シュナイダーエレクトリックの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

シュナイダーエレクトリックの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

Schneider Electric(シュナイダーエレクトリック)は、1836年に設立されたフランスのパリに本拠を置く重電大手です。事業構成はエネルギーマネジメント事業と産業用オートメーション事業です。エネルギーマネジメント事業では、低電圧から高電圧までの機器を手掛けています。日本でも富士電機や東芝と制御や電圧機器を取り扱う合弁企業を設立した経緯があります。

業績推移(年次)

2021年度
売上高は前年度比16.25%増の23,795百万ユーロになりました。営業利益は97.93%増の2,777百万ユーロになりました。省エネや自動化ニーズへの需要の高まりから、前年度比増収増益になりました。

シュナイダーエレクトリックの業績推移
シュナイダーエレクトリックの業績推移

業績推移(四半期)

2021年後期(7-12月)
売上高は前年同期比11.39%増の15,131百万ユーロになりました。営業利益は18.38%増の2,235百万ユーロになりました。

シュナイダーエレクトリックの半期業績推移
シュナイダーエレクトリックの半期業績推移

EPS成長

業績の回復を反映して、2021年度の希薄化後EPSは増加しています。

シュナイダーエレクトリックの希薄化後EPSの推移
シュナイダーエレクトリックの希薄化後EPSの推移

売上構成

エナジーマネジメントとインダストリアルオートメーションが主要セグメントになっています。

セグメント別売上構成(2021年度)
セグメント別売上構成(2021年度)

エナジーマネジメントでは、ケーブル、サーキットブレーカー、スイッチ、保護リレー、変圧器、配電盤などの低電圧機器、中電圧機器の製造販売を行っています。

インダストリアル・オートメーションでは、離散型、プロセス型、ハイブリッド型の各産業におけるインダストリアル・オートメーションとインダストリアル・コントロールの事業を展開しています。

M&A(合併買収)

  • 2021年 インダストリアルIoTやM2M分野のソフトウエアベンダーであるOSIsoftを買収
  • 2021年 電力システムのモデリングとシミュレーションを行うソフトウェアプラットフォーム開発するETAPを買収
  • 2020年 建築、エンジニアリング、および不動産業界の顧客に建設および建築情報モデリングソフトウェアを提供するRIB Softwareを買収
  • 2020年 低電圧機器メーカーであるLarsen & Toubroを買収

直近1年間の株価リターン

シュナイダーエレクトリックとインデックスの株価リターン比較

 

2022年05月18日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

オートメーション業界の市場シェア・売上高ランキング・規模・再編の分析

オートメーション業界の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模・M&A(合併買収)について分析。オートメーション企業大手でもあるシーメンス、ABB、エマソンエレクトリック、三菱電機、シュナイダー、ジョンソンコントロールズ、アズビル等の概要も掲載。
2022.04.24
市場シェア

配線器具業界の世界市場シェアの分析

配線器具業界の世界市場シェアや市場規模の情報について分析をしています。ハッベル、イートン、シュナイダー、ルグラン、パナソニックやABB等世界大手配線器具メーカーの動向も掲載しています。
2022.04.19