アルストムの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

アルストムの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

アルストム(Alstom)は、フランスの鉄道車両や鉄道信号メーカーです。フランスの高速鉄道の代名詞であるTGVを手掛けた高い技術力を有します。2014年にGEの鉄道車両事業を買収しました。2017年に鉄道事業をドイツのシーメンスと経営統合する発表をしましたが、2019年に規制当局の承認が得られず断念しています。また、2020年にボンバルディアの鉄道車両・信号部門の買収を発表しました。
水力タービンと蒸気タービンの分野も展開していましたが、ガスタービンに強いGEとの提携で、タービン分野での強者連合を形成しました。2014年にGEと 送配電事業を含む電力事業において戦略的提携を行い、2018年にGEに電力事業を売却し、現在は鉄道事業に特化しています。鉄道信号にも強みを持ちます。

業績推移(年次)

2021年度
売上高は前年度比76.11%増の15,471百万ユーロになりました。営業利益は-152.00%の-156百万ユーロになりました。営業利益率は-1.01%になりました。

2020年度
ボンバルディアの鉄道車両事業の買収効果もあり増収となりましたが、部品価格や人件費の向上もあり減益となりました。

アルストムの業績推移

アルストムの業績推移

業績推移(四半期)

2021年後期(10-3月)
売上高は前年同期比52.42%増の8,028百万ユーロになりました。営業利益は-207.27%の-118百万ユーロになりました。営業利益率は-1.5%になりました。

アルストムの半期業績推移

アルストムの半期業績推移

EPS成長

2021年度
希薄化後EPSは前年度比-268.48%の-1.55ユーロになりました。1株当たりの配当は前年比変わらずの0.25ユーロになりました。

アルストムのEPS・1株配当・配当性向の推移

アルストムのEPS・1株配当・配当性向の推移

売上構成

鉄道車両、鉄道信号、鉄道システムと保守運用サービスを提供しています。

アルストムの売上構成(2021年度)

アルストムの売上構成(2021年度)

鉄道車両
ライトレール、郊外型鉄道、高速鉄道、機関車、鉄道車両部品などの製造販売を行っています。

直近のM&A(合併買収)

2011年 仏アルストムによるロシアのTransmashholdingの25%の株式の買収
2015年 仏アルストムによるGE鉄道車両事業の買収
2017年 アルストムとシーメンスが鉄道車両事業の経営統合で合意
2019年 アルストムとシーメンスの経営統合が欧州委員会により却下
2020年 アルストムとボンバルディアが鉄道車両部門の経営統合で合意

株主構成

ボンバルディアの鉄道車両事業を買収する際に、ケベック州投資信託銀行(CDPQ)が筆頭株主になっています。

アルストムの株主構成(直前期末時点)

アルストムの株主構成(直前期末時点)

直近1年間の株価リターン

アルストムとインデックスの株価リターン比較

2022年07月03日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

送配電機器業界の世界市場シェアの分析

送配電機器業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。日立ABB、シーメンス、GE、東芝といった世界大手送配電メーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

鉄道車両業界の市場シェア・売上高ランキング・規模・再編の分析

鉄道車両業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。中国中車、ボンバルディア 、アルストム 、シーメンス、CAF、シュタッドラー 、日立、川崎重工といった世界大手の鉄道車両会社の一覧も掲載しています。アルストムがボンバルディアの鉄道車両事業を買収するなど業界再編が続きます。
2022.05.16
市場シェア

鉄道信号業界の世界市場シェアの分析

鉄道信号業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。中国鉄路通信信号、シーメンス、タレス、日立、ボンバルディア、アルストム等の大手鉄道信号会社の動向も掲載しています。
2022.04.19