鉄道車両業界の世界市場シェアの分析

鉄道車両製造業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。中国中車、Bombardier(ボンバルディア) 、Alstom(アルストム) 、シーメンス、CAF、Stadler(シュタッドラー) 、日立(アンサルド)、川崎重工といった世界大手の鉄道車両会社の一覧も掲載しています。

鉄道車両業界の世界市場シェア(2019年)

「2020年版鉄道車両メーカーの世界売上高ランキングの分析」における各社の売上高を分子に、同業界の市場規模(下記市場規模の欄を参照下さい。)を分母に、鉄道車両製造会社各社の2019年の世界市場シェアを計算すると、1位は中国中車、2位はシーメンス・モビリティ、3位はアルストムとなります。

  • 2019年の鉄道車両業界の市場シェア
  • 1位 中国中車 14.5%
  • 2位 シーメンス・モビリティ 4.6%
  • 3位 アルストム 4.2%
  • 4位 ボンバルディア 4.0%
  • 5位 日立製作所 2.7%
  • 6位 トリニティ・インダストリーズ 1.2%
  • 7位 タレス・トランスポーテーション 1.0%
  • 8位 シュタッドラー・レール 1.0%
  • 9位 トランスマッシュホールディングス 0.9%

2015年に誕生した中国中車(CRRC)が旺盛な国内のインフラ需要に支えられ世界1位です。
2位はシーメンスです。2017年にアルストムとの経営統合を発表し、シーメンス・アルストムの誕生は鉄道車両業界版エアバスの誕生と言われましたが、その後2019年2月に欧州委員会がシーメンスとアルストムの事業統合を却下し、鉄道車両版エアバスの誕生にはなりませんでした。3位はアルストム、4位はカナダのボンバルディアとなります。2020年に発表された高速鉄道に強いアルストムと地下鉄・都市鉄道に強いボンバルディアの鉄道車両部門の経営統合が実現すれば、シーメンスを抜いて、アルストム・ボンバルディア連合が2位の地位を確実にします。
CRRC、シーメンス、アルストム、ボンバルディア、鉄道車両メーカー四天王と言われています。
5位以下は、日伊連語である日立・アンサルド連合、米国トランスマスが追い上げますが、上位4社には大きく規模で引き離されています。

日本の鉄道車両メーカー

日本の鉄道車両メーカーの、2019年の売上高ランキングを分析してみると、1位は、イタリアのアンサルドを買収した、日立が、海外売上高を伸ばし1位となっています。2位は、川崎重工業となっています。3位は、JR東海の傘下である、日本車輛製造、4位は近鉄系の近畿車輛、5位はJR東日本の傘下となっている、総合車両製作所、となっています。

市場規模

当サイトでは、各種公表されている情報をもとに、2019年の鉄道車両業界の世界市場規模を1920億ユーロとして市場シェアを計算しております。参照にした情報は以下の通りです。欧州鉄道産業連盟によれば世界の鉄道車両業界(保守サービス、鉄道車両製造、運行管理、鉄道インフラやそれらのサービスの一括受託)の2017~2019年の年平均の市場規模は、1920億ユーロと推計されています。2019~21年の鉄道車両全体の規模は1853億ユーロ(約23兆円)程度と推計されています。2015~2017年のサービス、鉄道車両、鉄道インフラ、運航管理等の市場規模は年平均1632億ドルです。鉄道車両のパーツメーカーまでも含めるとすそ野が大きい市場です。特に運行や保守サービスの市場規模は、車両のみの市場規模より大きくなっています。

業界の主要M&A

グローバルプレイヤーに各地域の有力鉄道車両会社が挑む形となっております。

2010年 米キャタピラによる米機関車製造大手のEMD買収
2011年 仏アルストムによるロシアのTransmashholdingの25%の株式の買収
2012年 ドイツのジーメンスによる英Invensys Railの買収
2015年 中国の北車集団と南車集団が経営統合をし中国中車が誕生
2015年 日立がイタリアのフィンメカニカ傘下のAnsaldo Brenda(アンサルドブレーダ) とアンサルドSTSを買収
2015年 仏アルストムによるGE鉄道車両事業の買収
2015年 米ワブテックによる仏フェヴレの買収
2017年 アルストムとシーメンスが鉄道車両事業の経営統合で合意
2019年 アルストムとシーメンスの経営統合が欧州委員会により却下
2020年 アルストムとボンバルディアが鉄道車両部門の経営統合で合意

鉄道車両の種類

鉄道車両には、路面電車の進化系ともいえる、ライトレール、地下鉄、通勤電車、新幹線などの高速鉄道、機関車、モノレールという種類があります。鉄道車両メーカーにも、得意とする種類があります。
例えば、ボンバルディアは、ライトレールからモノレールまで、全てを手掛けていますが、一方で日本の川崎重工は、地下鉄、通勤電車や高速鉄道に注力しています。
こうした種類に加えて、鉄道車両関連の鉄道信号やシステムを手掛けているかで、メーカー各社の戦略の違いが分かります。鉄道関連メーカーは、車両メーカー、鉄道信号制御装置メーカー、車両部品メーカーに大きく分かれます。特に車両メーカーは世界的に見ても数が限られており、仏Alstom(アルストム)、独Siemens(シーメンス)、カナダのBombardier(ボンバルディア)が三大車両メーカーと言われています。

鉄道車両部品の一覧

鉄道車両部品には、高サ調整装置、ブレーキ制御器、空気管開閉器、基礎ブレーキユニット、ABS、ブレーキ指令器、ブレーキ受量器、ブレーキ制御装置、空気ダメ、インバータ、除湿装置、電動空気圧縮機、速度センサ、戸閉装置等の数多くの部品が必要となります。一般社団法人 日本鉄道車輌工業会によれば、車両は、大きく構体、側窓・側引戸、車両の内装、腰掛、車内放送装置、車内表示器、トイレ、連結幌、パンタグラフ、ボルスタレス台車、車輪・車軸、歯車装置、VVVFインバータ装置、補助電源装置、ブレーキ装置、空調装置、抵抗器、車上演算ATC、ATS車上装置、デジタルATC、ディーゼルエンジン、推進軸、冷却器、変速機、キャリパブレーキ、主電動機、主電動機用軸受、戸閉装置、オイルダンパ、速度発電機、車軸用軸受、空気ばね、床下配管等で構成されています。

業界関連書籍
あなたの知らない鉄道車両業界
車両と軌道を支える金属材料のお話