教育業界でM&Aの対象となる会社の分析

教育業界で、今後のM&Aの対象となる会社について一覧表を作成しています。語学スクール、予備校、大学、インターナショナルスクール、試験作成といった分野で、今後投資ファンドによるエグジットの動きが予想されます。本記事の作成日以降にM&Aによって下記会社が買収されている可能性もありますことを予めご了承下さい。なお、※はプライベートエクイティやベンチャーキャピタルが買収や出資を行った着眼点への考察コメントです。

今後M&Aが予想される語学スクール

社名:CEL LEP
本社所在地:ブラジル
買収した年:2012年
現在の株主:HIGキャピタル
CEL LEPは、1967年に創設されたブラジルの英会話スクール運営会社です。サンパウロを中心に17の校舎でサービスを提供しています。HIGキャピタルが2012年9月に買収をしました。

社名:VUSEC
本社所在地:ベトナム
現在の株主:ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア
Vietnam-USA Society English Centers(ベトナム-ユーエスエーソサエティイングリッシュセンターズ)は、ベトナムの英語学校運営会社です。ホーチミンに28、ハノイに5、ビエンホアに2、ビンズオンに2、ブンタウに1か所の英語学校を運営しています。NEASの認定を受けており、ニューヨーク市立大学(CUNY)と提携しています。年間平均250,000人の学生が入学し、ベトナムで最大かつ最高の英語学校の1つとなっています。ベアリング・プライベート・エクイティ・アジアが買収しました。

今後M&Aが予想される大学・専門学校

社名:INSEECU
本社所在地:フランス
現在の株主:シンベン
INSEECU(インセック)は、1975年にフランスで創立した私立高等教育機関で、経営やエンジニア、政治、コミュニケーションなどの学部に2万5000人の学生が在籍しています。フランス国内のみならず、イギリスやスイス、モナコ、サンフランシスコ、上海などキャンパスは9校、卒業生は12万人を数えます。シンベンが2019 年に買収をしました。買収時点の想定企業価値は 905 億ドルです。

社名:EduCo
本社所在地:オーストラリア
現在の株主:ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア
EduCo International Group(エデュコインターナショナルグループ)は、オーストラリア、カナダ、米国の大学向けに入学希望者への説明会、カリキュラム、大学施設運営、学生サポートといったサービスを提供しています。ベアリング・プライベート・エクイティ・アジアが買収しました。

社名:セントジョージ大学
本社所在地:西インド諸島
現在の株主:ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア
Saint George’s University(セントジョージユニバーシティ、セントジョージ大学)は、西インド諸島のグレナダ島にある大学です。同大学は1976年に独立した医学部として設立されました。140か国からの留学生を受け入れています。ベアリング・プライベート・エクイティ・アジアが出資しました。

社名:ADEducation
本社所在地:フランス
買収した年:2020年
現在の株主:アーディアン
ADEducationは、2001年に設立されたデザイン、グラフィックアート、メディアとデジタル等の分野の教育を行う機関です。フランス、イタリア、スペイン、ドイツで12校を有し、学生数は1万5千人となります。アーディアンが2020年に買収しました。

社名:AEG
本社所在地:米国
買収した年:2017年
現在の株主:アポログローバルマネジメント
Apollo Education Group(アポロエデュケーショングループ)は、1973年に設立された大学、大学院などを運営する教育機関です。2017年になどを含む投資家のコンソーシアムが買収をしました。

今後M&Aが予想される学習塾・予備校・専門学校

受験予備校や資格試験学校は、試験の数と比例して多数あります。各国で教育システムが異なっていることから、グローバルプレーヤーが生まれにくく、地域ごとに合従連衡が繰り返されている業界とも言えます。近年は、オンライン教育が発展したことから、オンラインのみで試験対策を提供する新興企業も生まれています。調査会社のストラテジーアールによると、2020年の資格試験対策予備校の世界市場規模は4.66億ドルです。2027年に向けて年平均4.6%での成長を見込みます。⇒参照したデータの詳細情報

分散的な市場構造の業界であるため、数多くのM&Aが行われています。投資ファンドが保有する会社も数多くあります。

社名:Study Group
本社所在地:米国
現在の株主:アーディアン
Study Group(スタディグループ)は、英国とヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド、北米に拠点を持つ予備校です。 約142か国から3万人以上の学生に対し英語圏の大学への入学を支援します。 アーディアンが買収しました。

社名:The Learning Lab
本社所在地:シンガポール
買収した年:2014年
現在の株主:アドベントインターナショナル
The Learning Lab(ラーニング・ラボ)は、シンガポールの就学前、初等、中等、大学生向けの主要な教育センターで、英語、数学、科学の教育プログラムを開発、運営しています。アドベントインターナショナルが2014年に買収しました。

社名:Cadence Education
本社所在地:米国
買収した年:2020年
現在の株主:Apaxパートナーズ
Cadence Educationは米国に本拠を置く幼児教育を行う会社です。2020年にApaxパートナーズが買収しました。

社名:Cambridge Education Group
本社所在地:イギリス
現在の株主:ブリッジポイント
大学進学向けの予備校と英語スクールの2本柱です。

社名:BARBRI
本社所在地:米国
買収した年:2021年
現在の株主:フランシスコパートナーズ
1967年に設立されたBARBRIは司法試験向けの予備校です。法学教育全般のオンラインコースも拡充させています。フランシスコパートナーズが買収しました。

今後M&Aが予想されるインターナショナルスクール

社名:Nord Anglia
本社所在地:イギリス
現在の株主:ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア
Nord Anglia Education(ノードアングリアエデュケーション)は、プレミアムスクール運営会社です。 中国、ヨーロッパ、中東、東南アジア、北米において展開し、幼稚園から中学校の学生を対象としています。ベアリング・プライベート・エクイティ・アジアが買収しました。

今後M&Aが予想される試験センター運営会社

社名:Prometric
本社所在地:米国
現在の株主:ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア
Prometric(プロメトリック)は、世界160か国以上でテスト拠点を展開し、年間700万人以上の受験者をサポートしています。提供する資格試験やテストは多岐に亘り、Toeflの試験も同社が提供しています。ベアリング・プライベート・エクイティ・アジアが買収しました。

今後M&Aが予想される図書館運営会社

社名:Follett School Solutions
本社所在地:米国
買収した年:2021年8月
現在の株主:フランシスコパートナーズ
Follett School Solutionsは、K-12学校(幼稚園から高校卒業まで)に図書館管理システム「Follett Destiny」を提供しています。フランシスコパートナーズが2021年8月に買収をしました。
※フランシスコパートナーズはK-12学校向けにルネッサンス・ラーニングといった教育コンテンツを提供する会社も買収しており、相乗効果を狙います。

今後M&Aが予想されるオンライントレーニング会社

社名:Straive(ストレイブ)
本社所在地:シンガポール
買収した年:2021年8月
現在の株主:Baring Private Equity Asia(ベアリングプライベートエクイティアジア)
Straive(ストレイブ)は、e-ラーニングコンテンツ、リサーチコンテンツなどを提供するエドテック系の会社です。ベアリングプライベートエクイティアジアが2021年8月にパートナーズグループから買収しました。
※オンラインを通じて提供できるコンテンツの拡充がプライベートエクイティの狙いと考えられます。

社名: Simplilearn(シンプリラーン)
本社所在地: インド
買収した年: 2021年
現在の株主: ブラックストーン
Simplilearn(シンプリラーン)はeラーニングのプラットフォームで、クラウド、DevOps、データサイエンス、人工知能・機械学習、デジタルマーケティング、サイバーセキュリティなどのプログラムを提供しています。2021年にブラックストーンが買収をしました。

社名: Revolution Prep
本社所在地: 米国
買収した年: 2021年
現在の株主: Apaxパートナーズ
米国に本拠を置き、オンラインで家庭教師サービスを提供しています。

社名:Campus Training
本社所在地:スペイン
現在の株主:インベストインダストリアル
Campus Training(キャンパストレーニング)は、スペインに本拠をおく資格試験等のオンライントレーニング、各種試験作成・提供会社です。オンライントレーニングの分野ではスペイン大手となっています。

社名:SAIグローバル
本社所在地:オーストラリア
現在の株主:ベアリングプライベートエクイティ
SAIグローバルは、オーストラリアに本拠を置き規制やコンプライアンス関連のオンライントレーニングを提供する会社です。ベアリングプライベートエクイティが買収しました。

社名: Kalkomey
本社所在地: 米国
現在の株主: Cove Hill Partners
Kalkomeyはボートの運転やハンターのためのオンライン教育コースや認定証を管理しています。

社名: Learning Pool(ラーニング・プール)
本社所在地: アイルランド
買収した年: 2021年
現在の株主: カーライル、マーリン・エクイティ・パートナーズ
ラーニングプールは企業向けにオンライントレーニングを提供する会社です。コンプライアンス研修やスキルアップ研修などをクラウドベースで従業員に提供しています。

企業研修の分野で今後M&Aが予想される会社

社名:Corporate Visions(コーポレートビジョンズ)
本社所在地:米国
買収した年:2021年8月
現在の株主:ザリバーサイドコーポレーション
Corporate Visions(コーポレートビジョンズ)は、企業のB2B営業(セールスやマーケティング)をサポートするために各種トレーニング・ソリューションを提供する会社です。2021年8月にSentinel Capital Partnersから買収しました。
※投資ファンドの下で、eラーニングとあわせた企業研修を展開し、更なる成長を追及するものと考えられます。

今後M&Aが予想される教育アプリ・教材開発会社

社名:国際航業
本社所在地:日本
買収した年:2021年9月
現在の株主:カーライル
国際航業は地図の測量や作成を行う会社です。日本アジアグループからカーライルが買収をしました。
※リアルタイムでの正確な地図の作成は、自動運転の進展に伴い必要となってくるインフラとなると予想されます。投資ファンドのもとで、より緻密かつ迅速な測量技術の構築を目指すものと考えられます。

社名: マグロウヒル・エデュケーション(McGraw-Hill Education)
本社所在地: 米国
買収した年: 2021年
現在の株主: プラチナエクイティ

格付け会社のStandard & Poor's や株主指標のS&P Dow Jones Indicesを保有する McGraw-Hill から分社化された出版大手です。創業は1888年となります。投資会社のApollo Global Management傘下に入った後、アダプティブラーニングのALEKSを買収する等してデジタルシフトを図っています。2021年にプラチナエクイティが買収をしました。なお、McGraw-Hillは金融サービスに特化しS&Pグローバルとして上場しました。

社名:Futurewhiz
本社所在地:オランダ
買収した年:2020年
現在の株主:NPMキャピタル
Futurewhizはオランダ、ドイツ、ポーランドの初等教育向けのアプリを提供しています。NPMキャピタルが買収しました。

社名:VitalSource
本社所在地:米国
買収した年:2021年
現在の株主:フランシスコパートナーズ
VitalSourceは教材を電子書籍化して販売しています。フランシスコパートナーズがIngram Content Groupより買収しました。

参照したデータの詳細情報について


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さい。
会員登録はこちらです。