原子力発電機器業界の世界市場シェアの分析

原子力発電機器業界の世界市場シェアや市場規模の情報について分析をしています。フラマトム(旧アレバNP)、GE、日立、ウェスティングハウス等の世界大手原子力発電メーカーの動向も掲載しています。

原子力発電機器業界の世界市場シェア

最新業界別売上高世界ランキング第6巻」に記載の原子炉メーカー各社の売上高を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして2019年の市場シェアを簡易に試算しますと、1位はロスアトム、2位は三菱重工、3位はフラマトムとなります。

1位 ロスアトム 16.1%
2位 三菱重工 4.9%
3位 フラマトム 3.7%
4位 ウェスティンハウス 2.4%
5位 日立 1.6%
6位 GE 1.0%

市場規模

当サイトでは、調査会社等の公表データを参考にし、原子力発電機器業界の2019年の世界市場規模を1000億ドルとして市場シェアを計算しております。参考したデータは以下の通りです。調査会社のアイビスワールドによれば、2020年の原子力発電業界の市場規模は311億ドルです。調査会社のBCCリサーチによると同業界の2018年の市場規模は1298億ドルです。2023年まで3.8%での成長を見込みます。また調査会社のアライドマーケットリサーチによれば、2017年の原子力発電機器の市場規模は364億ドルです。2025年にかけて年平均3.7%での成長を見込みます。

原子力発電所の種類
原子力発電所は原子力の核反応によって発電用タービンを回転させ電気を取り出す発電所の総称です。原子力発電所には、PWR(加圧水型軽水炉)、BWR(沸騰水型軽水炉)、LWGR(軽水冷却黒鉛減速炉)、PHWR(加圧水型重水炉)、GCR(ガス冷却炉)、FBR (高速増殖炉)等の種類があります。

世界の主要な原子力発電所機器メーカーの動向

フラマトム(Framatome)
orano(オラノ、旧アレバ)に源流を持つフランス電力公社(EDF)傘下の原子力発電所メーカーです。2001年に前進のフラマトムが、シーメンスの原子力部門を買収し、ウラン濃縮大手の仏政府傘下のコジェマ(COGEMA)と共同持ち株会社のアレバが設立されました。アレバ傘下のアレバNPが原子力発電所プラント機器の設計、製造、建設を行っていましたが、フィンランドの原子力発電事業等で多額の損失を計上し、2017年にフランス電力公社(EDF)に売却され、新生フラマトム(Framatome)となりました。コジェマに源流を持つウラン資源の開発から核燃料の再処理を行っている旧アレバNCはオラノへと社名を変更しました。日本の三菱重工は、120万kW級の加圧水型軽水炉(PWR)「ATMEA1」(アトメア1)を旧アレバNPと共同開発した経緯もあり、新生フラマトムへ出資(19.5%)を実行し、2020年時点での株主構成は、EDF (75.5%)、三菱重工19.5%、Assystem( アシステム)(5%)となっています。

三菱重工
日本を代表する重電メーカーです。原子力分野では仏フラマトム(旧アレバNP)と提携を行い、加圧水型原子炉(PWR)に強みを持ちます。

Westinghouse(ウェスティングハウス)
沸騰水型原子炉 (BWR)に強みを持つ東芝は、2006年に英国核燃料社より加圧水型原子炉(PWR)に強みを持つウェスティングハウス社を約6000億円で買収しました。原子力発電事業の世界的な展開を目指し、2015年には、原発建設を行うCB&Iストーン・アンド・ウェブスターを買収しましたが、電力会社への債務保証等による損失が重なり、2017年にウェスティングハウスはチャプター11を申請するに至りました。2018年に中国やインド向けの原子炉受注案件や安定した利益が魅力の保守・修理のアフターサービスに価値を見出したブルックフィールド・ビジネス・パートナーズへ46億ドルで売却しました。

日立GEニュークリア・エナジー
日米を代表する重電メーカーの日立とGEの原子力発電の共同会社です。沸騰水型原子炉 (BWR)での世界展開を目指しています。

Rosatom(ロスアトム)
ロシアの国営原発会社です。ロシア原子力庁を母体として設立されました。

業界関連書籍
チェルノブイリ原子力発電所事故―コンクリート構造物に及ぼした影響
知っておきたい原子力発電
原子力発電と会計制度
福島第一原発廃炉図鑑

コメント

タイトルとURLをコピーしました