中国中車(CRRC)の市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

中国中車(CRRC)の市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

中国中車(CRRC)は、中国南車(CSR)と中国北車(CNR)が2015年に合併をして誕生した世界最大級の車両メーカーです。広大な中国市場における独占企業として規模では他の競合他社の群を抜いています。中国政府の海外インフラ支援に伴い、今後は海外での展開も選択肢となっています。高速車両では、川崎重工の新幹線をベースとしたCRH2型、ドイツのシーメンスの技術をベースとしたCRH380B型、国産車両であるCR400型が主要な車両となっています。日立やアルストムなどとも合弁会社を展開し、高速鉄道から機関車まで幅広く手掛けています。

CSR(China South Locomotive & Rolling Stock Corporation Limited、中国南車集団)
2002年に中国国営車両製造集団(China National Railway Locomotive & Rolling Stock Industry Corporation、LORIC)よりスピンオフする形で設立された中国政府系企業です。海外のメーカー等と組み車両を製造していました。

CNR(China North Locomotive and Rolling Stock Industry Corporatio、中国北車集団)
2000年に中国国営車両製造集団(China National Railway Locomotive & Rolling Stock Industry Corporation、LORIC)よりスピンオフする形で設立された中国政府系の大手鉄道車両メーカーです。中国南車集団と双璧です。

業績推移(年次)

2021年度
売上高は前年度比-0.85%の225,732百万元になりました。営業利益は前年度比-16.27%の12,868百万元になりました。営業利益率は5.70%になりました。

2020年度
輸出の減速で売上が伸び悩み、また販管費や研究開発費もかさんだことから、減収減益となりました。

中国中車の業績推移

中国中車の業績推移

業績推移(四半期)

2022年第2四半期(4-6月)
売上高は前年同期比-6.05%の50,650百万元になりました。営業利益は前年同期比4.05%増の3,892百万元になりました。営業利益率は7.68%になりました。

2022年第1四半期(1-3月)
売上高は前年同期比-26.25%増の30,648百万元になりました。営業利益は前年同期比-61.03%の743百万元になりました。営業利益率は2.42%になりました。

中国中車の四半期業績推移

中国中車の四半期業績推移

EPS・配当額・配当性向の推移

2021年度
希薄化後EPSは前年度比-2.70%の0.36元になりました。1株当たりの配当は前年度比変わらずの0.18元になりました。配当性向は50.00%になりました。

中国中車のEPS・1株配当・配当性向の推移

中国中車のEPS・1株配当・配当性向の推移

売上構成

鉄道車両の単独セグメントとなります。高速鉄道車両、機関車、地下鉄、貨車、客車、車両電機機器、制御機器などの製造を行っています。

直近のM&A(合併買収)

2015年 北車集団と南車集団が経営統合し中国中車が誕生
2020年 中国中車がVosslohの貨車事業を買収

株主構成

国務院国有資産監督管理委員会が過半数の議決権を保有する中国の中央政府直轄の国有会社です。

中国中車の株主構成(直近期末時点)
中国中車の株主構成(直近期末時点)

直近1年間の株価リターン

中国中車とインデックスの株価リターン比較

2022年09月29日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

鉄道車両業界の市場シェア・売上高ランキング・規模・再編の分析

鉄道車両業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。中国中車、ボンバルディア 、アルストム 、シーメンス、CAF、シュタッドラー 、日立、川崎重工といった世界大手の鉄道車両会社の一覧も掲載しています。アルストムがボンバルディアの鉄道車両事業を買収するなど業界再編が続きます。