ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア(Baring Private Equity Asia, BPEA)の投資先の分析

ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア(Baring Private Equity Asia, BPEA)は、英国王室とも取引のあった英国最古のマーチャントバンクと言われるベアリング銀行を起源とする投資ファンドです。ベアリング銀行は1995年に破たんしましたが、ベアリング・プライベート・エクイティ・アジアは1997年に経営陣よるMBOにより独立しました。運用資産が200億ドル超で、プライベートエクイティ、不動産や債券への投資を強みとしています。

連絡先
Suite 3801, Two International Finance Centre,
8 Finance Street,
Central,
Hong Kong
+(852) 2843 9300
+(852) 2843 9372

再編候補

製造受託セクターで再編対象となる可能性のある会社の分析

製造受託セクターで、今後の再編の要となる投資ファンドが保有している会社についてロングリストを作成しています。投資ファンドが保有する化粧品、医薬品、電子部品、日用品といった製造受託会社は、今後エグジットの動きが予想されます。
2021.01.14
再編候補

ソフトウェア開発セクターで再編対象となる可能性のある会社の分析

ソフトウェア開発セクターで、今後の再編の要となる投資ファンドが保有している会社についてロングリストを作成しています。投資ファンドが保有するERP、会計税務ソフト、営業支援、経営管理、マーケティング支援のソフトウェア開発会社は、今後エグジットの動きが予想されます。
2021.01.16
再編候補

教育セクターで再編対象となる可能性のある会社の分析

教育セクターで、今後の再編の要となる投資ファンドが保有している会社についてロングリストを作成しています。語学スクール、予備校、大学、インターナショナルスクール、試験作成といった分野で、投資ファンドによるエグジットの動きが予想されます。
2021.01.13
再編候補

容器包装業界で再編対象となる可能性のある会社の分析

パッケージ包装業界で、今後の再編の要となる投資ファンドが保有している会社についてロングリストを作成しています。食品容器、飲料缶、化粧品パッケージ、プラスチックコンテナといった分野で、投資ファンドによるエグジットの動きが予想されます。 なお、本記事の作成日以降にM&Aによって下記会社が買収されている可能性もありますことを予めご了承下さい。
2021.01.14
再編候補

医療機器業界で再編対象となる可能性のある会社の分析

医療機器業界で、今後の再編の要となる投資ファンドが保有している会社についてロングリストを作成しています。眼科機器、注射器、歯科機器、血糖値検査といった分野で、投資ファンドによるエグジットの動きが予想されます。
2021.01.16
再編候補

輸送機器業界で再編対象となる可能性のある会社の分析

輸送機器業界の今後の再編の要となる投資ファンドが保有している会社についてロングリストを作成しています。自動車、自動車部品、鉄道部品、航空機部品、ヘリコプター運行といった分野で、投資ファンドによるエグジットの動きが予想されます。
2021.01.16
再編候補

運輸業界で再編対象となる可能性のある会社の分析

運輸業界の今後の再編の要となる投資ファンドが保有している会社についてロングリストを作成しています。通関サービス、フォワーダー、サードパーティロジスティクス、コールドチェーンといった分野で投資ファンドによるエグジットの動きが予想されます。
タイトルとURLをコピーしました