釣り具・フィッシング業界の世界市場シェア

釣り具・フィッシング業界の世界シェアと市場規模の情報を分析しています。釣り具のビッグ4であるグローブライド(ダイワ)、ピュアフィッシング、シマノ、ラパラに加えその他ゼブコやがまかつの動向も掲載しています。

世界市場シェア

最新業界別売上高世界ランキング第3巻」に記載の釣り具・フィッシングメーカー各社の売上高を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして2019年の市場シェアを簡易に試算しますと、以下の順位となります。

1位 ダイワ 4.8%
2位 シマノ 3.8%
3位 ピュアフィッシング 3.7%
4位 ラパラ 1.3%

世界1位は、日本のグローブライドです。釣り具では、旧社名であったダイワのブランドで展開しています。多くの日本企業が世界での相対的な競争力を落としている中で、ダイワは世界1位の座を維持しています。世界2位は、シマノです。自転車の変速機に強いイメージのシマノですが、ダイワと並び日本の釣り具ブランドの双璧です。
世界3位は、ピュアフィッシングです。投資ファンドの傘下の企業で、バークレー、アブ・ガルシア、シェイクスピア、ペン、アグリー スティック等のブランドで、世界展開を行っています。世界4位は、フィンランドのラパラです。ルアーに強みを持ち、ルアーだけでは世界最大級です。

市場規模

調査会社のマーケットデータフォーキャスによれば、2019年の釣竿(ロッド)、リール(ベイトリール、スピニングリール)、ライン、ハリス、ハリ、オモリ、浮き、ルアー等といったフィッシング機器・釣り具業界の世界の市場規模は148億ドルです。2024年まで年平均2.7%の成長が見込まれます。調査会社のグランビューリサーチによれば、同業界の2019年のの市場規模は152億ドルです。当サイトでは市場規模を150億ドルとして、釣り具・フィッシング業界の世界市場シェアを計算しております。

大手釣り具メーカーの動向

グローブライド(ダイワ)

リール、ロッド、ライン、ルアー等を総合的に展開しています。釣り具以外にも、Princeのラケットやスポーツバイクも取り扱っています。日本のみならず世界的にも評価の高いブランドです。

ピュアフィッシング(Pure Fishing)

本拠は北米におく釣り具ブランドです。筆記具、家電、アウトドア、ベビー用品、家庭用フレグランス、食品、フィッシング、カレッジリング、セキュリティ等の事業を展開するニューウェル・ブランズ(Newell Brands)傘下企業でしたが2018年にSycamore Partnersに売却されました。ピュアフィッシングは、1937年にバークレイ・べデルによって生み出されたBerkley(バークレー)、スウェーデン生まれのリールブランドであるアブ・ガルシア (AbuGarcia)、ロッズやリールブランドのShakespeare(シェイクスピア)、PENN(ペン)、Ugly Stik(アグリー スティック)等のブランドを展開しています。

シマノ

日本の自転車部品及び釣り具メーカーです。いずれも高い市場シェアを誇ります。釣り具では、リール、ロッド、ウェア、ルアー等を扱う総合釣り具メーカーです。自転車部品では、変速機、ブレーキ、チェーンホイール等を総合的に手掛けています。

ラパラ(Rapala)

フィンランドに本拠を置く釣り具メーカーです。ルアーに強みを持ち、ルアーでは世界最大級のメーカーです。ヘルシンキ証券取引所に上場しています。ベルギーに本拠を投資会社であるSofinaが大株主です。同社が認識する競合釣り具メーカーは以下の通りです。

釣り具競合会社
釣り具競合会社 出所 ラパラ社

W.C. Bradley(WCブラッドリー)

米国に本拠をアウトドアブランドのマネジメント会社です。釣り具ではリールに強いZebco(ゼブコ)を展開しています。その他のブランドにはバーベキューグリルで有名なChar-Broil(チャーブロイル)、アウトドアランプのLamplight(ランプライト)を有しています。非公開会社です。

がまかつ

日本の釣り具メーカーです。がまかつ針と呼ばれる釣り針やロッドに強みを持ちます。

プラドコ(Pradoco)

図書館への情報サービス、出版関係、建築資材、文房具等を取り扱うEBSCO Industries(エベスコ・インダストリーズ)傘下の釣り具メーカーです。ルアーに強みがあります。

業界関連図書

  • 世界一やさしい海釣り入門 最高においしい魚たちを最高に楽しく釣るための超入門書 [単行本(ソフトカバー)]
  • Pride of STEEZ ダイワの魂と技術が、またバスフィッシングを変え始めた (別冊つり人 Vol. 441) [ムック]

コメント

タイトルとURLをコピーしました