースは同族系非公開企業でM&Mのチコレートが有名です。4位にイタリアのフェレロ、7位にスイスのネスレが入っています。

市場規模

当サイトでは、調査会社等の公表データを参考にし、スナック菓子業界の2021年の世界市場規模を2982億ドルとしております。参考にしたデータは以下の通りです。

調査会社グランドビューリサーチによると、2021年のコンフェクショナリー業界の市場規模は2982億ドルです。2028年にかけて年平均4.3%成長することを見込みます。
調査会社プレシデンスリサーチによると、2020年の同業界の市場規模は2355億ドルです。2030年にかけて年平均2.4%の成長を見込みます。
調査会社のアライドマーケットリサーチによると、2019年の同市場規模は2103億ドルで、2027年にかけて3.6%での成長を見込みます。
調査会社のフォーチュンビジネスインサイツによれば、2018年の同市場の規模は1908億ドルです。2026年に向けて年平均約3.23%の成長を見込んでいます。⇒参照したデータの詳細情報

市場規模成長率見込み
20212982億ドル4.3%
20202355億ドル2.4%
20192103億ドル3.6%
20181908億ドル3.23%
注)成長率は市場規模推定時点での見込み
コンフェクショナリー業界の世界市場規模の推移©ディールラボ

売上高ランキング

2021年度10-12月*四半期売上高をベースとした菓子メーカーのランキングでは、1位ペプシコ、2マース、3位モンデリーズとなっています。マースは四半期業績未公表のため年間売上高からの推定値ですが、モンデリーズを抜いて2位に浮上しています。⇒参照したデータの詳細情報

お菓子メーカーの売上高ランキング(四半期ベース)
お菓子メーカーの売上高ランキング(四半期ベース)
*2021年9-11月の売上高
**2021年11-2022年1月の売上高

M&A・再編

2016年以降のお菓子業界のM&A案件に関する企業価値売上高マルチプルは概ね1~3倍のレンジで取引されています。

お菓子業界の買収マルチプル

お菓子業界の買収マルチプル

1969年 キャドバリーが飲料大手のシュエップスと経営統合をしてキャドバリー・シュエップスが誕生
1985年 米国の乳製品大手カーネーション・カンパニーを買収
1986年 マーズによる米国のDove International社の買収
1988年 ネスレによるイタリアのパスタ大手のブイトーニ・ペルジーナグループを買収
1998年 ネスレによるキットカット等の菓子ブランドを持つ英ラウントリーズ・マッキントッシュ社の買収
1998年 フィリップモリスによるクラフトフーズ社の買収
1990年 クラフトフーズによるドイツのチョコ大手Jacobs Suchard社の買収
2000年 クラフトフーズとナビスコの経営統合
2000年 ネスレによる米国栄養バーのPowerbarの買収
2003年 ネスレによる米アイスクリーム大手Dreyer’s社(ドレイヤーズ )アイスクリームの買収
2008年 マーズによる米ガム大手William Wrigley Jr社(ウィリアム・リグリー・ジュニア)の買収
2010年 クラフトフーズによる英キャドベリー社の買収
2011年 ペプシによるブラジルのビスケット最大手Mabel(マベル)の買収
2011年 ネスレによる中国のスナック・キャンディ会社のHsu Fu Chi Internationalの買収
2012年 ケロッグによるプリングルスの米P&Gからの買収
2012年 クラフトフーズによるモンデリーズインタナショナル社の分社化
2014年 リンツによるRussell Stover Candiesの買収
2016年 JABがクリスピークリームドーナツを買収
2017年 ケロッグがChicago Bar Company(シカゴ・バー・カンパニー)を買収
2018年 ハーシーによるAmplify Snack BrandsとOne Brands(ワンブランズ)の買収
2018年 キャンベルスープがSnyder’s-Lance (スナイダーズ・ランス)を買収
2019年 ペプシコによるPioneer Foodの買収
2019年 フェレロがケロッグからクッキー事業を買収
2019年 MBKパートナーズがゴディバのアジア事業を買収
2019年 キャンベルスープがアーノッツ・ビスケットをKKRに売却
2021年 モンデリーズがオーストラリアのGourmet FoodとHu Master Holdingsを買収
2021年 ハーシーがヘルシー菓子のLily’s Sweetsを買収

世界の主要な菓子・チョコレートメーカー

PepsiCo(ペプシコ)

ペプシコは、1898年に設立された米国に本拠を置く世界最大手の飲料・菓子メーカーです。飲料分野ではコカコーラと並ぶ世界最大手の一角で、ペプシコーラやゲータレードブランドで展開しています。菓子分野でも世界最大手級です。Lay's、Doritos、Cheetos、SunChips等が代表的なスナックブランドとなっています。近年は高級水のLIFEWTRや買収したソーダストリーム等を通じて無糖飲料分野を強化しています。さらに詳しく

Mondelez International(モンデリーズ)

Mondelez International(モンデリーズ)は米国に本拠を置く大手菓子・食品メーカーです。食品・菓子大手のKraft Foods より分社化して誕生しました。Kraft Foods(クラフトフーズ)は北米事業に特化しています。Oreo(オレオ)やRitz(リッツ)、Cadbury(カドベリー)等のチョコ・ビスケット・スナックブランドも取り扱っています。さらに詳しく

Mars(マース)

Mars(マース)は米国に本拠を置く大手菓子メーカーです。マース家が所有する非公開会社です。Marsの読みは「マーズ」ではなく、「マース」です。2008年に買収したガムメーカーのWM Wrigley Jr(ウィリアム・リグレー・ジュニア)のブランド、Snickers(スニッカーズ)やM&M'sといったチョコレート菓子に強みを持っています。2014年にP&Gからペットフード事業を買収し、事業の多角化を推進しています。Pedigree、ROYAL CANIN等の有力ブランドを有しています。

Nestle(ネスレ)

ネスレは、1866年に薬剤師のアンリ・ネスレ氏によって設立されたスイスに本拠を置く世界最大級の総合食品・飲料メーカーです。食品ではパスタのブイトーニやコンソメのマギー等、飲料ではネスカフェやミロ、乳製品、菓子類ではKitKatやCrunch等のチョコレートのブランドにて世界展開しています。2018年以降、アクティビストファンドであるサードポイントからの要請で、事業ポートフォリオの再構築を急いでいます。2019年には、投資ファンドのEQTパートナーズ、アブダビ投資庁およびPSPインベストメントに、同社のスキンヘルスケア事業を売却しました。スキンヘルスケア事業は、Proactive(プロアクティブ)やCetaphil(セタフィル)などのにきび防止用の洗顔料、保湿剤などのスキンケア用品などを展開しています。2021年にはKKRから栄養補助食品大手ザ・バウンティフル・カンパニーの主要ブランドであるネイチャーズバウンティ、ソルガー、オステオバイフレックスを買収しました。さらに詳しく

Hershey Company(ハーシー)

米国に本拠を置く大手菓子メーカーです。Hershey’s(ハーシーズ)ブランドのチョコレート菓子が有名です。2014年に中国の上海金糸猴食品(ゴールデン・モンキー食品)を買収しています。

Ferrero(フェレロ)

イタリアに本拠を置く菓子メーカーです。ロシェやtictac等のブランドで有名です。2015年に英ソーントンズを買収しています。

LINDT & SPRUNGLI (リンツ&シュプルングリー)

スイスに本拠を置く世界的なブランドのチョコレートメーカーです。ショコラフォンダンで有名です。マカロン等でも有名なコンフィズリー・シュプルングリー ( Confiserie Sprüngli )と同じ発祥です

江崎グリコ

日本を代表する菓子メーカー。グリコのポッキー(海外名はミカド)など、グローバルブランドを保有しています。

ロッテ

日韓の総合菓子メーカー。ガム、チョコ、アイス等を多角展開しています。創業者の死去後、統治体制で相続問題が発生しました。

三只松鼠(スリースクワーレルズ、Three Squirrels)

2012年に設立された中国を代表するナッツやドライフルーツメーカーです。オンラインでの販売に特化した戦略が奏功し、急成長を遂げました。2019年に深圳証券取引所に上場をしました。

キャンベルスープ

Campbell Soup(キャンベルスープ)は、1869年に設立された加工食品メーカーです。社名のキャンベルの濃縮スープやV8ブランドの野菜ジュースといった強力なブランドを擁しています。オーストラリアのビスケット最大手アーノッツ・ビスケットを売却し、スープ、飲料、スナックなどの分野に経営資源を集中させています。さらに詳しく

キャンベル(2022年7月撮影 by ディールラボ)

赤い色がトレードマークのキャンベル(2022年7月撮影 by ディールラボ)

山崎製パン

山崎製パンは、1948年に飯島藤十郎氏によって設立された日本を代表する製パンメーカーです。ヤマザキパンや山パンの略称で親しまれています。食パン・菓子パンや和菓子類等の分野で事業を展開しています。デイリーヤマザキでコンビニ事業も行っています。子会社の不二家は洋菓子に注力しています。飯島家が大株主となっています。さらに詳しく

参照したデータの詳細情報について


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さい。
会員登録はこちらです。