風力発電機・風車・ウィンドタービン業界

風車や風力発電機(ウィンドタービン、Wind Turbine)の業界や世界市場シェアについて分析をしています。ヴェスタス、金風科技、GEリニューアブルエナジー、シーメンスガメサ等風力タービンの世界大手動向も掲載しています。

市場シェア

調査会社のグローバルウィンドエナジーカウンシルの発表によれば、2019年に、発電容量63ギガワット超の2万2893基の風力発電所が設置され、風力発電のタービンは33社のメーカーが担っています。メーカー別の設置済み発電容量による2019年の市場シェアは以下の通りとなります。

  • 1位    ヴェスタス(Vestas)    18.0%
  • 2位     シーメンスガメサ・リニューアブル・エナジー(Siemens Gamesa Renewable)    15.7%
  • 3位     金風科技(ゴールドウィンド)    13.2%
  • 4位     GEリニューアブル・エナジー    11.6%
  • 5位     遠景能源(ENVISION)    8.6%
  • 6位     明陽風電集団(Mingyang)    5.7%
  • 7位     ノルデックスアクシオナ(Nordex Acciona)    4.9%
  • 8位     エネルコン    3.0%
  • 9位     遠達(Widney)    3.5%
  • 10位     東方電気(Dongfang)    2.1%
  • 11位     エスイーウィンド(Sewind)    2.0%
  • 12位     中船重工海装風電(CSIC Haizhuang Wind Power)(中国)    1.8%
  • 13位     センビオン(Senvion)    1.7%
  • 14位     ユナイテッド・パワー(United Power)    1.7%
  • 15位     MHIヴェスタス(MHI Vestas)    1.6%

世界大手風力発電会社の動向

GEリニューアブルエナジー

世界を代表する総合電機メーカーです。風力発電機の分野は2020年にエンロンから同事業を買収して参入しました。フランスのアルストムから送電網と風力発電事業を買収し規模を拡大しております。

シーメンスガメサ・リニューアブル・エナジー(Siemens Gamesa Renewable)

ドイツを代表する総合電機メーカーであるシーメンスの風力発電機事業とスペインの風力発電メーカーが2016年に経営統合して誕生しました。洋上風力向けの風車に強みを持っています。2019年にセンビオンから陸上風車事業を買収しています。

ヴェスタス(Vestas)

1945年に創業のデンマークに本拠を置く風力発電機器メーカー大手です。洋上風力の分野では三菱重工業と2016年に提携して、MHIヴェスタスを設立しています。

エネルコン

1984年に設立されたドイツに本拠を置く風力発電機器メーカー大手です。ギアレス型の陸上風力に強みを持ちます。

Nordext Acciona(ノルデックス・アクシオナ)

2016年にドイツの風力発電機メーカーのノルデックスがスペインの風力発電機メーカーのアクシオナを買収して誕生しました。

センビオン(Cenvion)

ドイツの風力発電機器メーカーです。インドのスズロン傘下から2015年に米投資ファンドのCenterbridge Partners傘下となり、2019年に破綻しております。再生プロセスの中でシーメンスガメサに陸上風車事業を売却しました。

スズロングループ

インドの風力発電機器大手のスズロン社です。インド国内では圧倒的なシェアを持ちます。

中国の風力発電機メーカー

中国は陸上風力の市場として大きく、数多くの風車メーカーが誕生しています。その中でも最大手は1985年に設立された中国に本拠を置く風力発電機器メーカーのゴールドウィンドです。陸上と洋上風力の風車のどちらも手掛けています。その他にも大手中国電力傘下の聯合(ユナイテッドパワー)、Mingyang(ミンヤン)やエンビジョン、遠達、東方電気などがあります。

業界関連図書

  • 海事総合誌COMPASS2014年9月号 日本の海に新市場が生まれる 洋上風力発電 [Kindle版]
  • 風力発電市場・技術の実態と将来展望〈2014〉洋上風力・陸上風力発電市場実態/予測・関連技術 (市場予測・将来展望シリーズ) [単行本]
  • 風力発電機とデンマーク・モデル―地縁技術から革新への途 [単行本]
  • 風力発電機製作ガイドブック (自然エネルギーガイド) [単行本]

コメント

タイトルとURLをコピーしました