運輸業界でM&Aの対象となる会社の分析

今後M&Aや再編の対象となる運輸会社について概要を作成しています。通関サービス、フォワーダー、サードパーティロジスティクス、コールドチェーン、海運、空運、陸運といった分野で投資ファンドが保有する会社の売却が予想されます。
なお、本記事の作成日以降にM&Aによって下記会社が買収されている可能性もありますことを予めご了承下さい。

M&Aの対象となるフォワーディング・3PL運営会社の一覧

社名:SGL
本社所在地:デンマーク
買収した年:2016年
現在の株主:AEAインベスターズ
Scan Global Logistics(スキャン・グローバル・ロジスティクス、SGLトランスグループ)は、デンマークに本拠を置くフォワーダーです。2015年の売上高とEBITDAは約32億クローネ、1億クローネなります。北欧の大手企業に対して、北米に拠点を置くグループ関連会社のSGL Groupとともに、空運・海運の輸送サービスを提供しています。AEAインベスターズが2016年8月に投資ファンドのBWB Partnersと経営陣から約2億で買収しました。

社名:VGL
本社所在地:ポーランド
買収した年:2018年
現在の株主:21インベスト
VGLは、ポーランドに本拠を置くフォワーダーです。年間約55,000 TEUの貨物を取り扱います。香港や上海を含む14都市で展開をしています。21インベストが2018年に買収をしました。

社名:WFC
本社所在地:イギリス
買収した年:2018年
現在の株主:PAIパートナーズ
WFCは、1992年に創業された英国に本拠を置くフォワーディング会社です。2018年8月にPAIパートナーズが買収をしました。買収時点の企業価値は630百万ユーロです。

社名:World Freight
本社所在地:フランス
現在の株主:ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア
World Freight Company International (ワールドフレートカンパニーインターナショナル)は、フランスのロワシーアンフランスにある3つのRue du Cercleを拠点としているフォワーダーです。ベアリング・プライベート・エクイティ・アジアが買収しました。

社名:Cardinal
本社所在地:米国
買収した年:2019年
現在の株主:Centerbridge Partners
Cardinal(カーディナル)は、米国に本拠をおき、主に北米を中心に3PL(サードパーティロジスティクス)を提供しています。HIGキャピタルが2019年6月にCenterbridge Partnersより買収をしました。

社名:Odyssey Logistics
本社所在地:米国
買収した年:2017年
現在の株主:Jordan Company
インターモーダルな輸送サービスを3PLで提供しています。Jordan Companyが買収しました。

社名:Capstone
本社所在地:米国
買収した年:2020年
現在の株主:HIGキャピタル
Capstone Logisticsは主に食品や雑貨を中心とした物流のコーディネートをするサードパーティロジスティクス会社です。米国以外にもカナダやオーストラリアで展開します。2020年にHIGキャピタルが買収しました。

社名:Ligentia
本社所在地:イギリス
買収した年:2021年
現在の株主:エクイストーン
Ligentia(リジェンティア)は、英国に本拠を置く1996年に設立されたロジスティクスマネジメントサービスを提供する会社です。顧客のサプライチェーンの効率化について、輸送を手配することでサポートしています。2021年にエクイストーンが買収しました。

社名:Consignor
本社所在地:ノルウェー
買収した年:2020年
現在の株主:Francisco Partners(フランシスコパートナーズ)
Consignor Groupは配送業者に対して荷物の配送を効率的に管理できるようにするITサービスを提供しています。2020年にFrancisco Partners(フランシスコパートナーズ)が買収をしました。

宅配分野で今後M&Aの対象となる可能性がある会社

社名:Logen
本社所在地:韓国
買収した年:2013年
現在の株主:ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア
Logen Logistics(ローゼン・ロジスティクス)は、CJ Korea Express、現代ロジスティクス、韓進トランスポーテーションに次ぐ、韓国第4位の宅配便会社です。ベアリング・プライベート・エクイティ・アジアが2013年に投資を実行しました。

社名:Integer
本社所在地:ポーランド
買収した年:2017年
現在の株主:アドベントインターナショナル
Integer.pl S.A. (インテジャーPLグループ)は、ポーランドの小包ロッカーオペレーターです。宅配も行います。小包ロッカーは年中無休で荷物を発送・受領できます。宅配会社としても同国大手です。アドベントインターナショナルが2017年に買収しました。

社名:BD myShopi
本社所在地:ベルギー
買収した年:2011年
現在の株主:NPMキャピタル
BD myShopiはECや既存店舗の商品配送を代行する会社です。自社アプリで顧客からの注文も管理しています。NPMキャピタルが買収しました。

社名:Apaczka
本社所在地:ポーランド
買収した年:2020年
現在の株主:Abris Capital Partners
Apaczkaは、ポーランドに本拠を置くイーコマース向けのロジスティクス受託会社です。商品の管理、梱包、出荷といった包括的なサービスを提供します。21インベストが2017年に買収後、2020年にAbris Capital Partnersが買収しました。

社名:Material Handling Systems
本社所在地:米国
買収した年:2017年
現在の株主:Thomas H. Lee
Material Handling Systemsはイーコマース運営会社向けにロジスティクス構築を行う会社です。2017年にThomas H. Leeが買収しました。

社名: Parcel2Go
本社所在地: イギリス
買収した年: 2021年
現在の株主: EQT
Parcel2Goは中小企業などがECサイトで販売した商品の集荷・配送及び配送管理ができるソフトウェアを提供します。eBay、Amazon、Etsyといった複数のECサイトで配送管理ができます。2021年にEQTが買収しました。

海運分野で今後M&Aの対象となる可能性がある会社

社名:Molslinjen
本社所在地:デンマーク
株主:EQT
1963年に設立されたデンマーク国内でフェリー運航する会社です。

社名:Torghatten
本社所在地:ノルウェー
株主:EQT
1878年に設立されたノルウェーに本拠を置く旅客輸送会社です。フェリー、スピードボート、バス、エアライン会社を運営しています。

社名:NileDutch
本社所在地:オランダ
買収年:1998
株主:NPMキャピタル
NileDutchはロッテルダム港を拠点とするコンテナ海運会社です。欧州やアフリカへの航路に強みを持ちます。NPMキャピタルが買収しました。

社名:OneOcean
本社所在地:イギリス
買収年:2016
株主:エクイストーン
OneOceanは航海データの提供することで効率的な運航管理を可能にします。エクイストーンが買収しました。

社名:Seacor
本社所在地:米国
買収年:2021
株主:アメリカンインダストリアルパートナーズ
Seacorは海運会社です。バルク船運航、港湾管理、船舶保有などを行っています。AIPが買収しました。

空運分野で今後M&Aの対象となる可能性がある会社

社名: Trans Maldivian Airways(トランス・モルディビアン・エアウェイズ)
本社所在地: モルジブ
買収した年: 2021年
現在の株主: カーライルなど
Trans Maldivian Airways(トランス・モルディビアン・エアウェイズ)は世界最大の水上飛行機運航会社です。モルジブ内の諸島を結ぶ航路で水上飛行機を運航しています。

社名:Sun country airlines(サンカントリーエアライン)
本社所在地:米国
買収年:2018年
株主:アポログローバル
Sun country airlines(サンカントリーエアライン)は、米国のミネソタに本拠を置くエアライン会社です。2018年にアポログローバルが買収をしました。

社名:シンガポール航空
本社所在地:シンガポール
株主:テマセク
シンガポール航空はシンガポールを代表するエアライン会社です。テマセクが55%の株式を保有しています。

陸運分野で今後M&Aの対象となる可能性がある会社

社名: SMRT Corporation
本社所在地:シンガポール
現在の株主: テマセク
SMRT Corporationはシンガポールにおける鉄道などの公共交通機関の運営会社です。テマセクが100%の株式を保有しています。

社名: First Student、First Transit
本社所在地:米国
買収年: 2021年
現在の株主: EQT
First StudentとFirst Transitは米国に拠点を置く学校や公共施設への巡回バスを運営するバス運行会社です。EQTがイギリスのFirstGroupより46億ドルで買収しました。

特殊輸送分野で今後M&Aの対象となる可能性がある会社

社名:Recochem
本社所在地:カナダ
買収した年:2018年
現在の株主:HIGキャピタル
Recochemは、液体の輸送サービスを提供しています。HIGキャピタルが2018年9月にSwander Pace Capitalから買収をしました。

社名:Envirotainer
本社所在地:スウェーデン
現在の株主:シンベン
Envirotainer(エンバイロテイナー)は、1995年にスウェーデンで設立されたコンテナ輸送サービス会社です。温度管理を徹底した特殊コンテナを利用したコールド・チェーン・マネジメントに強みを持ちます。オペレーション拠点はドイツ、アメリカ南部、シンガポールにあります。シンベンが買収をしました。

社名:CMS
本社所在地:インド
現在の株主:ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア
CMS(シーエムエス)は、インド最大の現金物流会社です。ATMの運営管理も行っています。ベアリング・プライベート・エクイティ・アジアが買収しました。

社名:BlueCrest
本社所在地:米国
買収した年:2018年
現在の株主:プラチナエクイティ
BlueCrest(ブルー・クレスト)は、北米にて郵便物の印刷、封入・封かん(インサート)、仕分け(ソート)等を行っています。プラチナエクイティが、2018年にPitney Bowes(ピツニーボウズ)より買収しました。

社名:Wallenborn
本社所在地:ルクセンブルク
買収した年:2018年
現在の株主:エクイストーン
Wallenbornは空港向けの運輸サービスを提供しています。

通関サポート分野で今後M&Aの対象となる可能性がある会社

社名:Customs Support
本社所在地:デンマーク
買収した年:2020年
現在の株主:メンタ・キャピタル
Customs Supportは、輸入や輸出書類の作成、VATの計算といった関税手続きのサポートをする会社です。オランダ、ベルギー、ドイツ、フランス、英国、ポーランドで展開しています。Castik Capitalが2020年にメンタ・キャピタルが買収しました。

社名:Livingston
本社所在地:カナダ
買収した年:2019年
現在の株主:プラチナエクイティ
Livingston(リビングストン)は、カナダに本拠をおく、通関、貨物輸送、貿易コンサルティングを専門とする国際貿易サービス会社です。プラチナエクイティが2019年にカナダ年金制度投資委員会(CPPIB)から買収をしました。

物流や輸送機マッチング分野で今後M&Aの対象となる可能性がある会社

社名: Click&Boat(クリック&ボート)
本社所在地: フランス
買収した年: 2021年
現在の株主: ペルミラ、Boatグループ
Click&Boat(クリック&ボート)はボートを借りたい人と貸したい人をつなぐマッチングサイトです。ボートのレンタルを気軽にできるようになります。2021年にペルミラが買収をしました。

社名:MONTWAY
本社所在地:米国
買収した年:2020年
現在の株主:AEAインベスターズ
MONTWAYは、北米に本拠をおき自動車の配送ロジスティックスをコーディネートしています。自動車メーカーやディーラーから最終ユーザー(個人や法人)へ自動車を届ける配送業務を仲介するプラットフォームを提供しています。AEAインベスターズが2020年11月に買収しました。

今後M&Aの可能性がある倉庫会社

社名: AutoStore
本社所在地: ノルウェー
買収年:2016年
株主: Thomas H. Lee Partners、 EQT、ソフトバンク
1996年に設立されたノルウェーに本拠を置くAutoStoreは、ロボットを使った倉庫のピッキングなどの自動化をサポートしています。2016年にEQTが買収し、THLが2019年にEQTから持分を買収、2021年にソフトバンクが40%の株式を取得しました。

社名:Makios Logistics
本社所在地:ギリシャ
買収年:2021年
株主:HIGキャピタル
Makios Logisticsはギリシャのテッサロニキ港で倉庫を運営しています。2021年にHIGキャピタルが買収しました。

社名:WDX
本社所在地:ポーランド
買収年:2018年
株主:Abris Capital Partners
WDXは倉庫内のロジスティクスの導入や運営をサポートしています。2018年にAbris Capital Partnersが買収を行いました。