Scan Global Logistics(スキャン・グローバル・ロジスティクス、SGLトランスグループ)の概要と類似会社

会社概要

2016年8月に投資ファンドのAEA Investors (AEAインベスターズ)が、同じく投資ファンドであるBWB Partnersと経営陣から約2億で買収したデンマークに本拠を置くフォワーダーです。買収直前の2015年度の同社売上高とEBITDAは約32億クローネ、1億クローネなります。北欧の大手企業に対して、北米に拠点を置くグループ関連会社のSGL Groupとともに、空運・海運の輸送サービスを提供しています。同社はScanam TransportとMahé Freightの合併によって2007年に誕生しました。同社アニュアルレポートによれば、2018年度売上高とEBITDAは、約35億クローネと91百万クローネとなっております。従業員数は約1700名、米州、アフリカ、欧州、アジア太平洋地域に100以上の拠点を有しております。

業種

運輸

連絡先

住所

Kirstinehoej 7
Kastrup
Denmark

DK-2770

電話 +45 32 48 00 00
Fax +45 32 48 01 01
Email headoffice@scangl.com

想定類似会社

Scan Global Logistics(スキャン・グローバル・ロジスティクス、SGLトランスグループ)と類似する事業を運営している先には以下のフォワーダーが考えられます。いずれも買収シナジーとしては、北欧拠点を強化する、外資系の荷主を得るという観点からシナジーが見込めるのではないでしょうか。

日本通運

日本最大手の総合物流会社です。国際輸送にも強く、フォーワーディング業務も空路、海路、陸路を総合的にカバーしています。輸送貨物量の世界ランキングでも上位に入っています。

近鉄エクスプレス

近畿日本鉄道の国際貨物部門が発祥で、現在も近鉄ホールディングスが主要株主となっています。シンガポールの同業であるAPL Logisticsを2015年に買収するなど、欧米の大手フォワーダーと伍していくために、海外戦略を強化しています。航空貨物輸送や外資系の荷主が多いことが強みとなっています。

郵船ロジスティクス

海運大手の日本郵船傘下のフォワーダーです。航空貨物の取扱いに強みがありますが、海上輸送や3PLも手掛け総合ロジスティクスプロバイダーです。スイスのパルピナと戦略的な提携を行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました