グローバルサプライチェーン圧力指数の推移

グローバルサプライチェーン圧力指数の推移

グローバルサプライチェーン圧力指数(GSCPI)は、2022年1月から米国ニューヨーク連邦準備銀行(NY連銀)が公表を始めた指数です。

GSCPIは、Baltic Dry Index(BDI)とHarpex indexの海上輸送コスト、およびBLSのアジア・欧州・米国間の航空輸送コスト指数、中国、ユーロ圏、日本、韓国、台湾、英国、米国7カ国の製造業のPMI(Purchasing Managers' Index)を用いて測定しています。

平均はゼロとし、値が大きくなるほどサプライチェーンが逼迫している状況を示す形となります。

2022年7月
サプライチェーンの圧力は7月に低下し、緩和が継続したています。ただし、歴史的な数値の高さは継続しています。

2022年5月
5月のグローバル・サプライ・チェーン圧力は前月比低下しました。歴史的な数値の高さは継続しています。

2022年4月
グローバルのサプライチェーン圧力は、2021年12月以来初めて上昇しました。GSCPIの構成要素の大半が低下しましたが、中国とユーロ圏の納期と英国の受注残がプラスに寄与しました。今後については、地政学的緊張の高まりが短期的にサプライチェーン圧力を高める可能性があります。

グローバルサプライチェーン圧力指数

関連する業界

市場シェア

エアライン・航空業界の世界市場シェア

航空・エアライン・空運業界の世界市場シェアと市場規模の情報について分析をしております。デルタ、アメリカン、ユナイテッド、JAL、ANA、中国系3社(中国南方、東方、エアチャイナ)、LCC(ライアン、イージージェット)といった大手エアライアン会社の概要も掲載しています。
市場シェア

フォワーディング・宅配便・物流業界の世界市場シェアの分析

フォワーディング・宅配便・物流業界の市場シェア、市場規模と業界の再編について分析をしています。ドイツポスト、UPS、日本郵便、ヤマト、DHL、DBシェンカー、 キューネ・アンド・ナーゲルといった大手物流企業の概要や動向も掲載しています。
市場シェア

海運業界の市場シェア・売上高ランキング・規模・再編の分析

海運会社の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模・M&A(合併買収)について分析をしています。CMA CGM、コスコ、マースク、MSC、ハパックロイド、オーシャンネットワークエクスプレス、日本郵船といったバルク船、コンテナ船やLNG船を保有する海運大手の概要も掲載しています。
再編候補

運輸業界でM&Aの対象となる会社の分析

今後M&Aや再編の対象となる運輸会社について一覧表を作成しています。通関サービス、フォワーダー、サードパーティロジスティクス、コールドチェーン、海運、空運、陸運といった分野で投資ファンドが保有する会社の売却が予想されます。