テニスラケット業界の世界市場シェアの分析

テニスラケットの世界市場シェアと市場規模について分析をしています。Wilson(ウィルソン)、バボラ、ヨネックス、ヘッド、プリンス、テクニファイバー等の世界大手ラケットメーカーの動向も掲載しています。

世界市場シェア

最新業界別売上高世界ランキング第3巻」に記載のテニスラケットメーカー各社の売上高を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして2019年の市場シェアを簡易に試算しますと、以下の順位となります。

  • 1位    アメアスポーツ    30%
  • 2位    ヘッド      17%
  • 3位    バボラ      14%
  • 4位    プリンス    6%
  • 5位    ヨネックス    4%
  • 6位    テクニファイバー    3%

テニスラケット業界の市場シェア1位はWilsonブランドを擁するAmer Sports(アメアスポーツ)です。2位はヘッド、3位はバボラ、4位はプリンスとなっています。

市場規模

2018年のテニスラケット業界の市場規模は351百万ドルです。(調査会社グランビューリサーチ)一方、フューチャーマーケットインサイツによれば、2019年のテニスエクイップメント市場(ラケット、ボール、テニスウェア、球出し機、テニスバッグ等を含みます)の規模は80億ドルです。当サイトでは、テニスラケットの市場規模を10億ドルとして、市場シェアを計算しております。

世界の主要なテニスラケットメーカー

Amer Sports(アメアスポーツ)

フィンランドに本拠を置くスポーツメーカーです。テニスのウイルソン、スキーのアトミックやサロモンブランドを世界展開しています。ナスダックOMX市場に上場しています。Amer SportsはSalomon、Wilson、Atomic、Arc'teryx、Mavic、Suunto、Precor、Louisville Slugger、DeMarini等のブランドを有しています。2019年に中国のテニスの安踏体育用品(アンタ)を中心とするコンソーシアム(アンタが6割弱出資、騰訊控股(テンセント)やカナダ「ルルレモン・アスレティカ」の創業者なども出資)が買収しました。

HEAD(ヘッド)

アメリカ発祥のテニス・スキーグッズメーカーです。現在はオーストリアに本拠を置きます。テニスラケットにおいてはジョコビッチ等が愛用しています。

Prince(プリンス)

アメリカに本拠を置くテニス・スカッシュ・バドミントンメーカーです。2012年の経営破たん後、ファッション・スポーツブランドマネジメント会社のAuthentic Brands Groupが買収しました。

YONEX(ヨネックス)

日本を代表する総合スポーツメーカーです。テニスラケットにも強みを持ちます。

BABOLAT(バボラ)

フランスを代表するテニス関連製品メーカーです。元々はテニスのストリングで創業しています。現在はテニスラケットやボールも含め総合展開しています。

Tecnifibre(テクニファイバー)

フランスに本拠を置くテニス関連製品メーカーです。ストリングに強みを持ちます。スカッシュラケットも展開しています。

SRIXON(スリクソン)

住友ゴムグループの子会社であるダンロップスポーツが展開するテニスラケットです。元々はダンロップブランドで展開していました。住友ゴムはダンロップブランドをタイヤやテニスボールやラケットを含むスポーツ用品で利用しています。テニスボールの公式球であるダンロップFORTは有名です。2016年にスポーツ用品のダンロップブランドの商標権を英スポーツダイレクト社から買収して、更なる海外展開を図っています。

Volkl(フォルクル)

ドイツに本拠を置くスポーツ用品メーカーです。テニスラケットやスキー板等を展開しています。

テニスラケット用語集

ストリング:テニスラケットに貼り付けるガットのことです。動物の腸から作る天然素材からナチュラルガット、ナイロンシンセティックガット、ポリエステルガット等があります。

業界関連図書

  • 越後の雪だるま ヨネックス・創業者 米山稔物語 [単行本]
  • テクニカル・テニス―ラケット、ストリング、ボール、コート、スピンとバウンドの科学 [単行本]

コメント

タイトルとURLをコピーしました