シーメンスの世界市場シェアと事業構成の分析

シーメンスの世界市場シェアと事業構成の分析

シーメンス(Siemens AG)は、ドイツのミュンヘンに本拠を置く大手総合電機メーカーです。1847年に、ヴェルナー・フォン・ジーメンス (Werner von Siemens) によって設立されました。世界初の電車を製造したことでも有名です。事業範囲は電力、交通システム、家電、医療等と社会インフラ全般に及びます。事業のポートフォリオを組み替えながら、モノ作りのデジタル化や産業機器のIoT化を含むインダストリー4.0を提唱し、強力に推進しています。米国のライバルであったGEと同じように再編を通じて、その時々の社会ニーズに即した組織体を作り上げる柔軟性のある経営を行っています。鉄道車両はグループ内のモビリティ事業本部が担当しています。ICEで知られるドイツの高速鉄道も手掛けています。2017年には鉄道車両部門でアルストムと経営統合を発表しましたが、2019年に欧州委員会がアルストムとの経営統合を承認せず遂行されませんでした。鉄道信号にも強みを持ち、上位株主には、象徴としてのシーメンス家が引き続き残っています。

シーメンスの事業は、環境に合わせて大きく変化しています。2018年には(1)デジタルファクトリー、(2)ヘルスケア、(3)エナジーマネジメント、(4)モビリティ、(5)ビルディングテクノロジー、(6)風力発電機、(7)パワー&ガス、(8)プロセスインダストリー&ドライブのモビリティー、(9)金融と大きく9つに分かれていた事業部が、2020年には(1)ヘルスケア、(2)金融、(3)デジタルインダストリーズ、(4)スマートインフラストラクチャーの4部門へと再編されました。

業績推移(年次)

2021年度は、売上高は623億ユーロで前年度比11.5%の成長率となり増収増益となりました。シーメンスエナジーを分社化して2018年度と比べると売上高は減少していますが、営業利益率は向上しています。

シーメンスの業績推移
シーメンスの業績推移

業績推移(四半期)

2022年第3四半期(4-6月)
売上高は前年同期比11.08%増の17,867百万ユーロになりました。営業利益は46.36%増の2,431百万ユーロになりました。営業利益率は13.61%になりました。前年同期比増収増益でしたが、一方で、洋上風力市場の低迷から重電大手シーメンス・エナジーの評価損を計上したことや、ロシア事業の撤退費用もかさみ四半期ベースで12年ぶりに最終損益が赤字転落しています。

2022年第2四半期(1-3月)
売上高は前年同期比16.20%増の17,040百万ユーロになりました。営業利益は-13.85%の1,269百万ユーロになりました。営業利益率は7.45%になりました。

2022年第1四半期(10-12月)
工場の自動化システムへの需要増が追い風となりデジタルインダストリーズ事業が好調で、前年同期比増収増益となりました。

シーメンスの四半期業績推移

シーメンスの四半期業績推移

EPS成長

2020年度以降EPSは増加しています。

シーメンスの希薄化後EPSの推移
シーメンスの希薄化後EPSの推移

売上構成

セグメントはデジタルインダストリー、スマートインフラストラクチャー、モビリティ、ヘルスケアに大きく分かれます。

シーメンスの売上構成(2021年度)
シーメンスの売上構成(2021年度)

サブセグメント別の売上構成は以下の通りです。

シーメンスのサブセグメント別売上構成(2021年度)

シーメンスのサブセグメント別売上構成(2021年度)

モビリティ:祖業でもある鉄道車両等の分野を手掛けます。地下鉄、トラム、ライトレール、通勤電車などの都市・地域交通用の列車や、高速鉄道などの都市間・長距離サービス用の列車や客車、自動列車制御システム、インターロック、運行管理、テレマティクスシステム、デジタルステーションソリューション、鉄道通信システム、車上信号、踏切製品、操車場・車両基地ソリューションなどを提供しています。

ヘルスケア:画像診断装置、体外診断薬・機器事業、遺伝子検査等の分野を手掛けています。医療機器・ヘルスケア機器業界の世界シェアでは上位に位置します。

デジタルインダストリーズ:製品の受入から搬出までの完全自動化を支援するファクトリーオートメーション、設計等のデジタル化を担うインダストリアルソフトウェア、モーター作動の制御を行うモーションコントロールや工場の安定稼働を実現するプロセスオートメーションを担っています。製品ライフサイクル(PLC)管理システム、各種制御機器、モーター、インバーター、ドライブ、センサー(圧力、温度、レベル、流量、距離、形状の測定用)、電子設計自動化(EDA)ソフトウェア、無線周波数識別システム等の製品を提供しています。産業用モノのインターネット(IIoT)オペレーティングシステムである「MindSphere」との連携も行っています。

スマートインフラストラクチャー:ビルディング・マネジメント・システムおよびソフトウェア、暖房・換気・空調(HVAC)コントロール、防火・セキュリティ製品、低電圧機器、配電設備、スマートグリッド、エネルギー自動化ソリューション、サーキットブレーカー、コンタクター、スイッチング、高圧送電システム等を手掛けています。

金融:ベンダーファイナンスやリースを提供しています。

ポートフォリオカンパニー
シーメンスエナジー:火力発電等の発電所プラント向けにガスタービン、蒸気タービン、Dresser-RandやADGT&Compを含むコンプレッサー、高電圧直流(HVDC)機器等を提供しているパワー&ガス事業と、洋上や陸上の風力発電所に風力タービンを含めた総合的なサービスを提供している風力発電&再生可能エネルギーがシーメンスエナジーとして再編されています。ガスや蒸気タービンでは、GEや三菱重工と並ぶ大手です。また、洋上風力発電の分野では1991年にデンマークに世界初の洋上風力発電所を設置する等先駆者としての位置づけとなっています。風力発電機業界の世界シェアではスペインのガメサと経営統合をして上位を維持しています。さらに詳しく
コンプレッサーでは、2014年にRolls-Royce(ロールスロイス)のコンプレッサー事業、2015年には米Dresser Land(ドレッサー・ランド)を買収して、北米のエネルギー向けの市場での事業拡大を図っています。

なお、照明事業はオスラムとして分社化し、白物家電はドイツのボッシュグループに売却、補聴器事業も投資ファンドに売却(現シバントス)しています。

直近のM&A(合併買収)

1999年
半導体事業を分社化しインフィニオン・テクノロジーを設立

2001年
製造管理ソフトウェアのイタリアORSIを買収

2004年
メーター大手のランディスギアを投資ファンドに売却

2007年
3次元CADソフト大手のUGSを買収

2011年
バイオ製造ソフトのブラジルのアクティブを買収
産業用ソフトの米ビスタジーの買収

2012年
3次元シミュレーションソフトのLMSインターナショナルの買収
フランスのソフトウェア会社のキネオ買収

2013年
水関連事業を投資ファンドのAEAに売却
携帯事業をフィンランドのノキアに売却
製品ライフサイクル管理ソフトのドイツのテシコを買収
生産計画ソフトの英国プリアクターを買収

2014年
油田装置メーカーの米ドレッサー・ランド・グループを買収
ボッシュに家電事業を売却
補聴器事業を投資ファンドのEQTへ売却

2016年
米国の半導体設計ソフトのメンター・グラフィックスを40億ドルで買収
風力発電機の分野でスペインのガメサと経営統合
3Dプリントメーカーの英マテリアルズ・ソリューションズを買収
米国の産業用シミュレーションソフトのCDアダプコを買収
シーメンスヘルシニアーズの分社化上場

2017年
シーメンスの輸送機器事業とアルストムの経営統合(その後独占禁止法上承認されませんでした。)

2018年
米国のローコードソフトウェアプラットフォーム会社のメンディックス(Mendix)を買収

2019年
製鉄機器大手のプライメタルズテクノロジーズの持分を合弁相手の三菱日立製鉄機械へ売却
シーメンスヘルシニアーズによるコリンダス バスキュラー ロボティクス(Corindus Vascular Robotics)の買収
航空機向けの電気駆動部門をロールス・ロイスに売却

2020年
メカニカルドライブ大手のフレンダーをカーライルへ約20億ユーロで売却
シーメンスエナジーの分社化決定
シーメンスヘルシニアーズによるバリアン・メディカル・システムズ(Varian Medical Systems)の買収

2021年
自動車部品メーカーであるベントレー・システムズの持分をベントレーへ売却
デジタルマーケットプレイスを手掛けるSupplyframeを買収
発電、送電、配電用の電気・電子機器を提供するインドのC&Sエレクトリックを買収

2022年
Siemens Logisticsの郵便・小包部門をKörberへ売却
自動車用モーター会社のValeo Siemens eAutomotive持分を合弁先のValeoへ売却

株主構成

シーメンス家が筆頭株主です。

シーメンスの株主構成(直前期末時点)
シーメンスの株主構成(直前期末時点)

直近1年間の株価リターン

シーメンスとインデックスの株価パフォーマンス比較

2022年09月28日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

関連書籍

2030年の第4次産業革命: デジタル化する社会とビジネスの未来予測
日本版インダストリー4.0の教科書
まるわかりインダストリー4.0 第4次産業革命 (日経BPムック 日経ビジネス)
プロセスマイニングの衝撃 ~シーメンスやBMW、Uberは、なぜ本気で取り組むのか~

市場シェア

市場シェア

体外診断業界の市場シェアと市場規模の分析

体外診断(IVD)業界の世界市場シェアと市場規模について分析を行なっています。ロシュ、アボットラボラトリーズ、サーモフィッシャーサイエンティフィック、ダナハー、シスメックス、シーメンスヘルシニアーズ、アジレント・テクノロジーといった対外診断用医療機器メーカーの概要も記載しています。
株主提案

東芝と3D Investment Partnersの対話

シンガポールに本拠をおくアクティビストファンドである3D Investment Partners(3Dインベストメントパートナーズ)が東芝に対して2020年7月に公開提案を行いました。どのような提案を行い、東芝にどのような打ち手があるのかを考察しています。
市場シェア

タービン発電機業界の世界市場シェアの分析

水力・蒸気(火力・原子力・地熱)・ガス発電所向けタービン発電機業界の世界シェアや市場規模について分析をしています。GE、シーメンス、ドンファン、フォイトハイドロ、オーマット等のタービン発電機メーカーの動向も掲載しています。
市場シェア

送配電機器業界の世界市場シェアの分析

送配電機器業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。日立、シーメンス、GE、東芝といった世界大手送配電メーカーの概要や動向も掲載しています。
市場シェア

コンプレッサー業界の世界市場シェアの分析

コンプレッサー業界の世界シェアや市場規模について分析をしています。アトラスコプコ、GE、シーメンス、荏原製作所、インガソールランド、日立といったコンプレッサー(圧縮機)大手メーカーの動向も掲載しています。
市場シェア

火災・防災報知器業界の世界シェア・売上高ランキング・市場規模の分析

火災やガス漏れといった防災報知器の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模について分析。ハネウェル、キャリア、ジョンソンコントロールズ、セコム、ホーチキなど火災・防災報知器メーカーの概要や動向も掲載。
市場シェア

水処理薬品・機器業界の世界市場シェアの分析

水処理薬品・機器業界の世界シェアや市場規模について分析をしています。エコラボ、ザイレム、ケミラ、栗田工業、エボクアといった世界の大手水処理薬品・機器会社の動向も掲載しています。
市場シェア

オートメーション業界の市場シェア・売上高ランキング・規模・再編の分析

オートメーション業界の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模・M&A(合併買収)について分析。オートメーション企業大手でもあるシーメンス、ABB、エマソンエレクトリック、三菱電機、シュナイダー、ジョンソンコントロールズ、アズビル等の概要も掲載。
市場シェア

モーター業界の世界市場シェアの分析

モーター業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。ABB、シーメンス、ニデック(日本電産)、WEG、ジョンソンエレクトリック、ウーロンエレクトリックドライブ、東元電気等の大手モーターメーカーの動向も掲載しています。
市場シェア

電気・ガス・水道メーター業界の世界市場シェアの分析

スマートメーターや電気・ガス・水道メーター業界の世界市場シェアや市場規模について分析をしています。アイトロン、ランディス・ギア、ハネウェル(エルスター)といったメーター会社の概要や動向を掲載しています。