住友ゴム工業の市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

住友ゴム工業の市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

住友ゴム工業株式会社は、1909年に創業されたタイヤメーカーの世界大手です。ダンロップ、ファルケンブランドで世界展開しています。グッドイヤーとの包括提携を2015年に解消しました。テニスやゴルフといったスポーツ用品事業もダンロップブランドで展開しています。テニスボールの公式球であるダンロップFORTは有名です。ゴルフでは、ゼクシオやスリクソンブランドで事業を展開しています。2016年にスポーツ用品のダンロップブランドの商標権を英スポーツダイレクト社から買収して、更なる海外展開を図っています。

年次業績推移

2021年度
売上高は前年度比18.36%増の936,039百万円になりました。営業利益は27.53%増の49,283百万円になりました。為替の円安により輸出環境が改善したことに加え、欧米をはじめ多くの市場で回復基調となったことが、前年度比増収増益の主因です。

2020年度
コロナ禍による景気低迷をうけ売上は790,817百万円(前期比11.5%減)、営業利益は38,644百万円と前期に比べて減収・減益となりました。

住友ゴム工業の業績推移

住友ゴム工業の業績推移

四半期業績推移

2022年第2四半期(4-6月)
売上高は前年同期比15.56%増の261,611百万円になりました。営業利益は-112.36%の-1,606百万円になりました。営業利益率は-0.6%になりました。

2022年第1四半期(1-3月)
売上高は前年同期比17.23%増の250,501百万円になりました。営業利益は-9.02%の14,178百万円になりました。営業利益率は5.7%になりました。

2021年第4四半期(10-12月)
売上高は前年同期比11.35%増の279,020百万円になりました。営業利益は-40.02%の19,308百万円になりました。海上輸送コストや原材料価格の高騰の影響を受け、前年同期比増収減益となりました。

住友ゴム工業の四半期業績推移

住友ゴム工業の四半期業績推移

EPS成長

2019年以降希薄化後EPSは増加しています。

住友ゴム工業の希薄化後EPSの推移

住友ゴム工業の希薄化後EPSの推移

売上構成

タイヤの割合が高く、スポーツ用品(テニスとゴルフ)、産業品の3本柱となります。

セグメント別売上構成(2021年度)

セグメント別売上構成(2021年度)

スポーツ用品事業:ゴルフクラブ、ゴルフボール、ゴルフバッグ、ゴルフシューズ、テニスラケット、テニスボール、テニスシューズ等の用品製造販売、ゴルフトーナメントの運営、ゴルフスクール・テニススクールの運営、ゴルフ場の運営

産業品:制振ダンパー、OA機器用精密ゴム、印刷用ブランケット、医療用精密ゴム、炊事・作業用手袋、車椅子用スロープ、防舷材、工場用・スポーツ施設用各種床材等

過去のM&A

2017年 住友ゴム工業によるダンロップスポーツの買収
2017年 Micheldeveの買収
2016年 Sports Direct Internationlの買収

株主構成

住友電工が筆頭株主です。

株主構成(直前期末時点)

株主構成(直前期末時点)

直近1年間の株価リターン

住友ゴム工業とインデックスの株価リターン比較

市場シェア

市場シェア

ゴルフボール業界の世界市場シェアの分析

ゴルフボール業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。アクシネット、ブリジストン、テーラーメイド、SRI、キャロウェイといったゴルフボールメーカーの概要や動向も掲載しています。
市場シェア

テニスラケット業界の世界市場シェアの分析

テニスラケットの世界市場シェアと市場規模について分析をしています。Wilson(ウィルソン)、バボラ、ヨネックス、ヘッド、プリンス、テクニファイバー等の世界大手ラケットメーカーの動向も掲載しています。
市場シェア

タイヤ業界の市場シェア・売上高ランキング・市場規模・再編の分析

タイヤ業界の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模・M&A(合併買収)について分析をしています。ブリジストン、ミシュラン、グッドイヤー、コンチネンタル、ピレリ、ダンロップといったタイヤメーカーの概要や動向も掲載しています。