三菱重工の世界市場シェアと売上構成の分析

三菱重工業は、1884年に創業された日本を代表する重工業グループです。三菱グループの中核企業の1社と言われています。戦前は軍産複合体として成長し、戦時中は戦艦武蔵やゼロ戦を手掛け、当時から技術力では世界最高水準を維持しています。戦後は民間向けの重工分野を強化し、発電所システム、航空機エンジン、航空機、船舶、ターボチャージャ、フォークリフト、機械システム、エンジニアリング、防衛関連機器の製造販売を行っています。

業績推移(年次)

2021年度
売上高は前年度比4.33%増の3,860,283百万円になりました。営業利益は196.30%増の160,240百万円になりました。営業利益率は4.15%になりました。需要の回復が追い風となりエナジー、プラント・インフラ、物流・冷熱・ドライブシステム、航空・防衛・宇宙の全セグメントで増収となり、物流費や原材料の高騰を上回る増益となりました。

2020年度
スチームパワー、GTCC、商船、エンジニアリング、製鉄機械といった分野で売上高が減少し、売上収益は、前連結会計年度を3,414億29百万円(△8.4%)下回る3兆6,999億46百万円となりました。一方営業利益は、航空・防衛・宇宙セグメントが増加したことにより、前年度から836億19百万円改善して540億81百万円となりました。収益力の改善が優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題とされています。

三菱重工業の業績推移

三菱重工業の業績推移

業績推移(四半期)

2021年度第4四半期(1~3月)
売上高は前年同期比10.79%増の1,214,908百万円になりました。営業利益は161.58%増の79,415百万円になりました。営業利益率は6.54%になりました。

三菱重工業の四半期業績推移

三菱重工業の四半期業績推移

EPS・配当額・配当性向の推移

2021年度
希薄化後EPSは前年度比179.77%増の338.05円になりました。1株当たりの配当は前年度比33.33%増の100.00円になりました。配当性向は29.58%になりました。

三菱重工業のEPS・1株配当・配当性向の推移

三菱重工業のEPS・1株配当・配当性向の推移

売上構成

三菱重工のセグメント毎の売上高は次のようになります。タービンなどを製造するエナジー部門が最も大きな売上高を計上しています。

三菱重工の売上構成(2021年)

三菱重工の売上構成(2021年)

セグメントを製品別に細分化すると、次のような売上構成になります。ガスタービン(GTCC)や防衛宇宙、スチームタービン事業の売上構成が大きくなっています。

三菱重工業の製品別売上構成(2021年度)

三菱重工業の製品別売上構成(2021年度)

エナジー
火力発電システム(GTCC、スチームパワー)、原子力発電システム(軽水炉、原子燃料サイクル・新分野)、風力発電システム、航空機用エンジン、コンプレッサ、環境プラント、舶用機械等の設計、製造、販売を行っています。

プラント・インフラ
製鉄機械、船舶、エンジニアリング、環境設備、機械システム、工作機械等の設計、製造、販売を行っています。

物流・冷熱・ドライブシステム
物流機器、ターボチャージャ、エンジン、冷熱製品、カーエアコン等の設計、製造、販売を行っています。

航空・防衛・宇宙
民間航空機、防衛航空機、飛しょう体、艦艇、特殊車両、特殊機械(魚雷)、宇宙機器等の設計、製造、販売を行っています。

主なM&A(合併・買収)

2021年 日本電産へ工作機械事業の事業譲渡
2021年 洋上風力発電設備専業の合弁会社の株式全てをVestas 社へ譲渡
2020年 三井E&Sホールディングスから艦艇事業の譲渡受け
2017年 仏アレバの燃料サイクル事業への出資
2015年 ニチユ三菱フォークリフトがユニキャリアを買収

株価パフォーマンス

三菱重工とインデックスの株価パフォーマンス比較

2022年05月26日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

戦略レビュー

ABBによるターボ過給機事業の戦略レビュー

ABBがターボチャージング(ターボ過給機)、メカニカルパワートランスミッション(動力伝達機器)、パワーコンバージョン(電力変換機器)事業の戦略レビューを発表しました。 戦略レビューの対象となる3事業の売上高は約17.5億ドルで、ABB全体の約6%を占めます。
2022.04.19
市場シェア

タービン発電機業界の世界市場シェアの分析

水力・蒸気(火力・原子力・地熱)・ガス発電所向けタービン発電機業界の世界シェアや市場規模の情報について分析をしています。アルストム、GE、シーメンス、ドンファン、フォイトハイドロ、オーマット等のタービン発電機メーカーの動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

コンプレッサー業界の世界市場シェアの分析

コンプレッサー業界の世界シェアや市場規模について分析をしています。アトラスコプコ、GE、シーメンス、荏原製作所、インガソールランド、日立といったコンプレッサー(圧縮機)大手メーカーの動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

原子力発電機器業界の世界市場シェアの分析

原子力発電機器業界の世界市場シェアや市場規模について分析をしています。フラマトム(旧アレバNP)、GE、日立、ウェスティングハウスといった大手原子力発電メーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

ターボチャージャー・過給機メーカーの世界シェアと市場規模の分析

ターボチャージャー・過給機業界の世界シェアと市場規模について分析をしています。ギャレット、ボルグワーナー、三菱重工、石川島播磨(IHI)、ABB、マンエナジーソリューションズといった大手ターボチャージャーメーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.05.21
市場シェア

船舶エンジン業界の世界市場シェアの分析

船舶エンジン業界の世界シェアと市場規模について分析をしています。業界大手であるマン、バルチラ、ロールス・ロイスなどの概要や動向についても掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

航空機エンジン業界の市場シェア・売上高ランキング・市場規模の分析

航空エンジン業界の世界シェア・売上高ランキング・市場規模について分析をしています。航空エンジン御三家のGE、ロールスロイス、プラット・アンド・ホイットニー、それに続くハネウェル、サフランといった世界大手航空エンジンメーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.05.12
市場シェア

風力発電機・風車・ウィンドタービンの市場シェア

風車や風力発電機(ウィンドタービン、Wind Turbine)の業界や世界市場シェアについて分析をしています。ヴェスタス、金風科技、GEリニューアブルエナジー、シーメンスガメサ等風力タービンの世界大手動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

旅客機・航空機・リージョナルジェットメーカーの世界市場シェアの分析

旅客機、航空機やリージョナルジェットメーカーの世界市場シェアや市場規模について分析をしています。ボーイング、エアバス、ボンバルディア、エンブラエル、COMAC、三菱リージョナルジェット 、テキストロンといった世界大手の旅客機メーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

造船業界の世界市場シェアの分析

造船業界の世界シェア、市場規模や再編について分析をしています。中国船舶集団(CSSC)、現代重工業(韓国造船海洋)、大宇造船海洋、サムスン重工業、今治造船、JMU等主要造船メーカー概要も掲載しています。
2022.04.19