鉄道運行業界の世界市場シェアの分析

鉄道運行業界の世界シェア、動向と市場規模について分析をしています。ドイツ鉄道、SNCF、ユニオン・パシフィック、JR、中国鉄路、ロシア鉄道、インド国鉄等世界の主要な鉄道会社の概要も掲載しています。

市場シェア

「鉄道運行会社の世界売上高ランキング(2020年版)」に記載されている各社の売上高を分子に、市場規模(市場規模の欄を参照下さい)を分母にして、2019年の鉄道運行業界の市場シェアを簡易に算出すると、1位は中国国家鉄路集団の28%、2位はドイツ鉄道の8.5%、3位はフランス国鉄の6.4%となります。

2019年鉄道運行業界シェアランキング
  • 1位    中国国家鉄路集団/China State Railway Group Company    28.0%
  • 2位    ドイツ鉄道/Deutsche Bahn    8.5%
  • 3位    フランス国鉄/SNCF    6.4%
  • 4位    JR東日本/JR East    4.8%
  • 5位    ロシア国鉄/Russian Railways    4.6%
  • 6位    インド国鉄/Indian Railways    4.4%
  • 7位    BNSF電鉄/BNSF Railway    4.1%
  • 8位    ユニオンパシフィック/Union Pacific    3.8%
  • 9位    JR東海    /JR Central    3.1%
  • 10位     ニューヨーク州都市交通/Metropolitan Transportation Authority    2.8%
  • 11位     JR西日本    2.5%
  • 12位     CSX     2.1%
  • 13位     ノーフォークサザーン/Norfolk Southern    2.0%
  • 14位     ファーストグループ/FirstGroup    1.6%
  • 15位     ヴェオリア輸送/Veolia Transdev    1.3%

鉄道会社の売上高世界1位は、中国国家鉄路集団です。中国の旧鉄道省の流れを組みます。高速鉄道網拡充に向け積極的に設備を行なっていますが、負債額も膨らんでいます。2位はドイツ鉄道です。鉄道旅客及び貨物でドイツ国内を独走します。3位にはフランスの国鉄であるSNCFがランクインしています。旅客輸送や貨物輸送などに加え、フランス国外での公共交通機関の運行も担っています。

4位には日本からJR東日本が入っています。5位と6位は、それぞれ国営のロシア鉄道とインド国鉄が入っています。旅客輸送よりは貨物輸送の割合が大きく、伝統的に鉄道輸送が強い両国の傾向を反映しています。7位と8位は米国の貨物輸送大手であるBNSF電鉄とユニオンパシフィックになっています。

市場規模

当サイトでは、鉄道運行業界の市場規模を旅客+輸送と定義して5670億ドルを2019年の市場規模として採用しました。参照した情報は以下の通りです。調査会社のマーケッツインサイトレポートによれば、2017年の世界の鉄道旅客市場の規模は2650億ドルです。調査会社のモードーインテリジェンスによれば、2018年の世界の鉄道輸送市場の規模は3020億ドルです。

業界関連書籍

コメント

タイトルとURLをコピーしました