川崎汽船の市場シェア・業績推移・売上構成の分析

川崎汽船の市場シェア・業績推移・売上構成の分析

川崎汽船は、1919年に設立された川崎重工業の船舶部を起源にもつ日本の大手海運会社です。ザ・アライアンスの一員です。Oneを通じたコンテナ輸送事業に加えて、ドライバルク、自動車船輸送、エネルギー輸送(ドリルシップやFPSOなど)も手掛けています。2022年に川崎近海汽船を株式交換で子会社化しました。

業績(年次)

2021年度
売上高は前年度比21.02%増の756,983百万円になりました。当期利益は482.12%増の646,634百万円になりました。当期利益率は85.42%になりました。経営統合をしたコンテナ事業であるONEの業績が好調で、増収増益になりました。

川崎汽船の業績推移
川崎汽船の業績推移

業績推移(四半期)

2022年第2四半期(4-6月)
売上高は前年同期比30.76%増の228,498百万円になりました。当期利益は161.44%増の266,639百万円になりました。当期利益率は116.69%になりました。

2022年第1四半期(1-3月)
売上高は前年同期比27.89%増の200,488百万円になりました。当期利益は382.06%増の219,084百万円になりました。当期利益率は109.28%になりました。

川崎汽船の四半期業績推移

川崎汽船の四半期業績推移

業績予想

2022年8月3日時点
1株配当が300円から600円へと増配(1000億円の株主還元の検討は除く)されました。

2022年7月21日時点(上方修正)
売上高は780,000百万円から890,000百万円へと14.1%上方修正です。当期利益は460,000百万円から690,000百万円へと50.0%上方修正です。ドライバルク事業と定期船事業が好調でした。

川崎汽船の上方修正(2022年7月21日発表)

川崎汽船の上方修正(2022年7月21日発表)

2022年5月9日時点
売上高は780,000百万円、当期利益460,000百万円、当期利益率58.97%、1株配当は300円(1000億円の株主還元の検討は除く)を見込みます。

EPS・1株配当・配当性向の推移

希薄化後EPSは前年度比491.03%増の6,887.53円になりました。配当性向は8.71%になりました。

川崎汽船のEPS・1株配当・配当性向の推移
川崎汽船のEPS・1株配当・配当性向の推移

売上構成

バルク、エネルギー輸送、自動車輸送、コンテナ輸送が主力になります。

川崎汽船のセグメント別売上構成(2021年度)
川崎汽船のセグメント別売上構成(2021年度)

主なM&A

  • 2022年 川崎近海汽船を子会社化

バリュエーション分析

川崎汽船(2022/6/22公開)

アナリストの目標株価

目標株価の平均値は12,490円です。(2022/08/24時点)

川崎汽船のアナリスト目標株価

市場シェア

株主提案

外航海運会社の業績進捗率の定期レビュー

外航海運会社といわれる日本郵船、商船三井、川崎汽船の四半期決算毎の業績進捗率をレビューし、業績の上方修正や下方修正の可能性について分析をしています。
市場シェア

海運業界の市場シェア・売上高ランキング・規模・再編の分析

海運会社の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模・M&A(合併買収)について分析をしています。CMA CGM、コスコ、マースク、MSC、ハパックロイド、オーシャンネットワークエクスプレス、日本郵船といったバルク船、コンテナ船やLNG船を保有する海運大手の概要も掲載しています。