JR東日本の市場シェアと株価リターンの分析

JR東日本(東日本旅客鉄道)は1987年に旧国鉄が民営化されて誕生した日本最大の鉄道運行会社です。首都圏と東日本を地盤にしています。駅周辺の開発事業、駅ナカの物販、Suicaを活用した決済事業など非鉄道事業の育成にも力を注いでいます。

業績推移(年次)

2021年度
売上高は前年度比12.15%増の1,978,967百万円になりました。営業利益は72.25%増の-181,922百万円になりました。営業利益率は-9.19%になりました。移動制限も緩和を受け、前年度比増収増益になりましたが、引続き営業赤字を計上しています。

2020年度
売上高は新型コロナウィルスによるリモートワークの浸透で、運輸部門が落ち込み、減収減益となりました。

東日本旅客鉄道の業績推移

東日本旅客鉄道の業績推移

業績推移(四半期)

2021年第4四半期(1ー3月)
売上高は前年同期比8.26%増の496,173百万円になりました。営業利益は52.61%増の-139,693百万円になりました。営業利益率は-28.15%になりました。旅客輸送が復調で、前年同期比増収増益ですが、営業利益率はマイナスとなっています。

東日本旅客鉄道の四半期業績推移

東日本旅客鉄道の四半期業績推移

業績予想

2022年度業績予想
売上高は2,453,000百万円、営業利益は153,000百万円、営業利益率は6.24%、1株配当は100円を見込みます。2021年度比増収増益、配当は同額です。

EPS・1株配当・配当性向の推移

希薄化後EPSは前年度比-83.57%の-251.69円になりました。1株当たりの配当は前年度と同額の100.00円になりました。

東日本旅客鉄道のEPS・1株配当・配当性向の推移

東日本旅客鉄道のEPS・1株配当・配当性向の推移

事業構成

運輸、流通サービス、不動産ホテル事業が主軸となります。

東日本旅客鉄道の売上構成(2021年度)

東日本旅客鉄道の売上構成(2021年度)

運輸
東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線、山手線、中央本線、総武本線、東海道本線、東北本線、常磐線、信越本線、羽越本線などの運行

流通サービス
ecute、コンビニのnewdaysやKIOSKなどの展開

不動産ホテル
グラントウキョウタワー、東京ビルディング、サピアタワー、JPタワー、メトロポリタンプラザビル、JR新宿ミライナタワー、JR新宿ミライナタワーなどのオフィスビルの開発管理や東京ステーションホテル、メトロポリタンホテルズ、ホテルメッツなどのホテルの開発運営

直近1年間の株価リターン

JR東日本とインデックスの株価リターン比較

2022年07月03日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

鉄道車両業界の市場シェア・売上高ランキング・規模・再編の分析

鉄道車両業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。中国中車、ボンバルディア 、アルストム 、シーメンス、CAF、シュタッドラー 、日立、川崎重工といった世界大手の鉄道車両会社の一覧も掲載しています。アルストムがボンバルディアの鉄道車両事業を買収するなど業界再編が続きます。
2022.05.16
市場シェア

鉄道会社の世界市場シェアの分析

鉄道会社の世界シェアと業界ランキングや鉄道業界の市場規模について分析をしています。ドイツ鉄道、フランス国鉄、ユニオン・パシフィック、JR、中国鉄路、ロシア鉄道、インド国鉄といった鉄道会社の概要や動向も掲載しています。
2022.04.19